ブラック企業の営業はかなり辛い。体を壊す前に一刻も早く逃げ出そう。

ブラック企業の営業はかなり辛い。体を壊す前に一刻も早く逃げ出そう。

たくさんの仕事の中でも特にきつい、大変と思われている営業職。

ただ実際はそんなことありません。

向いていない人にとっては確かに辛いことが多いのですが、やりがいがあり仕事を楽しいと思うことができている人だって決して少なくありません。

ただそれはあくまでまともな会社で働いている場合に限ります。

ブラック企業の営業はとにかく辛くいだけのもの。決して長続きできるようなものではありません。

関連:未経験者が営業する場合の転職事情や気を付けるべきこと。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

ブラック企業の営業によくあるとんでもないこと

給料としてお金を貰う以上は仕事がそれなりに大変さを伴うのは当たり前のことなのかもしれません。

しかしそれにも守らなくてはいけないことはあります。

労働の対価はしっかり支払われなくてはならないし、尊厳を傷つけるようなことをしてはいけないし、精神的、身体的に壊すまで追い詰めるなんてことをしてはいけません。

しかしブラック企業で営業として働く場合、この守らなくてはならないことが一切守られていない中で働くことを強いられます。

きつすぎるノルマ

営業にとって切り離せないノルマですが、まずこのノルマがきつすぎます。

どんなに上手く仕事を進めたとしても時間内では終わるわけがないものを与えられ、これを理由に社員にこれから紹介していくようなひどい仕打ちをしていくことが常套手段です。

死ぬ気でなんとかノルマをクリアしてもまた翌月にゼロからスタートで地獄を見ることになる。その結果どんどん追い詰められてしまう人も少なくないでしょう。

サービス残業当たり前で休みもなし

時間内でノルマが達成することができないと強いられるのがサービス残業やサービス休日出勤。

できる限り営業に駆け回り、営業をかけることができない時間になるとそこから事務仕事。

それこそ終電は当たり前、日によっては終電をまたぐことになります。

でもいくら残業しても残業代はほんのわずか。全くのゼロという人もいるかもしれません。

サービス残業することになるのはノルマを達成することができない自分のせいだという認識を植え付け、会社側に非がないかのようにも振舞います。

ノルマを達成できない時には罵声

ノルマがきつすぎれば、いくら残業しようが達成できない時もでてきます。

ただ達成できなかった時に待っているのは罵声。大声でみんなの前で指導とはかけ離れたやり方で責められます。

当然これはパワハラ。そんなことが当たり前のように行われるのがブラック企業です。

こんな日々が続けば精神的に追い詰められていくのは当然ですよね。

中には言葉だけではなく物を投げつけたり、蹴ったりなど暴力を振るうような人もいます。

自腹で買い取らせる場合も

ノルマを達成できなかった場合、その達成できなかった分を買い取らせるなんてひどい会社もあります。

自爆営業なんて言われますね。

ただでさえ少ない給料なのにさらにそこからお金がなくなる。そんなのやってられませんよね。

でも断ろうものならパワハラの対象になるだけ。断りたくても断ることができません。

経費を出してくれない

営業だと交通費など何かと経費が掛かります。接待をしなくてはならないこともあるでしょう。

仕事に必要で、仕事の為に使ったお金は当然経費として後で清算してもらうのが当たり前です。

ただそんな経費を精算することを認めずに社員の自腹を切らせているなんてブラック企業もあります。

中には車は持ち込みで毎月数万円ものガソリン代が自腹なんて会社もあるようです。

給料は歩合制、基本給はかなり少ない

営業の場合だと給料は歩合制をとっている場合も少なくありませんが、ブラック企業の場合だと基本給をかなり少なくしている場合があります。

求人票に書く年収はかなり盛った歩合給を書いてあたかも高年収だと思わせて人を集めるが、実際はそんなに歩合給を貰えるわけはなく給料はとてつもなく低くなってしまうことが少なくありません。

毎月の給料だけではなく、ボーナスもノルマ未達成を理由に著しく低くしてしまうことが多いですね。

この会社はやばいと思ったらすぐに抜け出す準備を

こんなブラック企業はすぐに辞めなければなりません。

追い詰められた状況、きつい仕事、限界を超えてする仕事によってストレス耐性がつく、成長が早いなんてことはありません。

そんな環境ではなくても成長はできます。

得られるものは何もなく、失うものは大きいです。

たいしてお金を得られるわけでもなく、やりがいも得られない。一方で健康、時間を失う。そんな会社で働き続けるメリットはありません。

今は転職エージェントなどの転職支援サービスが充実していて在職中でも土日を使って転職活動を進めていくことが可能となっています。

体を壊す前に一刻も早くその状況を抜け出すようにしてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ