転職活動中にアルバイトをする場合の注意点、本来の目的を忘れてはだめ

転職活動中にアルバイトをする場合の注意点、本来の目的を忘れてはだめ

できることなら転職先が決まってから会社を退職したほうが良いということをわかっていても、ブラック企業に勤めていたり、上司からパワハラを受けたりしていると、決まるまで待ってられないという場合は多々あります。

在職中に転職活動をしたほうが良いというのはよく言われることですが、そうすることができない場合も多々ありますから、それは仕方がないことであり、自分を責めることではありません。

ただ、転職活動期間中の生活費はなんとかしなくてはなりません。

自己都合で退職する場合は、特別な理由がない限り失業手当がでるのは3ヶ月後です。生活していくほどの貯金があるならばいいのですが、かなり厳しいという人も中にはいるでしょうし、失業保険を貰ってはいるけど額が少なくて厳しいという場合や、失業保険が間もなくきれそうなんていう人もいるでしょう。

そんな時、少しでも生活費の足しにとアルバイトをすることを検討する人もいるかと思います。

そこで今回は転職活動期間中のアルバイトについて紹介したいと思います。

関連:転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

関連:転職で失敗して無職に!やり直しする為にも早いうちから取り組もう。

転職活動期間中のアルバイトは問題なし

結論から言うと、転職活動期間中にアルバイトすることは全く問題ありません。むしろ金銭的な不安があるならば積極的にすべきだと思います。

職歴には関係ない

転職活動期間中につなぎでアルバイトをしていたという事実は履歴書の職歴欄に書く必要はなく、職歴を傷つけるなんて心配はありません。

会社を辞めてから期間が長く、アルバイトをしていた期間が長い時など、逆に書いたほうが良いばあいおありますが、基本的には書かないほうが良いです。

金銭的の不安は転職活動で失敗する大きな原因

在職中に転職活動する人に比べて、会社を辞めてから転職活動する人は転職自体に失敗してしまう人が多いです。

その大きな原因は金銭的な不安からくる焦りによるものです。

収入がないにも関わらず出費だけ増えていってしまいどんどん貯金が減っていく現実を目の当たりにすると、どうしても不安、焦りが生じてしまい、本来の希望とはまったく違いとにかくどこでもいいから働くことを目的した転職活動になってしまいがちです。

そんな風に決めた会社では入社後に後悔することも多く、またすぐに辞めてしまう人も少なくはありません。

アルバイトをすることで多少でも金銭的な不安を取り除くことができるのであればぜひするべきです。

アルバイトする場合の注意点

転職活動中でもアルバイトはすべきだと思いますが、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

転職活動が最優先であることを忘れてはいけない

そもそも第一の目的は転職活動をして転職先をできるだけ早く決めることです。

あまりにもたくさん働いて毎日疲れ切って転職活動がおろそかになったり、収入が入るということに油断していては絶対だめ。

もしそうなるくらいならやらないほうがましです。

会社を辞めてから転職活動するメリットは転職活動自体に集中できることです。

在職中の人に比べれば、同時並行で受けることができる企業は断然多いし、面接日の調整も滞りなくでき、無駄に時間がかかることもない為、短期間で終わる場合が多くなります。

アルバイトをすることでこのメリットを絶対に潰してはいけません。

短期もしくは辞めやすい仕事を探そう

アルバイトの仕事を探す際には、短期のアルバイトか転職先が決まればすんなり辞めることができるものにしましょう。

もしかしたら転職活動が長期化するかもしれないから長く働けるバイトにしておこうなんて考えてはいけません。

すぐ辞めることになった時にバイト先に迷惑がかかるし、自分自身にも油断が生まれてしまいがちです。

転職活動が長期化するかもなんて考えるのではなく、2ヶ月以内に終わらせるという目標をもって天昇活動を進めるよういしてください。

間違ってもアルバイト経由で正社員になれるなんて思わない

アルバイトをして一定収入が入ってくると、それに甘んじてしまう人も実際に多々います。特に独身である場合はアルバイトの給料だけでなんとか生活できたりもします。

そんな時にアルバイトから正社員になれるかもしれないなんていう話があると、転職活動を辞めてとりあえずアルバイトを頑張ることにするなんて考える人もいるかもしれませんが、それはやってはいけないことです。

アルバイトから正社員になれるのはほんのわずかな確率であるし、少なくとも数年はアルバイトとして働かなくてはいけない為、いざ正社員になれなかったから転職しようと思っても年齢面、職歴面で不利になってしまう可能性が高いです。

アルバイトの店長から何を言われようとも、正社員の仕事は自分で転職活動して決めるようにしてください。

まあ、そもそも正社員登用の可能性があるような長期的に働くようなバイトはすべきではありませんが。

転職に向けて

仕事を辞めてからの転職活動は金銭面以外にも色々な不安があると思います。特に一人で転職活動を行ってしまうとその不安から誤ったことをしてしまいがちです。

ですから転職活動では転職エージェントに相談し、助けてもらいながら転職活動を進めていくようにしましょう。

転職活動では転職サイトはもちろんですが、転職エージェントを利用することで短期間で転職を成功させることができます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ