もはや転職は当たり前の時代。転職が悪いことなんて考え方はもう古い。

もはや転職は当たり前の時代。転職が悪いことなんて考え方はもう古い。

昔から日本では終身雇用制度が一般的となっていて、欧米に比べると転職が一般的なものではなく、それどころかマイナスなイメージが持つ人が多いものでした。

しかし近年その終身雇用制度は多くの企業で崩壊、新卒で入社した会社を定年まで働き続けることが当然なものではなくなり、転職することが当たり前になってきています。

ただそんな環境になってきているにも関わらず、未だに転職することをよしとはせず、そもそも転職するという選択肢を持ち合わせていない人がたくさんいるのが現状。

もちろんむやみやたらに転職することは良いこととは言えませんが、転職自体を悪いことだと決めつけてそもそも選択肢として持たないのは実はそれこそリスクが高いことであることにそろそろ気づかなくてはなりません。

関連:逃げの転職が上手くいかないと言われる理由や転職を成功させる為にすべきこと

関連:仕事を辞めたい20代が転職すべき理由と転職しやすい理由。この期間を逃してはだめ!

もはや転職は当たり前の時代。

新卒者の3年以内離職率は大卒でも3割以上。3年たってからの転職者も考えると、多くの人が転職を経験しています。

終身雇用制度を前提とした退職金制度は20年前は92%の会社で採用されていたのに、現在は75%とかなり減っており、この先も減少の見込み。

また年功序列制度も多くの大企業が廃止を廃止すると発表し、同じ会社で長く働けば働くほど給料が上がっていくシステムもなくなりつつあります。

一方で転職市場は活況。

人手不足を背景にかなり転職がしやすい状況となり、入社3年以内を対象とした第二新卒の需要が大幅に増加。さらにかなり厳しいとされていた35歳以上のミドル層の転職もかなり活発に行われるようになりました。

事実転職サイトDODA転職成功者年齢調査によると10年前から3歳以上も上昇、男性に至っては33歳程度になっています。

もはや転職は珍しいようなものではなく、当たり前のもの。全くすることを考えない、検討すらしないことのほうがおかしなことである状況になっているのです。

転職が悪いことであると考えている方がリスクが大きい

転職することに対しマイナスのイメージを持っている人の多くは、転職すること自体がリスクが高いことであると考えているのではないでしょうか。

確かに転職することによって年収が下がってしまうこともあるし、転職先で上手く馴染ず苦労するといったリスクがあるのは事実。

だからこそ転職に対して慎重になる必要はあります。

ただだからと言って転職を全て悪いことだと思い込み、選択肢から除外してしまうのはNG。そちらの方が実はリスクが大きなことなのです。

チャンスを潰している

転職することによって得られるもの、転職したからこそ得られるものというのはたくさんあります。

同じ会社にいてはできないことができたり、大幅な年収アップのチャンスだって転がっています。

事実転職を何度か繰り返すことによってキャリアアップしていき、年収1000万円以上を得ている人だって少なくありません。

また待遇面だけではなく、仕事での専門性を追求することができたり、新たなことを知りそれが成長につながる場合もありますね。

転職を悪いことだと決めつけるとこういったチャンスを全て捨てることになってしまうのです。

一つの会社でしか通用しなくなる

たった一つの会社で長く働けば働くほど、その会社特有の仕事のやり方に馴染んでいき、その会社で仕事をする為のスキルが伸びていき、その会社でしか通用しなくなっていきます。

もし今のままその会社で同じような仕事をし続け定年を迎えることになるのであればそれはそれで問題ありません。

しかし何十年と働いていく中でいつまでもその会社が続いてくれるとは限らないし、会社自体の方針、方向性が変わることだってあります。

そればかりは自分の力ではどうしようもないこと。だからこそそうなってしまった時のリスクを考えて柔軟性があり、他の会社でも通用する働き方をしていかなくてはなりません。

視野が狭くなる

転職を考えながら働いている人と、全く転職を考えない人、両者では視野の広さも異なります。

自分の会社だけが基準といなり比較することもなく、新たな情報を自ら取りに行くこともない。これでは視野が狭くなってしまって当たり前。

視野が狭くなればなるほど、様々な可能性に気づくことすらできず、仕事で成長することもできなくなるなどあなたにとってマイナスなことばかりを引き起こしてしまうことになるでしょう。

転職という選択肢は常に持とう

転職を悪いことであるという認識はもう捨てるべき。

現在はもう当たり前の時代になっていて、現状に満足していようがしていまいが関係なく、一つの選択肢としては持っておくべきだし、そこにメリットがあると感じたなら挑戦してみるべき価値があることです。

古くからの固執した考え方はぜひこの機会に捨てましょう。

機会があったら転職サイト、転職エージェントに登録してみるのも良いでしょう。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ