転職時における圧迫面接の意図及び対応方法や実際の事例。ブラック企業の場合もあるので要注意

転職時における圧迫面接の意図及び対応方法や実際の事例。ブラック企業の場合もあるので要注意

わざと厳しいこと、答えにくいことを質問したり、横柄な態度で接することで応募者にプレッシャーをかける圧迫面接。

就職活動時にこの圧迫面接を受けて不快な思いをした人は多いかもしれません。

ただ転職活動時においても同様なことがありますから、これから転職を考えている人は準備しておくことが必要です。

なぜ転職時に圧迫面接をするのか

そもそもなぜ企業は圧迫面接をするのでしょうか。ほとんどの企業は意図的に行っており、それをすることによって見抜けることがあるからです。

ストレス耐性を見るため

まず一つ目がストレス耐性。

仕事をしていれば、上司などから怒られることもあれば、顧客に責められることだってありますよね。

実際にそういう場面に合った時、落ち込んだり黙りこくったり、逆に怒ったりするようであれば、その仕事をすることが難しいと判断します。

どんな辛い状況に陥ってもめげずに対応できる人が求められているのです。

特に転職の場合だと辞めたという事実があるので、ストレス耐性がないのではないかという心配がありますから、よく見られる部分です。

地頭も良さを見るため

もう一つが地頭の良さ。

意地悪な質問をされた時に瞬時に答えを考え回答ができるかどうかという点から判断されます。

仕事では瞬時に判断し、とっさに行動しなくてはいけない場面も多々あり、それができる人間を企業は求めます。

熱意を見るため

企業によっては熱意を見ている場合も多いです。

ちょっとやそっと圧迫面接を受けたからと言ってその会社に行きたいという意思は変わらないという人に入社してほしいわけです。

だからわざと辛くあたるのです。

自己顕示欲

残念なことに上3つと違って、選考の為の情報収集以外の理由で行われてしまっていることもあります。

単に面接官の自己顕示欲が強くて、人を小ばかにしたり、答えることができない質問をして困っている応募者を見て喜ぶのです。

特に、面接が進んで上の人がでてくるほどこういった理由で圧迫面接になっている場合ばあります。

企業としては意図している形ではなくても、役職が上の人に対して誰も注意することができずに、そういった形になってしまうのです。

転職で圧迫面接された時の対処法

では、万が一圧迫面接にあったらどうすればいいのでしょうか。

マイナス要素に対する質問は必ずあると想定

まず準備段階からですが、自分にとってマイナスとなる要素にかんする質問は必ずされるものだという前提を持ってください。

転職回数が多い、年齢が高い、職歴が短い、空白期間がある、職歴に一貫性がないなどといったものです。

こういったものは圧迫面接をしようとする面接官にとっては格好の標的です。

怒りは絶対にださない

面接官の中には、わざと怒らせようとしてくる人もいます。ただそこで面接官の意図したとおりに怒ってはだめ。

イライラすることにはなるでしょうが、態度、表情、仕草といったものから察しられないように十分に気を付けましょう。

同意からの切り替えし

圧迫面接でよくあるのが、とにかく何でも否定すること。何を言ってもとにかく否定してきます。

そんな時、すぐに反論するのもNGであり、逆にその否定に対して同意するのもNGです。

否定に対してまずは同意した上で、ただ・・・といった形でポジティブな方向に切り返すようにしましょう。

嘘はつかないようにする

面接官は常に揚げ足をとることを考えます。少しでも矛盾があったりすれば、間違いなくその部分をついてくるでしょう。

ですので、矛盾がないようにしていかなくてはならないのですが、割とこれが難しい部分です。

少なくとも嘘はつかないようにしましょう。嘘があると、そこからどうしても矛盾が生まれてしまいます。

大げさに言うのは構いませんが、その場で思いついた程度の実際の自分とまったく違うことは見抜かれてしまう可能性大です。

圧迫面接の内容から企業を判断する

ここまで圧迫面接をする目的や圧迫面接時の対応等を紹介してきましたが、実際は現在圧迫面接する企業はほとんどありません。

企業として、いくら応募者とは言え理不尽な態度で接することに対して良くないイメージが強いですし、もしかしたら落ちた応募者からその企業のネガティブなイメージが拡散してしまうかもしれません。

企業にとってイメージはとても大事。イメージが悪くなった故に入社希望者が全然集まらないということもあれば、売上が落ちることだってありえることです。

ただ、そういった中でも未だに圧迫面接は行われている場合もあるのですが、そういった企業は入社後も常にストレスが高いブラック企業である可能性も高くなります。

ストレス耐性がとにかく高い人材がほしい、社員を単なる駒としか思っていない、そんな風に考えているかもしれません。

圧迫面接であるかどうかに関わらず、面接は応募者側からも企業を判断することができるタイミングです。

プレッシャーをかけるといってもあまりに失礼なことであったり、敬意も払わないような行動をとったり、人を傷つけるような行動をとってくるような面接官であれば、その会社は辞めておくというのも必要な選択かもしれません。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ