仕事を辞めたいと思うのは甘え?我慢して働くことが正しい?

仕事を辞めたいと思うのは甘え?我慢して働くことが正しい?

仕事がしんどい。仕事を辞めたい。

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

ただ、そう思うことに対して、どことなく甘えだという風潮があります。

その為、無理して働き続ける人も少なくありません。

関連:毎日残業が3時間以上でもう仕事を辞めたい。これって普通なの?

関連:仕事から逃げたいと思った時にあなたがすべき対処法

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

仕事を辞めたいと思うのは甘え?

毎月100時間以上サービス残業があるだとか、休みが全然ないだとかいう、典型的なブラック企業で働いてあれば辞めたいと思うのも仕方ないと思うかもしれません。

しかし、人間関係が上手くいかない、仕事が上手くいかない、といったブラック企業とは関係ないような理由であると、それは甘えだと考えてしまうことが多いです。

また、社会人3年目以内だと、余計そう思う傾向が強いですね。

ただ、本当に仕事を辞めたいと思うことが甘えなのでしょうか。

苦しくても仕事を続けることが正しいという風潮

日本では、元々終身雇用制度を取り入れている会社が多かったせいか、仕事を辞めて転職することに対してネガティブなイメージを持っている傾向があります。

そして、どれだけ苦しくても、歯をくしばって仕事を続けるということが正しく、当たり前のことだという風潮があります。

今でこそ、転職支援サービスも充実し、転職しやすい状況になってますし、転職する人の割合も非常に多くなっています。

それでも、未だにこの考え方は残っていますね。

辞めたい理由、捉え方は人それぞれ、甘えで片づけることはできない

ただ、全体的にそういった風潮があったとしても、それが仕事を辞めたいと思う人全員に当てはまるわけではありません。

確かに、単に甘えだという人もいるでしょう。

ただ、仕事を辞めたい理由が、抽象的なものであったとしても、そのことで本人がひどく苦しむことになっていて、解決策もない状態だということだってあります。

人には得意、不得意、好き、嫌いがあります。

周囲から見ればそんなことたいした問題ではないと思うことでも、本人にしたら重要なことであることも良くあることです。

苦しみは、その本人にしかわかりません。

ですから、簡単に甘えだと決めつけることはできないのです。

甘えだからと頑張り続けた結果、引き起こされるもの

こんな理由で辞めたいと思うのは甘えだと自分で思ってしまったり、周囲から甘えだと思われたくなかったりして、

どれだけ苦しくても頑張り続ける人も少なくありません。

ただ、その結果、肉体的にも精神的にもぼろぼろになってしまい、うつ病になってしまう人も非常に多いのが現実です。

もちろん、全員ではありません。

苦しくても仕事を頑張ってきて良かったと思うことができる人もいます。

ただ、そういったリスクがあることに気づかなくてはなりませn。

誰もが最初は、自分は大丈夫だろうと思っています。しかしそういった人でも体を壊しているんです。

ネガティブな理由であるから悪いということはない

転職する理由として、ネガティブな理由で転職するのは良くないなんてことを言われます。

仕事がしんどい、人間関係が上手くいっていないという理由ではなく、もっとポジティブな○○の仕事がやりたいといった理由である必要があると。

ただ、仕事を辞めるきっかけは別にどっちでもいいんです。

辞めることを決めた理由はネガティブな理由だとしても、その後で何かポジティブな理由を決めればいいんです。

こんな理由ではだめだと思うのではなく、自分にとって辞める基準に達しているのかどうかということが大切です。

辞める前にしっかり考えることは大切

では、仕事を辞めたいと思った時に、すぐ辞めたほうがいいというわけではありません。

実際に、単に甘えである場合も多々あり、しばらくたつと「あの時辞めなくて良かったなー」と感じる人も多いです。

なぜ辞めるのか、なぜ辞めたくないのか

まずは辞めたいと思う理由、またその逆の辞めたくないと思う理由を考えてみてください。

辞めたい理由を冷静に考えて見るのももちろん大切ですが、現時点で辞めていない、辞めるかどうか悩んでいるというなら、何かしらの辞めたくない理由もあるということです。

辞めたい理由ばかりを考えるのではなく、辞めたくない理由も考え、両者を天秤にかけてみてください。

何も考えず辞めると決めるのではなく、何も考えずに辞めずに働き続けると決めるのではなく、冷静に自分自身を分析してみましょう。

辞める以外に解決する方法は?

何か問題があった時、その解決する方法は仕事辞めるということだけではありません。

どうすれば解決できるのか、改めて一度考えてみてください。

できるだけ多くの解決策をだし、その中でどの解決策が良いのかを選びましょう。

もしかしたら、最も良い解決策が仕事を辞めるということかもしれませんし、実は他のもっと良い解決策に気づくことができるかもしれません、

辞めた後で得られるものは?

もし、仕事を辞めたとして、自分は何を得ることができるのかを考えてみてください。

一時的な喜びだけではなく、長期的に何が得られるのかについて考えて見てください。

単に今の状況から逃れることばかりを考えてしまうと、辞めたとしても近い将来、また同じ苦しみを味わうことになってしまいます。

もちろん、将来のことなんて正確にはわかりません。

ただ、仕事を辞める前に転職活動を始めてみるなどすれば、ある程度のイメージはつけることができるはずです。

一番大切なのは辞めてからのこと

仕事を辞めることに対して、甘えだとか逃げだとかいうネガティブなイメージを抱くのはもう辞めましょう。

苦しい状況から抜け出したい。もっとよりよい環境に自分を置きたいというのは、物凄く普通の考えであり、誰かに咎められるものではありません。

ただ、仕事を辞めた結果、結局同じ苦しみを味わったり、さらに状況を悪化させてしまうと、ただ後悔してしまうだけです。

何より大切なのは、現状を抜け出すことではなく、抜け出した後のことということを忘れないでください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ