正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

仕事をしていると、何かと辛いことが多いですよね。

特に正社員で働いていると、責任の重さ、労働時間の長さ等から会社に行きたくないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

いっそのころ仕事をバックレてしまおうかと考えることもあるかもしれません。

しかし本当に仕事をバックレてしまうと、大きな問題が生じて余計色々と大変な思いをすることになる可能性があるので注意しなくてはなりません。

そこで、今回は正社員が仕事をバックレてしまった時の影響や、対処法を紹介します。

関連:無断欠勤してしまったら。無断欠勤による影響と対処法。

関連:退職勧奨と退職強要の違い。違法行為を認めてはいけない。

関連:退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方。郵送はあり?

スポンサーリンク

正社員が仕事をバックレたら

遅刻をして会社に行くのが億劫になったり、仕事で嫌なことがあって耐えることができなくなったり、大きな報告があって、その責任の重さに耐えることができなかったり。

仕事をバックレる原因は色々とありますが、ふとしたきっかけでその行動に移してしまう人が多いようです。

しかしその影響は大きいです

捜索願を出されてしまう可能性

仕事をバックレた場合、ほぼ上司や同僚から連絡がくるでしょう。全く連絡なしということはまずありません。

その連絡を無視し続けると、何か事件が巻き込まれたのではないか、自宅で倒れたのではないかと心配されます。

その結果、警察に捜索願をだされてしまう可能性もあるのです。

これは非常に迷惑をかけてしまう行為です。しかもとても恥ずかしい思いをすることになりますよね。

懲戒解雇になってしまう

正社員が仕事をバックレてしまうと、退職扱いではなく、まずは無断欠勤扱いとなります。

そして、無断欠勤が2週間続くと、会社はその社員を懲戒解雇にできます。

懲戒解雇は、自己都合、会社都合の退職と違い、重責解雇となり、その影響は甚大です。

普通に退職していれば、貰うことができたはずの退職金を貰うことができません。

また、転職活動時にも影響がでます。

聞かれなければ懲戒解雇であったことを言う必要はありませんが、離職票や退職証明書によってばれる可能性があります。

もし懲戒解雇になったことを隠して受かったとしても経歴詐称とみなされ内定取り消しになる可能性が高いです。

かといって、面接で退職理由を聞かれた際に懲戒解雇であったことを言うと、まず受かりません。

それほど懲戒解雇になるということは重いものなのです。

損害賠償を請求される可能性

正社員が退職する場合、会社には2週間前に辞めることを伝える必要があります。

これは労働基準法として定められており、守らなければいけないことです。

仕事をバックレて辞めるということは、これに違反する行為です。

あなたが仕事をバックレたことによって、会社に損害がでたと言われ、損害賠償請求をされる可能性すらあります。

スポンサーリンク

仕事をバックレたいと思ったらどうすればいい?

法律通りに2週間前に伝えれば、会社でのいざこざはあるかもしれませんが、トラブルに巻き込まれることはそうありませんし、もし巻き込まれてもあなたに非はありませんから気にする必要はありません。

ただ、2週間すら耐えることができない状況に陥ることもありますよね。

それでもバックレることなく、その日から会社に行かずに済む方法があります。

退職を伝え、その日から2週間は有給休暇を使う

まずはすぐに退職を伝えること、そして退職日を2週間後に設定しましょう。

さらにその2週間は有給休暇を消化することにすればいいです。

有給休暇取得を会社側が拒否することはできませんから、それ以降は一度も会社に行くことなく正当に退職することが可能となります。

退職届や保険証などを送る

退職時には提出しなくてはいけないもの、返却しなくてはいけないものがあります。

従業員証、健康保険証といったものですね。会社から借りている制服などの備品もそうです。後は退職届も送っておいた方が言った言わないのトラブルを避けることができます。

送る際は内容証明郵便にしましょう。これによって、提出、返却した証拠となります。

退職を伝えた後は人事とやり取りする

退職を伝えて退職届を送付すれば終わりというわけではなく、会社から離職票を貰ったりと何かとしなくてはいけないこともあります。

しかし、そういったことを上司とするのは非常に気まずく、やりにくいでしょう。

そういった手続き関連は、人事部が行うので、直接人事に連絡してやり取りするといいでしょう。

可能な限り、適切な退職を

退職する時は基本的に2週間から1ヶ月前に退職を伝えて引継ぎを行った上で行うのが基本。やはりできる限り適切に退職することをお勧めします。

それができないなら今回紹介したような手を使い、バックレるのは本当に最後の手段。

ブラック企業のような、ルールを守らない会社であっても、同様にこちらがルールを守らなくてはいいわけではありません。

腹立つ会社に迷惑をかけたいという気持ちもわからなくないですが、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、適切にさっさと縁を切るほうがずっと楽だったりします。

退職後のことも早めに行動を

バックレた後のこともしっかり考えなくてはなりません。また働く必要がある人がほとんどですからね。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ