ブラック企業に転職するのが怖いからと転職を躊躇するのは間違い、準備万全で回避は可能

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

ブラック企業に転職するのが怖いからと転職を躊躇するのは間違い、準備万全で回避は可能

仕事を辞めたい、転職したいと思いながらも転職に踏み切れない人のうち、下手に転職に踏み切ってブラック企業に入社してしまうのが怖いからできないという人は少なくないと思います。

今の会社には色々不満はあったとしても、サービス残業にパワハラやセクハラが満載しているようなブラック企業で働くよりはマシですからね。

ただ転職時にそのことを怖がりすぎてせっかくあるチャンスを無駄にするのはかなりもったいないこと。

なぜなら転職時にブラック企業は十分に避けることができるものだからです。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

ブラック企業に転職するのが怖いから転職しないのは間違い

誰だってブラック企業でなんて働きたくはありません。

だからこそ転職する際に不安になったり、怖いと思ってしまうのは当たり前の感情だと思います。

ただそのせいで今の会社に感じている不満を無理やり受け止め、転職しないという選択を安易に選んでしまうのはやっぱり正しいとは言えません。

確かに転職してさらに悪化するリスクはなくなるのかもしれませんが、同時に今よりも良い環境、良い条件を手に入れるチャンスを捨て去ってしまうのですから、転職しないことがベストなんてことはないのです。

ブラック企業に転職するのが怖いから何もしないということは、今のままこの先何十年も同じ会社で働き続けるということ。あなたにとって本当にそれが良い判断であると言えますか?

転職のメリットとリスクを正しく理解しよう

ブラック企業への転職が怖いと感耐えてしまっている人のほとんどは、転職に対する認識を自分勝手にイメージしてしまっています。

もちろん転職にはリスクがあります。転職して失敗した、転職して後悔したという人も実際にいるし、間違ってブラック企業に転職してしまったという人もいるでしょう。

ただ転職はそんな悪いことばかりではありません。実際に転職した人のほとんどは転職してよかった、そう感じているのです。

転職で得られる恩恵は大きい

転職に踏み切れない人の多くは転職によって失ってしまうもの、転職がマイナスに働いてしまうことばかりを考えてしまいがち。

ただ転職は失うものより、得られる恩恵の方がずっとずっと大きいです。

給料が少ない、休みが少ない、残業が多いなんていう不満は同じ会社で働いている限り中々解消されないか、解消までのとてつもなく長い時間がかかってしまう場合がほとんどですが、転職することで簡単に希望を叶えることができます。

また人間関係だって一旦はリセットすることができるし、仕事内容だってガラッと変えることができます。

内定を貰えるか貰えないかという問題は確かにありますが、ある程度は自分で自分の働き方を選べるのが転職です。

誤ってブラック企業に入社してしまうリスクはかなり低い

ブラック企業に転職してしまったらどうしようと考える人は多いのかもしれませんが、実際のところ真面目に要所をしっかり抑えて転職活動を行えば、そうそうあまりにひどいブラック企業に入社してしまうことなんてありません。

転職活動のやり方次第でリスクは限りなく低くすることは可能なのです。

これまで転職をして来なかった人にとっては、転職はかな運の要素が大きいと思ってしまうかもしれませんが決してそんなことはありません。

ブラック企業に転職してしまう人のほとんどは、真面目に情報収集を行わなかったり、先に仕事を辞めて焦りながら転職活動を行いとりあえずどこでも良くなってしまっていたりする人。

入社前に見抜くことはものすごくハードルの高いことではないのです。

万が一失敗してもなんとかなる

そうは行ってももしかしたらブラック企業に転職してしまうかもしれないという恐怖心は消えないかもしれません。

転職の成功率は100%ではありませんからね。

ただ万が一転職に失敗してもやり直しはできます。誤って入社してしまったブラック企業でずっと働くなんてことはしなくてもいいのです。

もちろん前の会社に出戻りすることは中々難しいかもしれませんが、再度転職すれば良いだけです。

転職回数が増えることに懸念を持つ人は多いでしょう。実際転職回数が多い人は転職市場であまり好まれる人材ではありません。

しかしそれは4回も5回も特に理由もなく転職を繰り返している人について。

1、2回の転職で正当な理由を説明できればキャリアアップの転職だって十分に可能です。

実際、転職を6回繰り返しているにも関わらず目的や理由をしっかり持っている為にキャリアアップを成功させ、今では大手の管理職として働いている人だっているくらいです。

不満のある会社で一生働くことのリスクは大きい

そもそも転職することによるリスクばかりではなく、転職せずに不満ばかりの今の会社で一生働き続けるリスクが大きいことも認識しておくべきです。

この先数十年働き続けることを想像してみてください。転職したいと思っている時点で、決して幸せな未来は予想することができないはずです。

もちろん人によっては今が辛いだけという場合もあるかもしれません。

一度長い目で見たときに今の仕事を続けることが良しとできるのかしっかり考えてみてください。

ブラック企業は事前準備で回避できる

先ほどブラック企業に転職してしまうリスクは転職活動のやり方でかなり低くできるという話を述べました。

ここではその転職活動のやり方に触れていきましょう。

ブラック企業の見極め方

今の時代、インターネットの充実によって企業のネガティブな情報を集めることがそれほど大変ではなくなりました。

信頼できる情報かどうかは自分自身で判断しなくてはなりませんが、企業名で調べれば多くの情報を手に入れることができるし、キャリコネ転職サービス のように口コミを見ることが可能な転職サービスだってあります。

また以下の点からもブラック企業の懸念があるかどうかを見分けることができます。

  • 離職率が高い
  • 平均年齢が低すぎる
  • 求人を出す頻度が高い
  • 面接が適当に終わる
  • 労働条件が曖昧
  • 求人票と労働条件通知書がの内容が異なる

情報を収集し、怪しい企業は避けておけばブラック企業に転職してしまう可能性はかなり低く抑えることができるでしょう。

加えて転職エージェントを利用して転職することでブラック企業を避けることが可能です。

転職エージェントでは求人を取り扱う前に労働環境の実態や社会保険加入有無等を確認してくれている為、あまりにひどい会社は最初から除外されています。

もちろんそれでもブラックかどうかを完全に把握することができているわけではありませんから、自分でしっかり調べることは重要であることは忘れないでください。

内定後に行うこと

転職活動を進めて内定を貰うと、喜びのあまりつい何も考えずに勢いで入社してしまいがちですが、内定後こそブラック企業かどうか、自分が入社するに値する企業かを見抜くことが可能です。

内定後はまず労働条件通知書をしっかり確認するようにしましょう。

給料や休日数、退職金の有無等は書面で通知するのは企業の義務となっており、提出してくれない企業はまず論外。

提出されたとしても、求人票や面接時に聞いた時と違う条件が書かれている場合もあるので要注意です。

転職活動の進め方の注意点

ブラック企業に転職してしまう人のほとんどは、焦って転職活動を行うことが原因になってしまっています。

とにかく早く仕事を決めたい、決めなくてはならないという状況から情報収集を怠ってしまったり、妥協してどこでも良いからと安易に会社を決めてしまうことによって、避けようと思えばできずにいます。

ですから転職活動を進めるにあたり「焦り」はとにかく排除しなくてはなりません。

その為にも基本的には仕事を辞めてからではなく在職中に転職活動を行うようにし、会社の見極めには絶対に手を抜かないように心がけて転職活動を行いましょう。

転職エージェントの利用

先ほども少し述べましたが、転職エージェント会社では取り扱う求人を事前にチェックしてくれている為、あまりにひどい会社の割合はハローワーク等に比べるとかなり少なくなっています。

また様々なサポートを受けることができたり、有給消化率等の中々調べにくい情報をエージェント経由で確認することが可能となる為、より一層企業について知ることが可能となるのでミスマッチを防ぐことに繋がります。

ですから転職活動では転職エージェントは必ず利用するようにしましょう。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はして置くことは必要です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職したいならまずは転職活動を始めてみよう

もしあなたが転職したいと考えているなら、とにかく転職活動は始めてみるべきです。

実際転職活動をすれば、この会社なら大丈夫だと思える会社が見つかるはず。怖いのは何も動かずにイメージだけで過ごしている時です。

ただのイメージだくでせっかくに転職チャンスを逃して後で後悔するのではなく、ぜひ動き出してみてください。



このページの先頭へ