転職活動で焦る原因と焦らないで進める方法。焦りは失敗に繋がるので要注意

転職活動で焦る原因と焦らないで進める方法。焦りは失敗に繋がるので要注意

転職活動がなかなか上手くいかない期間が続いてしまうと、不安な気持ちが増えてくるとともに焦る気持ちがでてきます。

誰だって転職は成功させたいし転職活動は早く終わらせたいと思っているわけですから、こういった気持ちを持つこと自体は仕方がないことかもしれません。

ただこの焦ることは転職の失敗を引き起こす主な原因。上手くコントロールして意識的に焦らないように心がけなければいざ転職しても後悔することになるので注意しなくてはなりません。

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

転職活動で焦るのは厳禁、失敗の主な要因になる

転職活動では、冷静に企業を分析し、自分の希望を明確にし、自分に納得できる企業を見つけることが重要です。

しかし転職活動に焦ることにより、これらのことが十分に行うことができなくなってしまいます。

自分の希望に合ったより良い企業に転職するという目的が、いつのまにかさっさと転職先を決めて今の会社を辞めることが目的となってしまい、企業についてよく調べなくなり、誤った妥協をしてしまったり、ブラック企業であることを見抜けずに入社してしまうことになる可能性が高くなります。

もしそうなってしまえば転職後に後悔するのは当たり前。

またろくに調べず採用試験にのぞむと熱意等が伝わらずに、なかなか受かりません。受かるのは人気のない条件の悪い企業、ブラック企業になってしまいます。

このように転職活動で焦ると良いことはありません。

ただそうは言っても内定を貰えずに転職活動が長引いてしまうと焦る気持ちは持ってしまうのが普通。だからこそ意識的焦らないようにする、冷静に判断するということが転職活動では非常に重要になります。

転職活動で焦る原因

まずはそもそもなぜ転職活動で焦ってしまうのか、その原因を考えてみるところから始めてみましょう。

予測からのずれ

転職活動を始めるにあたり、これくらいかかるだろうとあらかじめ予測を立てる人がほとんどだと思います。

そして一般的には2~3ヶ月程度かかるので、だいたい3ヶ月くらいを目安にしている人が多いのではないでしょうか。

ただ実際に転職活動を始めてこの予測から外れてくると、やり方が間違っているのではないだろうか、このまま決まらないのではないだろうかと不安な気持ちが大きくなってくるようになり、それが焦る原因となっていきます。

精神的なしんどさ

応募した企業から不採用の通知が来ると、やっぱりきついですよね。

せっかく色々調べたのに、頑張って履歴書を書いたのにという思いも抱くし、どこか自分を否定された気持ちにもなってしまう人もいます。

転職活動ではそれが何度も繰り返されるわけですから、精神的に受けるダメージは大きくストレスも溜まります。

そんな気持ちも焦りを生む原因になりますね。

早く楽になりたい

仕事をしながら転職活動を行っていると、ただでさえ少ないプライベートの時間を企業研究や履歴書作成、面接対策などに費やさなくてはなりません。

先ほど述べた精神的ダメージに加え、肉体的な疲労感も徐々に増していく為、さっさと終わらせて早く楽になりたいという気持ちも徐々に強くなるでしょう。

早く今の仕事を辞めたい

労働条件、仕事内容、人間関係など根本にある理由は人によって様々ですが、不満が転職するきっかけになっている人は多いと思います。

そして不満が大きければ大きいほど、転職する決意は固くなり、早く仕事を辞めたいという気持ちも強くなります。

ただ多くの人は転職先が決まっていない状態で仕事を辞めることに対するリスクの高さからすぐに辞めることはしませんよね。

早く仕事を辞めたいのに次が決まらないから仕事をやめられない。その状態が長引いてしまうと、早く決めないとという焦る気持ちを生んでしまいます。

金銭面への不安

転職先が決まっていない状態で仕事を辞めた人が転職活動で焦る原因のほとんどは金銭面によるものです。

辞めてしまっているので収入がない。失業保険はでるけど少ないので貯金が減っていっている。もうすぐ失業保険が切れてしまう。

そんな状態になるととにかく次の仕事を決めないといけないと焦る気持ち日増しに増えていきます。

また在職中に転職活動をしている人も金銭面が焦る原因となる場合があります。

遠方の会社を受けた結果、交通費等で金銭的な負担が多くなってしまい、これ以上はお金を使いたくない、使うわけにはいかないという気持ちを持ってしまい、それが妥協に繋がってしまうのです。

転職活動を焦らないで進める方法

ではここからは転職活動を焦らないで進めるおすすめの方法を紹介していきます。

絶対的な期限は設けない

転職活動を始めるにあたり、おおよその期間を目標として持つのは良いのですが絶対的な期限は設けないようにしましょう。

転職は就職活動と違って期限がありませんから、極端なことを言えば1年以上費やしたって別に良いんです。

3ヶ月という期間はあくまで平均的な数値であり、どんな転職を希望するかによっても大きく変わる部分ですからそこにこだわることはやめましょう。

ただいくらでも時間はあると思ってしまうと転職活動自体をだらだら進めてしまうことになるので注意してください。

時々休みを入れる

転職活動では時々休みながら行うことも大切です。転職活動には期限がないのですから3ヶ月置きくらいにいったん休み、体力と気力を回復させましょう。

仕事をしながら転職活動をする場合はプライベートの時間を費やすことになるのですから、長期間全力で続けていてはもちません。

やるときはやる、休む時は休むというようにオンオフを切り替えるようにしましょう。

1週間のうち○曜日は一切やらない、3ヶ月たったら2週間休むといったようにするのがおすすめです。

同時に受ける企業は多すぎず少なすぎず

転職活動に焦れば焦るほど、とにかくたくさんの企業を受けなければと目につく企業にどんどん応募していくことに繋がりません。

ただこれでは当然ろくに企業研究することすらできませんし、履歴書等も質が低下、面接対策にも力を注げません。

ただ少なすぎると1社に対する思いが強くなりすぎ落ちた時の精神的負担が大きくなりますし、直近でのスケジュールも少なくなるのでそれが焦りにも繋がります。

ですので同時に応募するのは多すぎず少なすぎずが大切。具体的な数字に関しては転職活動にどれだけ時間を費やすことができるのかにもよるので言えませんが、自分にとって無理がない程度にしましょう。

過度な自信を持たず、期待しすぎない

最初から過度な自信を持ち転職に期待しすぎると、ギャップによって落ち込むことが多くなります。またそれが手を抜く原因にもなりかねません。

中途採用は合格率も低いものであり、運の要素も関わってくるもの。あまり過剰な期待しないことも大切です。

何の為に転職するのかを常に意識する

転職活動中はどんな状況になろうとも自分が何の為に転職するのか、何の為に転職活動を行っているのかを忘れてはいけません。

これを忘れるといつのまにか今の仕事を辞めること、そしてどこでも良いから働くことが目的となり、転職の失敗を招く原因となります。

上手くいかない時ほど転職の目的を確認し冷静になる。焦る気持ちに目的を惑わされないように気を付けましょう。

転職活動では転職エージェントに利用がベスト

転職活動では転職エージェントを利用することをおすすめします。

自分ひとりで転職活動を進めている場合よりも焦りによって変な方向に進んでしまうことを防ぐことができます。

また相談相手になってくれるので不安な気持ち、焦る気持ちを持った時も落ち着くきっかけになります。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

内定後も一呼吸

転職活動では内定が出た後も焦らないで冷静にその会社に行くかどうかを判断しなくてはいけません。

とりあえず受けた企業に応募してしまった場合、最後の最後にストップをかけることができるタイミングです。

転職活動に苦労すればするほどに内定がでた時の喜びは大きくなりますが、それでも勢い任せにすぐ入社を決めないようにし、改めて自分の希望に合っているかを確認するようにしてください。

最後に

転職活動はとにかく焦らないで進めることが重要です。無駄な転職、希望に合っていない転職は意味がありません。

焦らないことを意識するだけでもかなり違いますから、転職活動の際はぜひ意識するようにしてください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ