朝活とは?朝活がもたらすメリットや朝活でおすすめの活動

朝活とは

みなさんは「朝活」とは何か知っていますか?

最近「朝活」という言葉をよく耳にします。

実際にやっていた人もいるのではないでしょうか。

しかし、メリットを知らないまま始めてしまうと、三日坊主で終わってしまい、結局夜型の生活になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「朝活」とはなにか、朝活のメリットはなにか、朝活でするおすすめのことを紹介します。

おすすめ記事:会社を休む理由は何がいい?当日の場合と事前の場合。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

朝活とは?

朝活とは、その名のとおり朝に活動することです。

仕事に行く前、学校に行く前、普段は寝ている時間に何らかの活動をすることです。

世間では、自己研鑽の為の勉強を行うことだと思っている人も多くいますが、

勉強だけでなく、趣味であったり、人との交流であったり、健康づくりの為の運動であったり何でもいいのです。

十分な睡眠時間をとっていたとしても、朝は時間がある限りついつい寝てしまうもの。

ただ寝ているのではなく、なにか活動して自分の成長につなげましょうということで始まりました。

朝活のメリット、デメリットは?

朝活が世間で流行りだした理由は、朝活にメリットがあるためです。

しかし、デメリットも忘れてはいけません。

朝活のメリット

昔から言われていることですが、朝は人間にとって集中力が高い時間であると言われています。

大昔、電気のない時代、人間は太陽が昇っている時間に活動を行っていました。

陽が昇ると、目を覚まし、陽がしずみ暗くなるの眠りに落ちる。

人間の体はそうできているのです。

しかし、電気の発明により、人は夜型にシフトしていきました。これはあくまで人工的な結果です。

自然に身をゆだねると、朝の活動は決して不自然なことではなく、むしろ夜の活動のほうが不自然なのです。

この為、朝は人間にとって活動するのに良い時間なのです。

また、仕事前に活動することはその他のメリットもあります。

朝、起きたばかりでは心も体もしっかり覚めていません。

そこで朝活として、自分の意志で自分のしたいことをすると心も体もはっきり覚めることができます

その結果、仕事の開始時から効率の良い仕事ができるのです。

私は、いつも始業時間1時間前から会社に行き仕事を開始しています。

そして、1日のスケジュールをたてたり、メールチェックをしてりしています。

朝は、人も少なく邪魔もありませんので、よりいっそう集中することができます

また夜早く帰ることができる為、家族との時間を持つことができるというメリットもあります。

朝活のデメリット

朝活はメリットばかりではありません。

朝早く起きるということは、その分睡眠時間を減らすということです。その分、夜は早く眠らなければなりません。

しかし、仕事から帰ってくると、ついついテレビやインターネットをして夜更かししてしまうもの。

この時間を削り、しっかり睡眠時間を確保しないとむしろ集中力はなくなってしまいます。

朝活は、自己管理がしっかりしていないと成り立たないのです。

 

 

睡眠に関しては単に時間を伸ばすということではなく質を向上するということが大切になります。

現在は質の良い睡眠をとる為の睡眠グッズが色々とあります。

私が使っているのは、たまたまテレビで紹介されていたintiSQUARE という目覚まし時計とYOKONE という枕。

目覚まし時計は日の出を擬似的につくるものなので、自然に起きれるというものです。割とすっきり目覚めれますよ。

枕は本当に大事。私は横向きで寝るし、肩こりや腰痛もひどかったので口コミ等を見て決めました。

後は最近では睡眠の質を向上させるサプリもでているので、気になる方は試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

朝活でおすすめする活動

朝活で私がおすすめする活動を紹介します。

セミナーに参加

東京や大阪などの大都市では数多くの朝行われているセミナーがあります。

セミナーのナイようは仕事術であったり、英会話であったり様々。

こういったセミナーは他の人達との交流もでき、出会いが広がります。

また、セミナーというのは自分だけで行わないものになる為、良い意味で縛りが発生します。

ついつい三日坊主になりがちな朝活にはもってこいです。

関連:論理的思考力とは?論理的思考を鍛えるトレーニング方法

運動する

忙しい日々を送っていると、どうしても運動不足になってしまいます。

そして、仕事が終わってからだと、疲れて運動なんてしてられないと思って何もできません。

そこで、朝運動してしまうということです。

朝運動して疲れると、仕事に支障をきたすと思われそうですが、

適度な運動は集中力向上にもつながるのです。

また、運動することは、疲れをとることにも役立ちます

関連:寝ても疲れが取れない5つの原因と対策

出社する

上でも書きましたが、私が行っているのが、勤務開始時間よりも早く出社するということ。

人も少なく、邪魔がありません。

その為、1日のスケジュールをしっかりたてることができ、1日の仕事をスムーズにすすめることができます。

また、早く行った分、早く帰ることができます。

しかし、サービス残業があったり、他の人より早く帰ることに理解が得られない会社だと、なかなか難しいかもしれません。

転職活動をする

この時間を転職活動にさいてみるのもありです。

多くの人がもっと年収があがればと思っていますが、時間がないという理由からなかなか転職活動を始められないという人も多いはず。

まずは転職サイトで自分の転職市場価値を調べてみて、よさそうであればこの時間を使って転職活動の為の準備にいそしむなんていうのもありです。

まずはリクナビNEXTで定期的に求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

趣味の時間に使う

趣味の時間にあててしまうというのも良いです。

夜に行ってしまうと、ついつい冒頭しすぎて睡眠時間を削ってしまいがち。

平日は朝だけ!って決めてしまえば会社に行かなければならない時間までなので、自己管理にもつながります。

また、心の安定にもつながりますね。

しかし、あまりに没頭しすぎて遅刻はしないように注意。

スポンサーリンク

最後に

どうでしたか?

朝活してみようかな?という気分になったでしょうか。

なかなか最初は体が慣れず、きつかったですがすぐに慣れますのでちょっと辛抱です。

しかし、あまりあわないようなら無理にすることもありません。

自分に適した形を見つけましょう。

おすすめ記事:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ