頭のいい人のイメージや特徴。真似できることは真似しよう!

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

頭のいい人の特徴

あーこの人は頭のいい人だなぁと思うことってありますよね。

では、頭のいい人ってどんな人なんでしょうか?

本記事では頭のいい人はどんなイメージで、どんな特徴を持っているのかを簡単にまとめてみます。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

スポンサーリンク

頭のいい人ってどんなイメージ?

あなたの中で頭のいい人とはどんなイメージをもっていますか?

学生時代の頭のいい人のイメージ

学生時代、特に高校くらいまでは頭のいい人=勉強ができる人ってイメージが強いという特徴を持っています。

学校のテストで点が取れる人、偏差値の高い高校に通っている人。

そういった人たちを頭のいい人と認識しがちです。

ただ、実際に社会にでてみるとそれは違うなって感じる人も多いと思います。

学生時代の勉強ができるかどうかというのは、効率の良さ×記憶力の高さ×努力で決まってきます。

特に努力の部分が大きいです。

いくら頭のいい人だって、勉強するという努力を怠れば、勉強はできません。

一方で、何も考えていなくたってがむしゃらに努力すれば、テストでいい点はとれます。

ただ、頭のいい人って最小限の努力でテストでいい点とってしまうので、

勉強できる⇒頭のいい人とはならなくても

頭のいい人⇒勉強できるということは多い気がします。

またそういった人はIQが高い人も多いですね。

もちろんそれだけではありませんが。

社会人になってからの頭のいい人のイメージ

社会人になると、頭のいい人のイメージって学生時代とは変わりますね。

私がもつ頭のいい人のイメージはこんな感じです。

知識量が多い、仕事の進め方が上手いプレゼンが上手い説明が上手い

突然のアクシデントに的確な対処ができる、ディスカッションで的確な発言ができる。

仕事のスピードが早い、効率が良いなどなど。

頭のいい人って色々なイメージがありますね。

スポンサーリンク

頭のいい人の特徴

では、頭のいい人はどんな特徴を持っているのでしょうか。

頭のいい人の特徴①常によく考える

頭のいい人は物事を常によく考えます。

イメージとしてあげた、効率がよく仕事が早いといった点は、

どうすれば仕事を早く進めることができるのか。

この仕事は必要なのか、不必要なのか。

ゴールまでの最短の道はどれか。

などといったことを常に考えている結果です。

頭のいい人はただ進めるのではなく、常に疑問を持ち、考えながら進めています。

頭のいい人の特徴②わからないままにしておかない

イメージとしてあげた知識量が多い。これは日頃の積み重ねです。誰しもが最初は0です。

では知識量が多い、少ないはどこで差がついてくるのでしょうか。

それはわからないことがあった時の対処法に差があります。

頭のいい人はわからないことに対して、疑問を持ち、調べたり、人に聞いたりすることで知識は増えます。

一方で何もしなければ知識は増えません。

特に自分で疑問を持ったうえで、自主的に調べて身に付けた知識は、

講習などといった自主的ではなく勝手に入ってくる知識に比べて、圧倒的に頭に残ります。

頭のいい人の特徴③経験を自分のものにする

突然のアクシデントに対する的確な対処や、ディスカッションへの的確な対処は、

経験と知識がものをいいます。

得に経験というものは、あなたに多くの引き出しを持たせてくれます。

しかしながら、経験なんていうものはすぐにつけようと思ってもできるものではありませんし、経験できることも限られてます。

そこで大事なことは、経験をいかに自分のものにし、応用できるようにするかです。

一つの経験をそのまま一つの場面のみで考えてしまえばそれまでですが、

その他の場面でも適用できるくらいまで腹に落とし込むことができれば、たった一つの経験が何倍もの役に立つことになります。

頭のいい人の特徴④論理的に物事を考える

頭のいい人は、論理的に物事を考える力を持っています。

これをもっていなければ、いくら考えながら仕事したところで、その考えが求めているものにたどり着くことが難しくなるし、経験を何倍にも役立たせるものにすることもできなくなります。

そしてこれができなければプレゼンも下手のままです。

しっかりと筋道をたてることができないため、人に上手く伝えることができません。

ちなみに論理的思考力はこれからでも身につけることのできる力です。

参考:論理的思考とは?思考を鍛えるトレーニング方法。

頭のいい人の特徴⑤冷静でいる

頭のいい人は常に冷静でいるイメージがありませんか?

冷静さを失い感情的になると、論理的に物事を考えることができなくなったり、

せっかくの自分の引き出しも上手く引き出すことができなくなってしまいます。

スポンサーリンク

本当に頭のいいすごい人もいる

上記であげたのは頭のいい人とは言ってもあくまで凡人なのかもしれません。

中には最初から特に考えなくても、とにかく仕事のスピードが早かったり、

異常に記憶力がよく、入ってくる情報はなんでも自分のものにしてしまったりといった桁違いに頭のいい人もいるでしょう。

まあ、凡人は真似できないので、諦めて努力する才能を鍛えていきましょう。

ただ、最初は意識しなくてはならないことも、ずっと継続しているといずれ無意識でできるようになったりするかもしれません。

頭のいい人になる為に

実は頭がよくなくても、いくらでも頭のいい人に見られる技はあります。

ただ、表面だけを気にして、頭のいい人を演じてしまうといつか化けの皮がはがれてしまいます。

表面だけではなく内面から頭のいい人になる為に、まずは意識を変えてみましょう。

また、自分を客観的な視点で見ること大事なことです。

リクナビネクストでは自分の強みを客観的な視点で無料で調べることができるので、興味がある人は登録してやってみてください。

関連:勉強のやる気が出ない浪人時代に受験を乗り切った勉強方法

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ