ブラック企業と分かっていたのにしばらく辞めれなかった理由と辞めてみてからの感想

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

ブラック企業と分かっていたのにしばらく辞めれなかった理由と辞めてみてからの感想

ブラック企業はさっさと辞めるべき、体を壊すくらいなら辞めるべき。

おそらく多くの人はそんな風に感じると思います。

ただ実際はそんな簡単に辞めることが決断できず、辞めたいと思いながら限界まで働き続けてしまい、体を壊すことになってしまう人は少なくありません。

今回紹介するのは入社してすぐブラック企業だと気づきながら、肉体的にも精神的にも追い込まれながら、辞めることができずに2年半も働き続けてしまった人の体験談。

なぜしばらく辞められなかったのか、辞めることがきっかけは何だったのかを紹介します。

関連記事

 

新卒から2年半働き続けたブラック企業

私は新卒で入社してからおよそ2年半もの間、ブラック企業で働いていました。

入社してすぐに行われた1週間泊まりでの地獄の研修によってスタートした私の会社生活。

上司から毎日浴びせられる罵声。体育会系の社風だと言い聞かされて行われるパワハラ。上司が椅子を蹴るなどして大きな音を立てることもよくあること。

毎日6時に出勤して夜は23時まで残業。たまに日をまたいで帰れずにネットカフェで夜を過ごしたことも。

週休二日制だけど土日のどちらかは1日は必ずと言っていいほどに休日出勤。時には土日どちらも出勤で19連勤したことも。

会社の利益が一番。上司の評価が下がらないことが一番。

そんな会社で2年半も過ごしてしまったのです。

あの頃の私は限界でした。それこそ軽い鬱だったかもしれません。

今考えればもっと早く辞めれば良かったと思います。ただあの頃の私は辞めるということがずっとできなかったのです。

私がそのブラック企業を辞めれなかった理由

私がそのブラック企業を2年半もの間辞めることができなかった理由。

その会社を辞めた今、改めて考えてみるとこんなことがありました。

プライドの高さ

 たぶん一番大きかったのはプライドが高すぎたこと。

3年も経たずに辞めることは逃げだと思っていて辞めることを恥ずかしいと思っていたし、他の人が続けている中で自分だけ耐えることができないことを認めたくありませんでした。

周りの目も気になり、辞めた後の評判を勝手に想像して不安になってもいました。

間接的に自分で自分を追い込んでいたんですよね。

今になってみれば、辞めることは逃げでもなんでもないし、辞めたところで周りは大して気にしないとわかり、くだらないプライドだったと思うことができていますが、当時の私にはそれに気づくことができませんでした。

退職後の不安

今だからこそ第二新卒としての転職があって、まともな会社にだって転職できることを知っていますし、実際転職できました。

しかし前の会社で働いていた時は「3年は働かなくてはいけない」という思い込みがあり、もし3年以内に辞めようものなら正社員として転職することは難しく、派遣社員や契約社員くらいになるしかないと思っていました。

辞めたとしても退職後のことが不安で、それが辞められずにいた一因になっていました。

転職活動をする時間も元気もない

まだ転職活動をしてみれば良かったんですが、転職活動をする時間も元気もありませんでした。

転職サイトや転職エージェントには一度登録してみましたが、転職サイトは結局たいして見ることもなくおしまい。

転職エージェントは休日に面談することが決まったものの、その日に結局仕事が入ってしまって行かずじまいでそれっきり。

それからなんどか転職活動してみようと思ったものの、時間もなければ疲れ切ってて元気もなく、何もできずじまいでした。

頑張ればなんとかなると思っていた

心のどこかで会社はくそでどうしようもないけど、自分が頑張ればなんとかなるという気持ちもありました。

そんなわけないんですけどね。

仕事ができるようになれば怒られることもなくなる、もっと早く帰れるようになる、3年耐えればなんだかんだで楽しくなってくる、そう思っていました。

というかそう思い込むようにしていただけだと思います。

ありもしない幻想にすがってしまっていたんです。

上司に対する恐怖心

退職すること自体に恐怖心を感じていたということも理由の一つです。

同期や先輩など2年半の間に何人か辞めていきましたが、そのたびに上司からひどい罵声を浴びせられ、退職の申し出から退職日までひどい仕打ちを受けていたのを見ました。

そんなのを見ていると辞めるなんて簡単にはできなくなってしまうんですよね。

それも上司の作戦だったんでしょうか。

ブラック企業を退職することになったきっかけ

こんな理由からブラック企業を辞められないまま、限界になりながら働き続けていた私ですが、2年半たったタイミングで退職することになるあるきっかけがありました。

そのきっかけが半年前に辞めた先輩からの連絡。

その人は一つ上の先輩で、同じ課で、新入社員の頃から何かと気にかけてくれていた人。

辞めてから半年間は連絡がなかったんですが、突然連絡が来て会うことになったんです。

ちなみにその先輩が転職した会社は新幹線を使う距離で遠いのに、わざわざ会いにきてくれたことを後で知りました。感謝しかありません。

会って言われたのはとにかく今の会社は辞めるべきだ、逃げるべきだということ。

半年前の時点でもかなり追い込まれていた目をしていた、今のまま働き続ければ絶対壊れてしまう、しがみつくメリットなんて何もない、今の会社よりくそな会社なんてそうそうないし転職だってなんとかなる。

そんなことを言われたのを覚えています。

そしてその時に私はもう会社を辞める決断をしました。

辞めると決めたら一気に心は軽くなりましたね。

もう会社のこと、仕事のことなんてどうでもよくなり、その日は先輩と夜通しのんで次の日は体調不良ということで無理やり有給休暇を使って休みました。もちろん上司には色々言われましたが。

ブラック企業を辞めてみてからの感想

その後私は上司からの罵声や仕打ちにもめげずすぐに仕事を辞めて転職活動を開始。

転職活動は1ヶ月半程度で終わり、第二新卒として今勤めている会社に転職するに至りました。

ホワイト企業かと言われると少し微妙ですが、前の会社に比べれば全然ましです。

今一番に思うのは本当に辞めて良かったということ。

先輩の後押しがないまま働き続けていれば、きっと、いや確実に心は壊れてしまっていたと思いますから、そのきっかけをくれた先輩には感謝しかありません。

ただあそこまで追い込まれる前にさっさと辞めるべきだったなという気持ちもあります。

無駄なプライドは持たず、転職について正しく理解し、淡い期待なんて持たず、外に外に目を向けることが必要でした。

まあそれでも、今は健康になんだかんだ楽しく働くことができているわけですから、本当に良かったという気持ちが強いですね。

もし今ブラック企業で働いている人がいたら、ぜひこれをきっかけに辞めることに前向きになって欲しいです。

おすすめ転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ