新しい職場での新しい仕事が怖い。不安な気持ちはどう解消する?

新しい職場での新しい仕事が怖い。不安な気持ちはどう解消する?

異動、転職などによって、新しい職場で新しい仕事を始めることになる機会は誰にだってありえることです。

ただ新しい職場で働くことが決まって、実際に働き始めるまでの間って不安な気持ちになるし怖くて仕方がなくなったりもしますよね。

特に転職する場合は知り合いも誰もいない環境で働くことになるのでなおさらです。

そこで今回はその不安な気持ちの解消法について紹介していきたいと思います。

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?

関連:転職して入社初日にやるべきこと、気を付けたいこと。とにかく第一印象が大事

不安、怖いと思うのは当たり前

新しい職場に馴染めるだろうか、新しい仕事についていけるだろうか。そんなことは誰もが考えることであり、当たり前のことです。

職場の雰囲気、どんな人と働くことになるのか、仕事はどんなやり方をすることになるのか、どんなレベルを求められるのか。新しい環境ではわからないことばかりです。それはいくら考えようが結局は実際にその環境で働いてみないことにはわからないこと。

もう戻ることはできないという条件の中、そのわからない場所で働くことに不安を感じない人なんておそらく誰もいないでしょう。

まずは不安になって当然だということを自分の中で受け入れることから始めましょう。

それができないと選択が間違っていたのではないか、自分は弱い人間だ、転職するべきではなかったなどマイナスのことばかりを考えてしまうようになり、新しい職場で働きだす前から転職したことを後悔することになってしまいます。

新しい職場、新しい仕事への不安の解消法

誰もが感じる新しい職場、新しい仕事への不安感。働き出す前からこれを完全にゼロにすることはおそらく不可能でしょう。

ただ少しでも不安な気持ちをやわらげ、解消していくということはできます。その方法について紹介していきましょう。

不安な理由をはっきりさせる

まずやるべきなのは新しい職場、新しい仕事に対してどういったことに不安を感じているのかを紙に書き出していきましょう。

上司が怖い人ではないか、理不尽な人ではないか不安、同僚になる人が自分を受け入れてくれるか不安、仕事を教えてくれる人がいるか不安など色々とあるかと思います。

不安はその理由が曖昧になってしまっている時ほど過剰に感じてしまうもの。明らかにし言語化するだけで不安を受け入れることができる場合も少なくありません。

やるべきことを整理する

自分が不安に感じることがわかったならば、その不安が的中してマイナス方向にはならないようにどうすればいいのか、やるべきことを整理していきましょう。

人が何かしてくれることを期待するのではなく、自分でできることを考えてみてください。

人間関係をうまくやる為には最初何をすべきなのか、新たな仕事をできるだけ早く覚える為に何をすべきなのか。

話しかけてくれるだろうか、仕事を教えてくれるだろうかではなく、自分自身でできる範囲でやるべきことを考えるのです。

不安を感じているからこそ実際に入社する前に対策を検討できるわけですから、むしろその気持ちはあなたにとって味方です。

メリットを考える

転職の場合、前の職場から何かメリットがあるからこそその転職を決めたはず。改めてその点を確認してみるというのも有効的です。

転職することが決まると、ついそのメリットを忘れてしまいマイナスな部分ばかりを意識しがちになってしまいますが、改めて考え直してみれば転職することが後ろ向きなものではなく、前向きなものであると捉えることができるようになるはずです。

大変なことは当たり前だと考える

転職後、新たな職場で働くことははっきり言って大変です。何もかも知らないことを知らない人ばかりの中でやっていかなくてはならないのですから当然です。

だったらもう最初から期待しないというのも一つの方法。変な期待を寄せているからそうなるのか不安になってしまうんです。

最初は苦労することを覚悟しましょう。

ただその苦労は自分次第でなんとかなるし、1ヶ月、2ヶ月たてば自然と慣れていくことがほとんど。

大変なことは覚悟した上でまずはやるべきことをやるだけである、そのことに集中してください。

不安な気持ちで踏み出せない場合は

中には新しい職場で働くこと、新しい仕事に取り組むことに不安や恐怖心を抱いているせいで、本当は仕事を辞めたいのに辞めることができない、転職したいのに転職に踏み切ることができないという人は少なくないと思います。

ただ本当にそのままでいいのか、一度考えてみるべきです。

確かに新たな職場で働くことは不安なこと。しかしそれに恐れてばかりいてはせっかく手に入れるはずのものも手に入れることができなくなってしまいます。

少なくとも今の仕事を辞めたいと思っているならば転職活動はしてみるべき。何もしなければ何もかわることはないんです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

関連:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。



このページの先頭へ