アルバイトやパートから正社員になることは可能?

アルバイトやパートから正社員になることは可能?

アルバイトで働いていたり、パートとして働いていた人で、ちらほら正社員にならないかと誘われたという話を聞きます。

正社員として就職することが難しい中で、人によっては非常にありがたい話かもしれません。

今回はそんなアルバイトやパートからの正社員登用について紹介していきます。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:正社員、契約社員、派遣社員の違い、それぞれのメリット、デメリット

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

なぜ企業はアルバイトやパートを正社員登用をするのか

企業にとって、一人の社員を雇用するということは、簡単なことではありません。

一人雇用する為に、求人広告を出すためにお金がかかりますし、社員一人にかかる費用はもちろん給料だけではありません。

また、一度正社員として雇用してしまうと、その人材が多少仕事ができないからといって、簡単に解雇することは不当解雇となってしまい、雇用を継続し続ける必要があります。

ですから、正社員を雇用する時は、できるだけ良い人材を採用したいのです。

その中で、アルバイトやパートとして雇用していれば、その人の働きぶりは実際に見てわかります。

その為、採用を失敗してしまう確率は少なくなります。

こういった理由から、アルバイトやパートを正社員にする企業も中にはいるのです。

実際に正社員になる為には

では、具体的にアルバイトやパートから正社員になるにはどうすればいいのでしょうか。

必要なことをあげていきます。

可能性がない場合が大半、登用実績のある会社で働く

アルバイトやパートから正社員に登用することを望むならば、まずは正社員に登用される会社で働く必要があります。

ほとんどの会社では、正社員の採用とアルバイトやパートとは全く関係ないものとなり、アルバイトやパートから正社員になることが不可能となっています。

そういった会社でいくら働いても、正社員になれる可能性はゼロと言えます。

優秀であり、かつ社員に気に入られる

当然のことですが、働きぶりから優秀と認められて、かつそこの社員の人に気に入られることが必要です。

アルバイトやパートから正社員になる人は数年に一人です。

その数年に一人の人材にならなければいけないわけです。

また、特に社員に気に入られることは必要です。

いくら優秀であっても、先輩や同僚に気に入られても、社員に気に入られなければ声はかけられません。

長い期間で働く必要

たいていの場合、長い期間アルバイトやパートとして働き続けることが必要となるでしょう。

1年程度では、なかなか声もかからず、数年は必要となる場合が多いみたいです。

タイミングも重要

社員数が足りていたら、いくら正社員登用の実績があっても、声をかけられることはないでしょう。

規模が大きくなって正社員の人手が足りなくなってきた、退職する人がでた為、補充の必要がなったなどの、

会社が正社員を雇用したいタイミングであることが必要です。

アルバイトだけど優秀だ⇒正社員にしよう、という流れではなく、

人手が足りないから社員を増やそう⇒アルバイトに優秀な人がいる⇒正社員にしよう、という流れが一般的です。

正社員になった後のこと

もし運よく正社員になれたとしても、決して正社員になることがゴールなわけではなく、正社員になった後にも色々とあることは忘れてはいけません。

仕事は増えて新しいことで覚えることが多い

アルバイトとして長い期間仕事をしてきたから、正社員になっても大丈夫だろうと思ってはいけません。

仕事の内容は大きく変わりますから、覚えることはたくさんあります。

また、仕事の責任も増しますから、アルバイトと同様の考え方で働いていてはいけません。

待遇には注意が必要

アルバイトやパートから正社員になった場合、他の生え抜き社員に比べると待遇が低い場合が多いです。

正社員になったからといって、それは無期雇用になるだけであって、条件も良くなるとは限りません。

出世はほぼできない

新卒入社した社員が出世していく一方、アルバイトやパートから正社員になれた人は出世がほぼできません。

もちろん、抜群の仕事ぶりを見せれば可能性はゼロではありません。

しかし、それはかなり困難なことです。

アルバイトやパートからの正社員登用は狙って行うものではない

これらのことから、正社員になることを目指してアルバイトやパートを始めることはあまりおすすめできることではありません。

それよりも、派遣社員として働いたほうがまだ可能性は高いです。

何よりも、転職活動を進めることが一番可能性が高いです。

転職活動をすることは、大変そうだと敬遠しがちですが、実際にやってみるとそうでもありませんから、まずは始めて見ることが必要です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ