夏のボーナスの時期!平均額や支給日、使い道など

もうすぐ夏のボーナスの時期!平均額や支給日、使い道などをご紹介。

2015年の夏のボーナスの時期が到来しましたね。

労働行政研究所によれば、前年に比べ3.0%増でリーマンショック後では最も高くなるそうです。

本記事では、夏のボーナスの平均額や支給日、一般的な使い道をご紹介。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

夏のボーナス平均額

夏のボーナス情報をご紹介。

2015年、東証1部上場企業の夏のボーナス平均額

この時期になると、ニュースでもボーナスの平均額が発表されていますね。

今年のボーナスの平均額は、全産業で734,434円

製造業:751,338円、非製造業:684.812円と、製造業が多くなっています。

最も注目すべきは製造業の中の自動車

その額なんと997,861円!!

確かに、景気のいい話聞きますからね。なんとも羨ましい話。

でもこの数字は、東証一部上場企業に限った話である為、世間とはかけ離れていることでしょう。

2015年、民間企業の夏のボーナス平均額

みずほ総合研究所の調査によれば、

民間企業のボーナスは377,742円。

東証1部のみの調査とはやはり大幅に違ってしまいます。

平均年収の違いからみても、妥当な数値です。

参考:大企業と中小企業の違いは?定義や年収データを徹底解説。

上記記事でも紹介していますが、東証1部上場企業で働く人間は7.5%程度ですから、こちらの数値がより世間の感覚に近い数字でしょう。

2015年、公務員の夏のボーナス平均額

みずほ総合研究所の調査によれば、

公務員の夏のボーナスは681,992円

東証1部上場企業と大きく変わらない値。

まあ、なんとも言えないですなぁ。

新入社員は、対象の時期に働いていない為もらえないことがほとんど

今年の新入社員の方々は気になるところ。

残念ながら、ほとんどの会社では新入社員に夏のボーナスをあげません

夏のボーナスというのは、たいてい昨年度9月~3月の業績や、その人個人の評価にたいして与えるものなので、その時期にまだ働いていない新入社員の方々は無いという考えがほとんどです。

ただ、貰えるところも稀にあるみたいです。そんな会社にいれるっていうのは幸せですね。でも稀です。

ボーナスを期待して、高い買い物をしてはいけませんよ。

冬のボーナスに期待しましょう。

ただし、多くの会社で寸志として数万円~10万円程度は貰えることが多いそうです。

0よりは全然いいですよね。

スポンサーリンク

ボーナスが支給される時期は?ボーナス支給日を推定。

まず、公務員は毎年恒例6月30日。

民間の企業のボーナスが支給される時期は、それぞれの企業でまちまちですが、だいたいが6月末~7月中旬がボーナス支給時期という感じですね。たまに6月頭に設定する企業もあります。

どこの会社も、だいたい例年から日にちは変えないです。

ボーナスの税金、手取り額

ボーナスの税金ってどのくらい取られるものなんでしょう。

ボーナスの手取り額の算出には前月の給与や社会保険料、扶養者の有無で変わってきますが、おおよその推定してみました。

  • 20万円:17万5千円
  • 30万円:23万5千円
  • 40万円:31万円
  • 50万円:39万円
  • 60万円:45万円
  • 70万円:51万円
  • 80万円:57万円
  • 90万円:64万円
  • 100万円:70万円
  • 120万円:85万円
  • 140万円:100万円
  • 160万円:113万円

前月の給与によって大きく変わりますが、推定でシュミレーションしたので、参考値として見てください。

詳細が知りたい方は、シュミレーションしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この時期になると、大きな買い物をする?ボーナスの使い道。

この時期になると、普段に比べると財布の懐も緩み、企業も色々な策で、お金を使ってもらおうとします。

実際の使い道は、どんな感じでしょう。

使い方ランキングは以下の通り。

1位:貯金

2位:生活費の一部

3位:旅行

3位でようやく娯楽が入ってきます。

なかなか厳しい世の中であることが如実に表れている結果ですね。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

おすすめ転職サイト

転職では、年収アップできた人が7割程度、現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

最近は、有効求人倍率が23年ぶりの高水準となっているように、企業は人手不足になっていますから、転職サイトに載っている求人も以前より増えていて、選択肢も広がっています。

転職サイトは色々とありますが、いくつか登録して自分に使いやすいサイトを選びましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ