暗記の仕方にはコツがある!誰でもできる暗記方法

暗記の仕方にはコツがある!誰でもできる暗記方法

学生だと。受験勉強に期末テスト、

社会人になっても、資格のテストなどがあります。

そういったテストで必要になってくる「暗記」。

テストだけではありません。

仕事では、仕事を覚えることが必要になります。

あなたは暗記が得意ですか?

暗記が得意な人もいれば、苦手な人もいることでしょう。

暗記が苦手だと、様々な面で損をしてしまいますね。

しかし、苦手だからといって避けてはいけません。

暗記が苦手でも、暗記の仕方にはコツがあります。正しい暗記方法で暗記を行えば、間違った暗記方法よりも少ない労力で暗記ができます。

今回は、暗記の仕方のコツを紹介します。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

おすすめ記事:記憶力が悪いと感じたらやってみよう、記憶力を鍛える4つの方法

スポンサーリンク

暗記の仕方にコツはある!脳の仕組みから考える暗記方法

脳の仕組みから、暗記の仕方や暗記方法のコツを考えてみましょう。

脳には以下の特徴があります。

短期記憶と長期記憶

脳の記憶には短期記憶と長期記憶があります。

その名前のとおり、短期記憶は短期で忘れてしまい、

長期記憶は長い間覚えていることができます。

短期記憶は数分~数時間で忘れてしまいます。

これでは使いたい時に使うことができません。

すなわち、暗記の仕方、コツはいかに長期記憶に送り込むことができる暗記方法であるかにかかっています。

1日経つと、4分の3は忘れる

人間の脳は、時間の経過とともに忘れるようにできています。

ただ単に記憶したことであれば、

1時間で2分の1、1日で4分の3を忘れてしまいます。

時間ろ、忘れる量をグラフにしたものは忘却曲線と呼ばれます。

ただ、上の数字はなんの工夫もなく、ただ記憶した時の数字で、

暗記の仕方を工夫すれば、忘れる量を減らすことが可能です。

暗記のコツは、忘却曲線のを以下に緩やかにする暗記方法であるかが大事です。

まとめ

脳の仕組みから考える暗記の仕方のコツは

  • 長期記憶にする
  • 忘却曲線を緩やかにする

この2つを実現する暗記方法であることが必要です。

スポンサーリンク

暗記の仕方はこうしよう!暗記方法を紹介

暗記のコツは覚えたことを長期記憶にし、忘れる量を減らすことです。

では、これらを実現できる暗記方法を紹介していきましょう。

暗記方法①:短い時間で繰り返す

短期記憶を長期記憶にするコツは、反復することです。

1回で完全に覚えきる必要なんて全くありませんし、そうして覚えたものは短期記憶のままで、すぐに忘れてしまいます。

ですので、短時間で軽く記憶したものを繰り返すということが大事です。

簡単にいうと、例えば、

英単語を600個覚えることに挑戦するとしましょう。

英単語1個につき1分かけてしっかり覚えることを、毎日60分を10日続けたとしましょう。

これでは反復できずに、暗記方法としてはだめで、まったく暗記が上手くいかないでしょう。

暗記の仕方、コツはあくまで反復することなので、同じ時間をかけるなら以下のようにするのがいいです。

英単語1個につき、6秒で暗記。60分で600個暗記し、10日間。

最初は6秒では軽くしか覚えることができませんが、反復することによって最終的には、長期記憶としてしっかり残すことができます。

暗記のコツは、1回でしっかり覚えることではなく、反復することなのです。

暗記方法②:五感をフルに使う

暗記の仕方のコツとして忘却曲線のカーブを緩やかにしてあげることだと紹介しました。

この為の方法として、五感をフルに使うことだと言えます。

目で見る(視覚)。

耳で聞く(聴覚)。

鼻でかぐ(嗅覚)。

舌で味わう(味覚)。

手で書く(触覚)。

暗記方法としてこの五感をフルに使うことは非常にすぐれています。

ただ、嗅覚と味覚についてはなかなか使いづらいですよね。

無理に使う必要はありません。1つよりは2つ。2つよりは3つと使うと、それだけで暗記方法として良いです。

例えば、声に出しながら手で書く。これによって、視覚、聴覚、触覚が使われることになり、非常に優れた暗記方法だと言えます。

暗記方法③:睡眠をよくとる。寝る前に暗記する。

まずよく睡眠をとるように心がけましょう。睡眠中は脳で、記憶の定着が行われます。

長期記憶にする為には、睡眠は必要なことなのです。

睡眠中に記憶が定着するということは、暗記する時間としては寝る前が最適です。

忘却曲線について述べた通り、時間とともに忘れていきます。

寝る前に暗記し、忘れる前に記憶に定着させる。これが暗記の仕方のコツと言えます。

また、睡眠は集中力やモチベーションにも影響してくるため、非常に大切なものです。

睡眠はただ寝るのではなく、睡眠自体の質を向上させることも大事。

特に試験前などは睡眠の時間をもったいなく感じるでしょうから、短期間の睡眠でも十分となるように質を向上させるような工夫が必要になってきます。

現在は質の良い睡眠をとる為の睡眠グッズが色々とあります。

私が使っているのは、たまたまテレビで紹介されていたintiSQUARE という目覚まし時計とYOKONE という枕。

目覚まし時計は日の出を擬似的につくるものなので、自然に起きれるというものです。割とすっきり目覚めれますよ。

枕は本当に大事。私は横向きで寝るし、肩こりや腰痛もひどかったので口コミ等を見て決めました。

後は最近では睡眠の質を向上させるサプリもでているので、気になる方は試してみるといいかもしれません。

暗記方法④:ゴロあわせ、リズム、関連付けて暗記する

ゴロあわせで暗記したり、リズムに合わせて記憶したり、なにかと関連付けて暗記をすることは、忘却曲線のカーブを緩やかにすることに繋がります。

一番簡単な例だと「いい国つくろう鎌倉幕府」といった、年代ものを覚えるもの。

ずっと歴史なんてふれていないのに今もなお覚えている人もたくさんいるとおもいます。

ただ、暗記しようと黙々とこなすのは暗記の仕方としては難しいです。

なにかプラスアルファを加えることで定着しやすくないります。

スポンサーリンク

最後に

暗記は、学生でも社会人でも必要ですが、単純作業の為、楽しくないし苦手な人も多いことでしょう。

しかし、暗記は様々な場面で必要なものになります。

できるだけ効率よく、しっかり覚える為にも、

今回紹介した暗記方法を実践してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ