ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について

ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について

間違ってブラック企業に入社してしまったとなると、仕事を辞めたいと思うのも当然のことです。

いくら残業しても残業代をもらうことができない、労働時間は深夜まで、上司には毎日罵声をあびせられている。そんな環境ではいつまでも働くことはできません。

そんな会社を選んでしまったことに対して反省はすべきですが、済んだことは仕方ないので、精神的に病んでしまう前にできるだけ早く辞めるべきです。

関連:ブラック企業に転職してしまった!その時どうすればいい?

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

ブラック企業を辞めたいのに辞められずにいる人は意外に多い

ブラック企業なんて入社しても良いことなんてなにもないからすぐに辞めて当然だろうと思いますが、意外にも辞めることができずにいる人も多いです。

ブラック企業を辞められない理由には2つあります。

まず会社が辞めさせてくれないという状態に陥ってしまっていることです。

本来は労働者が持っている退職の権利を、あれやこれやと色々な手を打って権利を行使させないなんて場合があります。

「今辞めても仕事は見つからない」なんていう風に労働者の不安をあおったり、辞めたら損害を被るから損害賠償を請求するなど脅しを言ったり、退職届を出しても受け取ってくれなかったり、とにかく辞めさせまいと色々な手段を使ってきます。

その手に屈してしまい、辞めたいのに辞めることができずにいるという人は少なくありません。

そしてもう一つの理由が、労働者自身が短期離職のリスクを恐れてしまっているとう点です。

現在の日本では、仕事をすぐ辞める人、転職回数が多い人は敬遠される傾向にあります。そもそも転職すること自体があまり良くないものだとされている風潮もあります。

そのことから会社を辞めても再就職ができない、ブラック企業でもある程度の期間はしがみついていなくてはならないという考え方を持っている人もかなり多いです。

無理して働いて喜ぶのはブラック企業だけ

ブラック企業にしてみれば、低賃金で残業代もださずに労働させて会社の利益をだしてくれるし、上司にとってみればパワハラしてストレス発散できるのですから、辞めずに働いてくれるのはありがたいことです。

損をして、身も心もボロボロになるのは労働者であって、会社はただ喜ぶだけなんです。

現在の日本では労働基準法を違反した場合の罰則も厳しいものではないし、労働者自身が転職に対して後ろ向きであることもあって、よりいっそう助長されています。

それに対して労働者ができる最も簡単な対抗手段は会社を辞めることであり、積極的に行使していく必要があります。

ブラック企業の辞め方は実は簡単

さて、上述した理由から勤めている会社がブラック企業であっても辞められずにいる人がかなりいます。

ただやっぱりそんな理由で辞めないのは正しくはなく、ブラック企業の言いなりにならずに辞める必要があります。

そもそも退職は労働者の権利です。辞めることは難しいことでもなんでもありません。

元々労働基準法も守っていない会社ですから、色々と法律、常識を無視した行為を行ってくることはありますが、その行為に正当性はありませんから、

会社に拒否権はない

会社を辞める権利は労働者側にあって、会社側が拒否できるものではなく、退職を許さないだとか、退職届を受け取らないだとかはできることではないし、会社を辞めることに対して責めてくるというのも間違った行為です。

まああれやこれやと色々と言ってくるかもしれませんが、そんなことは全く気にせずに辞めるものは辞める、これは正当な権利だと主張すればいいのです。

退職届をどうしても受け取ってくれない場合や受け取っても捨てられた場合には内容証明郵便で送るという手もあります。

証拠として残るものですから何も言うことはできなくなります。

損害賠償なんてありえない

ひどい会社だと、辞めたら損害を被るから損害賠償を請求するなんて言ってくる場合もあります。

まあこんなわけのわからない発言は無視です。そんなことができるはずもありません。

有給休暇があれば2週間耐える必要はない

退職を伝えたら、密室に連れていかれて撤回するまで罵声を浴び続けたなんてことも聞いたことがあります。

もしそんなことがあったら、とりあえず一旦は撤回することにし、その後メールにて退職することを伝え退職届を内容証明郵便にて送付しましょう。

退職を伝えてから辞めることができるのは2週間と法律で定められているので、この間は有給休暇を使うと宣言すればもう一度も会わずにそのまま退職することができます。

参考仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

社会人マナーとして不適切なんて言われたら

もし会社の上司から、ぐちぐちと社会人としてのマナーがなってないだとか不適切な行為だとか言われたら、まあ無視するのがいいですが、我慢できなくなったらそもそも法律を守っていない会社に言われたくないと言ってやりましょう。

法律を守らない行為はマナー以前の問題ですから。

退職後にトラブルがあったら

なんとか退職できても、退職後のトラブルが心配だという人もいるかもしれません。

確かに、離職票がもらえない、離職票で懲戒解雇扱いになっている、最後の月の給料が振り込まれていないなんてことが実際に起こりうる問題として挙げられます。

もしも自分にとって影響の多いものであれば、ハローワークや労働基準監督署等に相談するようにしましょう。

短期離職でもなんとかなる

確かに短期間で退職することはその後の転職活動においてあまり良い影響を及ぼすものではありません。

ただ、正当な理由があって退職したのであり、そのことをしかり伝えることができたのであればもっと良い会社に転職することは十分に可能であり、無理してブラック企業で働き続けることのほうがよっぽどリスクのある行為です。

新卒で入社した会社であれば第二新卒として転職することができます、試用期間であれば履歴書や職務経歴書に記載しなくても法的に問題ありません。

もう一度いいますが、短期で離職するよりもブラック企業で働き続けることのほうがよっぽどリスクの高い行為です。身体を壊してからでは遅いということをよく理解してください。

今はブラック企業から脱出する最大のチャンス

幸いなことに、今は好景気で多くの企業が人手不足に陥っていて顕著な売り手市場になっています。

ちょっとくらい転職回数が多かったり、勤続年数が短かったりするくらいで仕事が全然見つからないなんてことはありません。

だからこそ、ブラック企業から脱出するのに絶好のチャンスにあると言えます。

これが一気に景気が冷え込むとこうもいきませんから、このチャンスを逃さないようにしてください。

転職活動をすすめるにあたり、転職サイトや転職エージェンはしっかり有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば知名度のある以下の2つを利用してみるのをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ