転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

転職したいけど、転職することに不安を感じてなかなかできないという人も多いでしょう。

確かに、これまでの働きなれた環境から離れて、新たな環境に飛び込んでいくということは勇気のいることです。

その中でも特に新たな職場での人間関係に不安を感じ、必要以上に怖がってしまっている人が多いように感じます。

そこで、今回は新しい職場での人間関係の築き方を紹介します。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:人間関係が悪い職場は辛いから転職したほうが良い、もっと良い環境はきっとある

転職で最も不安なことは新しい職場での人間関係

年収や休日数、残業時間や仕事内容といったものは、入社以前に知ることができる為、もし不満があるならば転職を辞めることもできます。

ただ、人間関係ばかりは上手くいくかどうかは入社してみなければわかりません。

いわゆるホワイト企業に入れたとしても、人間関係が上手くいかなければ、決して楽しく働くことはできませんし、転職しなきゃ良かったと後悔してしまうことになります。

上手くいくなんて保証はなく、実際に入社してみなければわからないのですから、不安になってしまうのもまあ仕方がないことですよね。

ただ、不安な気持ちがあるなら転職しないほうがいいというのは間違いです。人間関係は誰だって不安になることで、実際に転職した人はこの不安を乗り越えた上で転職しています。

実際はそこまで不安になるものではない

どうしても不安になる人の多い人間関係ですが、実際に転職した人に色々と聞いてみたり、実情を知ってみれば、そこまで不安になることではありません。

もちろん、中には転職してどうしても人間関係が上手くいかずにすぐ辞めることになってしまう人は確かにいます。しかしそういった人は少数派であって、なんだかんだでなんとかなることがほとんどです。

基本的には歓迎される

そもそも中途採用して入ってくる人は、その職場の人にとって敵でも憎むべき存在でもなく、歓迎されることが多いです。

人手不足の中で新たな人材が来てくれる、あらたな知識を持った人が来てくれるというのはありがたいことなんです。

相手も人間ですから、中には最初から敵対心をもって接してきたり、馬鹿にするような態度をとってくる人もいるかもしれませんが、そんな人ばかりではありませんし、そういった人とも時間がたつと普通に接することがなるようになることが多いです。

最初は大変でも1ヶ月程度で慣れる人が多い

確かに一番最初のまったく何もわからない状態、知っている人がいない状態というのは大変だと感じることは多いでしょう。

ただ、だいたいの人はおよそ1ヶ月程度たつと慣れてきて、人間関係での不安は払しょくされます。

人間関係というのはなんだかんだ時間が解決してくれるものなんです。

自分次第でなんとでもなるもの

人間関係が上手くいくかどうかということを、周囲の人や職場の雰囲気などのせいばかりにして、自分でコントロールできないものだと思ってしまいがちです。

しかし実際人間関係が上手くいくかどうかは、自分がどういった態度でいるかに大きく依存するものであり、自分次第でなんとかなるものです。

特に既存の出来上がった人間関係ではなく、これから一から築いていこうといった時には、自分の力に大きく依存することなのです。

新しい職場の人間関係を築く為に大切なこと

では、ここからは具体的に転職後の新しい職場で人間関係を築く為に大切となることを紹介します。

最初の印象は特に大事

まず気を付けなくてはならないのは最初の印象です。

初対面時に与える影響は非常に大きく、ここでこけてしまうとその後で取り返すことが非常に難しくなります。

まず身だしなみはもちろんで、清潔感があるように思わせることが重要ですし、暗い印象よりも明るい印象を与えると、その後に非常にやりやすくなります。

既存のルール、雰囲気には従う

会社が変わればルールも雰囲気も全く違います。

以前の会社では当たり前にやっていたことも、転職後の会社では異質なことになってしまう可能性が十分にあることを理解しておきましょう。

そして、極力既存のルール、雰囲気には従うようにしてください。

前の会社のやり方のほうが良かったと思っていても、馴染むまでは既存のものを壊すなんてことは考えないほうが良いです。

いくら良いからと言って、突然入ってきた人がこれまでのことを間違いだと指摘したり、それを守っていないのを見ると周囲は不快感を感じてしまうものです。

年下にも丁寧語は当然

いくらあなたの方が年齢が高く、これまでの経験も豊富で能力も高いとしても、敬語とはいかないまでも丁寧語を話すようにしましょう。

どんな人であれ、勤続年数は自分よりは上だし、職場に味方も自分よりは多いのですから、下手に敵をつくるようなことはしないようにしましょう。

いくら年上だからと言って初対面でよく知らない相手からタメ口で話してきたら誰でも良い気はしません。

自分から行く積極性は大事

社会人経験のまったくない新入社員ならまだしも、中途採用の人に対して一から十まで優しく教えてくれるなんて人はそうそういません。

みんな自分の仕事に精一杯ですから、こちらからアクションを取らなければ、誰も教えてくれないし話しかけてもくれません。

受け身の姿勢でひゃなく、自分で主体性を持つことは絶対に必要となります。

気は張りすぎず、抜きすぎず

転職直後は上手くやらなきゃ、嫌われないようにしなきゃとついつい気を張りすぎてしまいます。

ただ、気を張りすぎてしまうと余計に疲れてしまって、ストレスがたまりますし、それは周囲にも伝わってやりにくさを感じさせてしまいます。

気を抜きすぎるとボロがでてしまいますが、程よく自然体の姿をさらすのも大切なことです。

わからないことはわからないと正直に言う

転職直後は、周囲の人間もその人がどういった人か、どれくらいの知識があってどれくらい仕事ができるかはわかりません。

ただ、多くの場合は過度に期待していたり、何でもできると思ってしまわれている場合が多いです。

また、その会社独自のことであってもそのことに気づいてなく、当たり前のように話してくることがあります。

その時にごまかした態度をしてしまうと、余計にすれ違いが生じますし、いつかばれて痛い目をみることになります。

変にプライドを持たずにわからないことはわからないと言う。それは非常に大切なことであり、相手にも自分のことを知ってもらう為の方法となります。

そのうち慣れるという意識を持つ

最初はやはりなかなか慣れないものです。そのような状況にいると、早々に人間関係が上手くいかないと悩んでしまったり、いつかなんとかなるのかと不安になったりもします。

しかし、最初の人間関係の悩みは少し時間がたてば解決していくものばかりです。

ですから、まあそのうち慣れるだろうと気楽になることも大切です。

仕事に全力で取り組む

仕事で全力に取り組んでいる人って、ちょっとぶっきらぼうだったりしても好感を持たれる存在です。

だからこそ、何よりもまずは仕事に全力に取り組んでいるという姿勢を周囲に見せることが大切になります。

仕事をおろそかにしてしまうと、いくら周囲とコミュニケーションを図っても嫌われる原因になってしまいます。

人間関係はそんなに怖がることではない

新たな環境に飛び込んでいくことは確かに勇気のいることですが、実際はそんなに怖がることではありません。

実際に転職した人の8割は転職して良かったと感じており、ほとんどの人が人間関係で失敗したなんてことは感じていないのです。

勇気をもち、その上で自分で気を付けることは気を付ければ、新しい職場でも十分にやっていけるでしょう。

転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

関連:転職しないことのメリット、デメリット。本当に今のままで後悔しない?



このページの先頭へ