頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

あなたは周りの人に対し、「学歴はいいのにこの人頭悪いなー」と思ったことはありませんか?

もし思ったならば、なぜ頭が悪いと思ったかを考えたことはあるでしょうか。

おそらく、頭が悪いと思った原因はその人の特徴や話し方によるものだと思います。

では逆に、あなた自身は「頭が悪くない」と自信を持って言えますか?

今回は、頭が悪い人の特徴や話し方の例を紹介します。

もし当てはまるものがあったら、あなたは周囲に「頭が悪い」と思われているかもしれません。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:論理的思考力とは?論理的思考を鍛えるトレーニング方法

スポンサーリンク

頭が悪いとどんなデメリットがあるか

頭が悪いよりは、良いほうがいいですよね。

頭が悪いと思われてしまうと(それが本当にそうであってもそうでなくても)、仕事ではなかなか信頼されず、責任ある仕事もなかなか任されないし、出世もできないなんてことも起きます。

頭が悪いと思われるあまり、周囲から冷ややかな目で見られてしまうかもしれません。

ただ悪いことばかりではなく、上手く使うと頭が悪い人ということが、愛嬌があるなんてつながったりすることもあります。

その為、本当に頭の良いしたたかな人は使い分けたりもしますね。

ただ、そこは意図的に使う必要があります。単に頭が悪いだけだと、損してしまうことのほうが圧倒的に多いです。

スポンサーリンク

頭が悪い人の特徴や話し方

頭が悪い人の特徴や話し方の紹介していきましょう。

頭が悪い人の特徴①:すぐに聞く

自分で調べるということをせずに、なんでもかんでも聞く人がいます。

調べる努力をしません。

もちろん、調べてみてもわからない場合や、調べる前から、絶対に調べてもわからないとわかっているものについては、時間の効率化を考えても早めに聞く決断をすることが大事です。

しかし、頭の悪い人は、すぐにわかることでもなんでも聞きます。

聞かれた側は、調べればすぐにわかるのに・・・と思ってしまいます。

こういった人は、とにかくまず自分で調べる努力をしなければなりません。

頭が悪い人の特徴②:何度も同じことを聞く

二度までなら許せます。しかし、なかには三度も四度も同じこと聞くという人がいます。

これでは頭が悪いと思われてもしょうがありません。

何度も聞く原因として、

  • 聞くときに集中できていない
  • 自分ごととしてとらえていない
  • メモをとっていない、取り方が悪い
  • 説明された内容を理解できないまま終わっている

といったことが考えられます。

聞いた時には、話の途中で勝手に結論をださず最後まで聞くこと、理解することに集中し、自分ごととして捉え、情報量が多くなる場合は特にメモを適切にとるようにしましょう

また、頭が悪い人の特徴①であげた「すぐ聞く」ということをしている場合も、何度も聞くことが多いです。

自分で調べるという行為は、たとえ答えまでたどり着けなくても周辺情報の知識を理解することができ、教えてもらったときに理解しやすく、自分のものにしやすいからです。

頭が悪い人の特徴③:会話の流れが読めない

会議などの場面で、話の流れや、本題と関係ない話をする人がいます。

これは、頭が悪いことを露呈するだけではなく、会議の時間を長引かせ、相手の時間を奪うという行為につながってしまいます。

この原因は以下のことが考えられます。

  • 自分の知識を話したい
  • 話している内容を理解できていない、勘違いしている

会話をしている時はできるだけ理解するようにつとめ、また話す必要の有無をしっかり理解した上で話しましょう。

頭が悪い人の特徴④:すぐ感情的になる

すぐ感情的になり、いらいらを全面に押し出す人は頭が悪いと感じます。

場面にもよりますが会社生活の多くの場合、感情的に怒りを表してもいいことはありません。

叱るということも時には必要ですが、その時も頭は冷静でいなくてはなりません。

部下や後輩がミスをしたとき、あなたはついつい感情的になってはいませんか?

頭が悪い人の特徴⑤:優先順位を考えない

仕事であれ、何であれ、物事には優先して行うべきものとそうではないものがあります。

頭が良い人は状況を考え、優先順位を考えますが、頭が悪い人は優先順位を考えずに、とりあえず手あたり次第やったり、自分がやりやすいものからやっていく傾向があります。

これでは、仕事も上手くまわせません。

頭が悪い人の特徴⑥:人のせいにする

何かあると、誰かがそう言ったから、人に言われた通りにやっただけ、というように人のせいにばかりする人がいます。

ただ、それは自ら、自分では何も考えていませんと言っているようなもの。

いくら指示されたからと言っても、常に自分で考える癖はつけなくてはなりません。

頭の悪い人の話し方①:「あのー」や「えーっと」が多い

頭が悪い人の話し方として言葉の最初に「あのー」や「えっとー」が多いことがあげられます。

考えがまとまっていないうちに話していることが原因で、話しながら考えているためです。

頭の回転が早く、考えながら話すことに慣れている人であればいいのですが、慣れていないのであれば考えをまとめてから話しましょう。

しかし、考えながら話さなくてはならない場面は多くあります。

その為、頭の回転を早くする訓練、考えながら話すための訓練は必要です。

頭の悪い人の話し方②:必要のない知識まで話す

会話の中で、わざわざ言う必要のない知識まで話す人がいます。

知識があることを示したいと考えているためです。

無駄な知識までひけらかすことは相手に不快感を与えますのでやめましょう。

また、過去の栄光や自慢もNGです。

頭の悪い人の話し方③:聞かれたことを答えるまでに時間がかかる

質問されたことに対し、やたらと前提を話し出したりして、なかなか答えを言わない人がいます。

自分の中では、色々と考えているかもしれませんが、質問した人にとっては煩わしい場合が多いです。

まずは質問に対して回答をし、補足があるならその後で、相手の反応を見ながら話をしなくてはなりません。

頭の悪い人の話し方④:相手のレベルに合わせて話ができない

特に仕事の場面では、相手のレベルに合わせて会話することが求められます。

前提を知っている人であれば、前提を話すと煩わしいし、逆に前提を知らない人にいきなり深い話をしても理解されません。

スポンサーリンク

「頭が悪い」は訓練で治る

頭が悪い人の特徴や話し方はを紹介しましたが、あてはまるものはありませんでしたか?

もちろん、紹介した内容を実施することに対する容易さは、人の能力、経験によって変わってくることは事実です。

しかし、訓練次第で改善することは可能ですし、日々の意識によって変わります。

ゆえに、まずは自分の「頭が悪い」という要素をしっかり、自覚することが大事となります。

また、自分を客観的な視点で見ること大事なことです。

仕事に不満がある人は絶対に今のうちに転職を!

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:暗記の仕方にはコツがある!誰でもできる暗記方法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ