ブラック企業を辞められない理由やブラックから抜け出す為に必要なこと

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

ブラック企業を辞められない理由やブラックから抜け出す為に必要なこと

仕事なんて他にもあるし、今は売り手市場で転職しやすい状態。

もしブラック企業で働いているならすぐに辞めて転職した方が絶対にいいに決まっています。

ただ実際はあまりにもひどいブラック企業ですら、転職することもなく辞めることもなく、身も心も削りながら働き続ける人は少なくありません。

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

関連:ホワイト企業の特徴。ブラック企業とはこんなにも違う!

意外に多いブラック企業を辞めたいのに辞められない人達

体を壊すまでの長時間労働に支払われない残業代。

安すぎる給料に少なすぎる休み、取れない有給休暇。

職場では平然とパワハラが行われて、従業員を精神的に追い込み続ける。

そんなブラック企業で働いていれば、辞めたいと思うのは当然のことです。

ただ意外なほどにそんな会社を辞めない人、辞められない人が多いです。

限界ギリギリまで、そして限界を超えてまで働き続け、中には体を壊すまで働き続けてしまう人もいます。

しかしもしあなたがそうであるならば、仕方がない、どうしようもないと終わらせてしまうだけではだめ。

やっぱりそんな会社はできる限り辞めなくてはいいことはありません。

ブラック企業を辞められない理由

ではブラック企業を辞められない理由としてはどういったものが挙げられるでしょうか。

退職を強く引き止められる、脅される

まず多いのが、退職をあまりに強く引き止められたり、脅しをかけてくるという理由から。

仕事を辞めたいと上司に伝えると、個室に連れてかれて罵声の嵐、退職を取り消すまで解放して貰えないという場合や、辞めるならそれで損する分損害外相を請求すると脅してくる場合があるのがブラック企業です。

お金と時間がない

給料が安くあまり貯金がないので仕事を辞めて収入が途切れると生活できなく。

かといって在職中に転職活動をしようと思っても、普段も夜遅くまで仕事で時間がないし、有給休暇なんて使えないので平日に面接に行くことすらできない。

そんな風にお金と時間がネックになってブラック企業だけど辞めれないという人も多いと思います。

転職する自信がない

辞めたとしてもスキルがない、年齢が高い、といった理由から転職する自信がないということがブラック企業を辞められずにいる原因になっている人も少なくないと思います。

仕事が見つからないと生活に困る。結局ブラック企業にしか転職できないなら転職しても仕方がない。

そんな風に思ってしまっていませんか?

他の社員に申し訳ない

会社、そして上司がブラックだったとしても、周りはその辛い環境で一緒に頑張ってきた同僚がいるはず。

もし自分が仕事を辞めてしまうとその同僚たちに迷惑をかけてしまうことになるので、申し訳なくて転職できないなんていう風に責任感から仕事を辞められずにいる人もいますね。

プライドが許さない

意外にたとえブラック企業でも短い期間で仕事を辞めてしまうことが逃げだ、挫折だと感じてしまいプライドが許さずに転職することができずにいるという人もいるのではないでしょうか。

特に男性には多いと思います。

下手なプライドのせいで結局自分を不幸にしてしまっているのです。

当たり前だと決めつけている

どうせ転職したところで変わりない、周りもこんな会社ばかりなんて言う風に決めつけてしまっている人も多いと思います。

他の会社に関する情報は転職活動などを始めて自ら調べない限り、自然と入ってくるのはネガティブなものが多い為、どうしてもそれが当たり前という風に思ってしまうことが多いんですよね。

このままブラック企業で働き続けるのは厳禁

ブラック企業を辞められない理由としてざっと挙げてみましたが、あなたはどういった理由から辞められずにいるでしょうか。

ただどんな理由であっても、このままブラック企業で働き続けることを仕方がないと割り切ってしまうようなことはしてはいけません。

やっぱりブラック企業は辞めるべき。

このまま働き続けたって絶対にいいことはないし、報われることもありません。

ブラック企業を辞められないあなたが今すべきこと

はっきり言ってブラック企業は辞めることができるし、辞めるべきです。

そして辞められないと悩んでいるあなたが今すべきことは以下のことです。

正しい知識を持つ

まずは正しい知識を持ちましょう。

退職を引き止めたり、従業員の退職に対して損害賠償を請求するなんてことはそもそもできることではありません。

また退職を申し出た時に罵声を浴びる可能性が高いのであれば、一度も出社せずに退職することも可能です。

ざっと退職前に覚えておいてほしい点を挙げておきます。

  • 労働者には退職の権利があり、会社に拒否する権利はない
  • 退職に伴う損害賠償も違法、ほぼ脅しの為だけに言っているだけ
  • 残業45時間が3ヶ月以上(サービス残業含む)やパワハラ・セクハラ等で退職する場合は失業保険がすぐ貰える(通常の自己都合の退職都合の場合は3ヶ月の待期期間あり)
  • 退職は2週間前に申し出る必要があるが、その2週間に有給休暇を使えば1度も出社しなくて退職可能、有給休暇は会社に拒否権なし(メールで退職と2週間の有給取得を伝えた後に退職届を内容証明郵便で送付するだけでOK)

参考:ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について

ネガティブな情報ばかりに注目するのを辞める

自分から情報をとりにいかなければ、入ってくるのはネガティブな情報ばかりです。

ただそんな情報ばかりに注目してはだめ。

しっかり自分で調べ、本当に転職することができないのか、本当に転職しても変わらないのかを見極めてください。

勝手な想像で当たり前だと決めつけていてはブラック企業の思うツボです。

少しでもいいから転職活動を始めてみる

情報に自ら触れる為にも、とりあえず少しでもいいから転職活動を始めてください。

ブラック企業に勤めていると時間がないという人も多いと思いますが、リクナビNEXTのスカウト機能やMIIDAS(ミーダス)なら最初に登録しておけば、あとはオファーを待つだけで済みます。

応募するとなれば履歴書を書かなくてはなりませんが、オファーを待つだけなら不要。

登録するだけで、どんな会社に転職できそうかということがある程度わかります。

自分の将来をしっかり考える

自分の将来についてもしっかり考えてみましょう。考えることから逃げてはいけません。

周りの人を気にしたり、プライドを気にする気持ちもわかります。

ただもし今のまま続けていったとして、5年、10年とたった時、あなたはどうなっているでしょう。

決して良い未来は想像できないはず。だったらやっぱり辞めるべきなんです。

本当は辞められない理由はない

ブラック企業を辞められないと嘆く人、仕方ないと割り切って我慢に我慢を耐えて働く人も少なくないでしょう。

ただブラック企業を辞められないなんて理由は本当はありません。

辞めようと思えばいつだって辞めることができるんです。

難しく考えすぎないでください。まずはやれることからやってみましょう。

まずは転職活動をスタート

ブラック企業で働いている人がまずやるべきなのが、転職活動をスタートさせること。

時間がなくたって内定までとは言わないまでもある程度は進めることができるし、やってみるだけでも辞めるきっかけになってくれます。

とりあえず転職サイトや転職エージェントに登録してみましょう。

これが人生の転機になるかもしれませんから。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ