アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

一見華やかなアパレル業界ですが、実情はそのイメージとは真逆で、離職率も高い厳しい業界となっています。

実際、現時点で働いている人の中でも辞めたいと思いながら働いている人もかなりいるのではないでしょうか。

そこで、今回はアパレル業界からの転職について紹介していきます。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

アパレル業界は大変、辞めたいと思う人も多い理由

離職率の高いアパレル業界ですが、実情を知ればそれも仕方のないのかなと思う理由が多々あります。

給料が低い

まず一つ目が給料の低さです。

アパレル業界は他業界から比べても給料は低い傾向があり、

手取りで20万円きるこどころか、15万円をきることも少なくありません。

ボーナスもなく年収で言えば200万円から300万円程度であることが多いみたいです。

店長になったところで昇給額はしれており、むしろ責任が高く激務になってメリットが何もないと感じる人も少なくないでしょう。

休日はシフト制で少ない

販売員の場合、当然土日や祝日は休みではなく、GWや年末年始も出勤しなくてはならないことがほとんどです。

休みは平日に1日から2日程度で、年間休日数も100日をきるなんて場合も多々あります。

自腹で服を買わなきゃならない

販売員の場合は特に、そのお店で売っている最新の服をきて店頭にたつことが必要になります。

ただ、その服が会社から支給してもらえればいいのですが、自腹で買わなきゃいけない場合が多々あります。

多少の社割があるといってもかなりの負担。

ただでさえ少ない給料から、さらに服を買わなくてはならずに生活が苦しいと嘆く人も少なくありません。

ノルマがきつい

販売員の場合は、ノルマがあることも仕事が辛いと思う原因の一つ。

ノルマが達成できなかった時には、自分で買わなくてはいけなくなるようなところもあるみたいです。

毎月ノルマがあるのは正直精神的にかなりきついとおみます。

接客が辛い

接客自体にも辛い部分がありますね。

みんながみんな良いお客さんというわけではなく、なかには理不尽なことを言ってくるお客さんもいて、接客でかなり四苦八苦する人も少なくはないでしょう。

特に転職など責任のある立場になると、何かと対応しなくてはいけないことも多くなり、かなり大変だと思います。

アパレル業界を辞めたいなら思い切って異業種に転職しよう

そんなアパレル業界であっても、魅力を感じ、やりがいを感じ働くことができているならそれはそれでいいでしょう。

しかし、不満が大きすぎて、今後も働き続けることに不安を感じているならば思い切って他の業種に転職することをおすすめします。

給料にしろ、休日数にしろ、仕事の内容にしろ、労働環境にしろ、業界を変えたほうが改善される可能性は非常に高くなります。

これまでアパレル業界で働いてきて、今から他の業界に転職できないだろうなんていう考えは間違いで、未経験であっても十分に異業種に転職する可能性はあります。

アパレルから未経験への業界に転職を成功させる為のポイント

では、ここからはアパレルから未経験の業界に転職を成功させるポイントを紹介していきます。

雰囲気で業界、仕事を決めない

アパレル業界で長く仕事をしていると、なかなか他の業界がどんな仕事をしているかはわかりません。

そんな時、もしも気になる業界があったら扱っている商品や仕事内容、利益の上げ方、業界の動向、競合他社などはよく調べるようにしてください。

アパレルからだけに限らず、異業種に転職を考えている人で、なんとなくの雰囲気だけで決めている傾向があります。

しっかり業界について調べることは面接時にも役に立ちます。

面接でその業界の話をされた時に答えることができなければ熱意がないと判断され、不採用となってしまいます。

経験を生かせる職種を狙う

これまでの経験を全く生かすことができない未経験への転職はかなり厳しいものがあります。

しかし、アパレル業界でこれまで働いてきた経験を生かせる職種は確実にあります。

アパレルの販売員から転職するのが多い職種は事務や営業といったものです。

せっかくの経験をガンガンアピールしよう

これまでの経験は、たとえ未経験の職種に転職する場合であってもアピールの仕方によって十分評価されるものです。

コミュニケーション能力やノルマ達成に向けて工夫したこと、お店全体として何か改善したことなどを実績交えて話せば、面接官に能力の高い魅力的な人間だと思わせることは十分に可能です。

転職のテクニックはプロに任せればよし

転職にはテクニックがあります。

仕事の探し方、履歴書の書き方、面接のやり方など、自分ひとりでやろうとしても中々難しいです。

アピールの内容、言い方にしたって一歩間違えばプラス評価がマイナス評価になることだってあります。

ただ、そういったことはプロに任せれば心配ありません。

転職エージェントは無料で利用でき、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

転職活動は思ったよりも大変ではない

これまで転職活動したことない人にとって、転職活動はなかなか大変なイメージを持っている人もいるかもしれません。

確かに一人でなんでもやろうとしていると大変なんですが、今は無料で使える転職サービスが充実していて、思ったよりは大変ではないと思います。

転職サイト、転職エージェントを有効活用してけば、最小限の手間で転職を成功させることができるでしょう。。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ