アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

一見華やかなアパレル業界ですが、実情はそのイメージとは真逆で、離職率も高い厳しい業界となっています。

実際、現時点で働いている人の中でも辞めたいと思いながら働いている人もかなりいるのではないでしょうか。

そこで、今回はアパレル業界からの転職について紹介していきます。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

アパレル業界は大変、辞めたいと思う人も多い理由

離職率の高いアパレル業界ですが、実情を知ればそれも仕方のないのかなと思う理由が多々あります。

給料が低い

まず一つ目が給料の低さです。

アパレル業界は他業界から比べても給料は低い傾向があり、

手取りで20万円きるこどころか、15万円をきることも少なくありません。

ボーナスもなく年収で言えば200万円から300万円程度であることが多いみたいです。

店長になったところで昇給額はしれており、むしろ責任が高く激務になってメリットが何もないと感じる人も少なくないでしょう。

休日はシフト制で少ない

販売員の場合、当然土日や祝日は休みではなく、GWや年末年始も出勤しなくてはならないことがほとんどです。

休みは平日に1日から2日程度で、年間休日数も100日をきるなんて場合も多々あります。

自腹で服を買わなきゃならない

販売員の場合は特に、そのお店で売っている最新の服をきて店頭にたつことが必要になります。

ただ、その服が会社から支給してもらえればいいのですが、自腹で買わなきゃいけない場合が多々あります。

多少の社割があるといってもかなりの負担。

ただでさえ少ない給料から、さらに服を買わなくてはならずに生活が苦しいと嘆く人も少なくありません。

ノルマがきつい

販売員の場合は、ノルマがあることも仕事が辛いと思う原因の一つ。

ノルマが達成できなかった時には、自分で買わなくてはいけなくなるようなところもあるみたいです。

毎月ノルマがあるのは正直精神的にかなりきついとおみます。

接客が辛い

接客自体にも辛い部分がありますね。

みんながみんな良いお客さんというわけではなく、なかには理不尽なことを言ってくるお客さんもいて、接客でかなり四苦八苦する人も少なくはないでしょう。

特に転職など責任のある立場になると、何かと対応しなくてはいけないことも多くなり、かなり大変だと思います。

アパレル業界を辞めたいなら思い切って異業種に転職しよう

そんなアパレル業界であっても、魅力を感じ、やりがいを感じ働くことができているならそれはそれでいいでしょう。

しかし、不満が大きすぎて、今後も働き続けることに不安を感じているならば思い切って他の業種に転職することをおすすめします。

給料にしろ、休日数にしろ、仕事の内容にしろ、労働環境にしろ、業界を変えたほうが改善される可能性は非常に高くなります。

これまでアパレル業界で働いてきて、今から他の業界に転職できないだろうなんていう考えは間違いで、未経験であっても十分に異業種に転職する可能性はあります。

アパレルから未経験への業界に転職を成功させる為のポイント

では、ここからはアパレルから未経験の業界に転職を成功させるポイントを紹介していきます。

雰囲気で業界、仕事を決めない

アパレル業界で長く仕事をしていると、なかなか他の業界がどんな仕事をしているかはわかりません。

そんな時、もしも気になる業界があったら扱っている商品や仕事内容、利益の上げ方、業界の動向、競合他社などはよく調べるようにしてください。

アパレルからだけに限らず、異業種に転職を考えている人で、なんとなくの雰囲気だけで決めている傾向があります。

しっかり業界について調べることは面接時にも役に立ちます。

面接でその業界の話をされた時に答えることができなければ熱意がないと判断され、不採用となってしまいます。

経験を生かせる職種を狙う

これまでの経験を全く生かすことができない未経験への転職はかなり厳しいものがあります。

しかし、アパレル業界でこれまで働いてきた経験を生かせる職種は確実にあります。

アパレルの販売員から転職するのが多い職種は事務や営業といったものです。

せっかくの経験をガンガンアピールしよう

これまでの経験は、たとえ未経験の職種に転職する場合であってもアピールの仕方によって十分評価されるものです。

コミュニケーション能力やノルマ達成に向けて工夫したこと、お店全体として何か改善したことなどを実績交えて話せば、面接官に能力の高い魅力的な人間だと思わせることは十分に可能です。

転職のテクニックはプロに任せればよし

転職にはテクニックがあります。

仕事の探し方、履歴書の書き方、面接のやり方など、自分ひとりでやろうとしても中々難しいです。

アピールの内容、言い方にしたって一歩間違えばプラス評価がマイナス評価になることだってあります。

ただ、そういったことはプロに任せれば心配ありません。

転職エージェントは無料で利用でき、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

転職活動は思ったよりも大変ではない

これまで転職活動したことない人にとって、転職活動はなかなか大変なイメージを持っている人もいるかもしれません。

確かに一人でなんでもやろうとしていると大変なんですが、今は無料で使える転職サービスが充実していて、思ったよりは大変ではないと思います。

転職サイト、転職エージェントを有効活用してけば、最小限の手間で転職を成功させることができるでしょう。。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い



このページの先頭へ