アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

一見華やかなアパレル業界ですが、実情はそのイメージとは真逆で、離職率も高い厳しい業界となっています。

実際、現時点で働いている人の中でも辞めたいと思いながら働いている人もかなりいるのではないでしょうか。

そこで、今回はアパレル業界からの転職について紹介していきます。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

アパレル業界は大変、辞めたいと思う人も多い理由

離職率の高いアパレル業界ですが、実情を知ればそれも仕方のないのかなと思う理由が多々あります。

給料が低い

まず一つ目が給料の低さです。

アパレル業界は他業界から比べても給料は低い傾向があり、

手取りで20万円きるこどころか、15万円をきることも少なくありません。

ボーナスもなく年収で言えば200万円から300万円程度であることが多いみたいです。

店長になったところで昇給額はしれており、むしろ責任が高く激務になってメリットが何もないと感じる人も少なくないでしょう。

休日はシフト制で少ない

販売員の場合、当然土日や祝日は休みではなく、GWや年末年始も出勤しなくてはならないことがほとんどです。

休みは平日に1日から2日程度で、年間休日数も100日をきるなんて場合も多々あります。

自腹で服を買わなきゃならない

販売員の場合は特に、そのお店で売っている最新の服をきて店頭にたつことが必要になります。

ただ、その服が会社から支給してもらえればいいのですが、自腹で買わなきゃいけない場合が多々あります。

多少の社割があるといってもかなりの負担。

ただでさえ少ない給料から、さらに服を買わなくてはならずに生活が苦しいと嘆く人も少なくありません。

ノルマがきつい

販売員の場合は、ノルマがあることも仕事が辛いと思う原因の一つ。

ノルマが達成できなかった時には、自分で買わなくてはいけなくなるようなところもあるみたいです。

毎月ノルマがあるのは正直精神的にかなりきついとおみます。

接客が辛い

接客自体にも辛い部分がありますね。

みんながみんな良いお客さんというわけではなく、なかには理不尽なことを言ってくるお客さんもいて、接客でかなり四苦八苦する人も少なくはないでしょう。

特に転職など責任のある立場になると、何かと対応しなくてはいけないことも多くなり、かなり大変だと思います。

アパレル業界を辞めたいなら思い切って異業種に転職しよう

そんなアパレル業界であっても、魅力を感じ、やりがいを感じ働くことができているならそれはそれでいいでしょう。

しかし、不満が大きすぎて、今後も働き続けることに不安を感じているならば思い切って他の業種に転職することをおすすめします。

給料にしろ、休日数にしろ、仕事の内容にしろ、労働環境にしろ、業界を変えたほうが改善される可能性は非常に高くなります。

これまでアパレル業界で働いてきて、今から他の業界に転職できないだろうなんていう考えは間違いで、未経験であっても十分に異業種に転職する可能性はあります。

アパレルから未経験への業界に転職を成功させる為のポイント

では、ここからはアパレルから未経験の業界に転職を成功させるポイントを紹介していきます。

雰囲気で業界、仕事を決めない

アパレル業界で長く仕事をしていると、なかなか他の業界がどんな仕事をしているかはわかりません。

そんな時、もしも気になる業界があったら扱っている商品や仕事内容、利益の上げ方、業界の動向、競合他社などはよく調べるようにしてください。

アパレルからだけに限らず、異業種に転職を考えている人で、なんとなくの雰囲気だけで決めている傾向があります。

しっかり業界について調べることは面接時にも役に立ちます。

面接でその業界の話をされた時に答えることができなければ熱意がないと判断され、不採用となってしまいます。

経験を生かせる職種を狙う

これまでの経験を全く生かすことができない未経験への転職はかなり厳しいものがあります。

しかし、アパレル業界でこれまで働いてきた経験を生かせる職種は確実にあります。

アパレルの販売員から転職するのが多い職種は事務や営業といったものです。

せっかくの経験をガンガンアピールしよう

これまでの経験は、たとえ未経験の職種に転職する場合であってもアピールの仕方によって十分評価されるものです。

コミュニケーション能力やノルマ達成に向けて工夫したこと、お店全体として何か改善したことなどを実績交えて話せば、面接官に能力の高い魅力的な人間だと思わせることは十分に可能です。

転職のテクニックはプロに任せればよし

転職にはテクニックがあります。

仕事の探し方、履歴書の書き方、面接のやり方など、自分ひとりでやろうとしても中々難しいです。

アピールの内容、言い方にしたって一歩間違えばプラス評価がマイナス評価になることだってあります。

ただ、そういったことはプロに任せれば心配ありません。

転職エージェントは無料で利用でき、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

転職活動は思ったよりも大変ではない

これまで転職活動したことない人にとって、転職活動はなかなか大変なイメージを持っている人もいるかもしれません。

確かに一人でなんでもやろうとしていると大変なんですが、今は無料で使える転職サービスが充実していて、思ったよりは大変ではないと思います。

転職サイト、転職エージェントを有効活用してけば、最小限の手間で転職を成功させることができるでしょう。。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ