人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

人間関係が上手くいっていない中で働き続けることは非常に辛いこと。その理由で仕事を辞めることは決して甘えなんかではありません。

職場の人間関係悪化を理由に辞める人は非常に多い

職場の人から無視される、職場で孤立している、嫌がらせされる、上司に嫌われている、など人間関係で悩んでいる人って非常に多いです。

実際、会社を辞めて転職する理由では男女共にどの年代でもTOP5にランクインしているくらい、仕事の悩みとしてメジャーなものであり、そして辛く苦しいことです。

ただ、人間関係で悩んでいない人にとってはあまり理解してくれるものではありません。

別に仕事とは関係ないだろう、上手く行かない人とは付き合わなければいいじゃん、そのうち異動なりなんなりあるから今だけ我慢すればいいだろう。そんなことを言われてしまうこともあります。

ただ、実際に悩んでいる人の立場からしてみればそんな簡単なものではありませんよね。

参考:仕事を辞める人の割合や、仕事を辞めたい、転職したい理由ランキング

人間関係は時間が解決してくれるもの?

人間関係で悩んでいることに対して、良く言われるのが今の人とずっと付き合うわけではないし、上司や同僚も変わっていくのだから一時のものだろうということ。

自分自身で辞めるかどうか悩んだ時も、こんな今だけの悩みで辞めてもいいものなのかと悩んでしまうこともあります。

確かに、現在の人間関係が上手くいっていない状況が、自分の異動や転勤であったり、周囲の異動であったり、昇格や出世、上司が変わったことなどの様々な要因で解消される可能性はあります。

もちろん会社にもよりますが、数年スパンでこういった変化があるという場合も少なくはありません。

ですから、人間関係が原因での悩みは時間が解決してくれる可能性もあるとは言えるでしょう。

解決するまで耐えることなんてできないことがほとんど

しかし、いくら時間が解決してくれるとは言っても、確実性のない未来に期待して解決するまで耐えることができるようなことほど、人間関係の悩みは優しいものではありません。

まだ1ヶ月だけ耐えればいいなんてことがわかっていればいいかもしれませんが、数年も耐え続けるなんてほぼ不可能です。

もしそれができる人がいるならばかなりのストレス耐性の持ち主であり、そもそも悩むことはありません。

さらにそもそも時間がたつことで解決することが確定していることはありません。主な原因となっている人がいなくなっても、その人が周囲に色々なことを吹き込んでいて、結局何も変わらないなかったということも多々あります。

自力で解決することはかなり困難

人間関係が上手くいかない原因は、周囲の環境のせいだけではなく、自分にも何らかの問題であったりきっかけがあったりする場合が多いです。

だからといって、自分の悪い部分を直せば解決できるかと言ったらそれはまた違います。

というのも、一度悪くなってしまった人間関係を改善しようとするのはかなり困難なことで、時間が非常にかかることの為です。

どこに行っても人間関係は上手くいかないだろうと考える人もいるかもしれませんが、現在マイナスのものをプラスに変えるよりは、転職して一度ゼロにしてから良い人間関係を築いていくことのほうがずっと楽なのです。

仕事を辞めることを甘えなんて考えないで

人間関係が悪いという状態は、かなりの精神的ストレスを負うとともに、それ以外にも成長が遅くなる、評価を下げられる、仕事に対するやる気がなくなるなど、多くの悪影響をもたらすものです。

そして何より解決するまで耐えることができるほどの簡単なものではありません。

ですから、人間関係で仕事を辞めることを甘えなんて考えるのは止めましょう。そう考えて自分を限界まで追いこんでしまった人もたくさんいます。

転職では、約8割の人が不満を解消することができており、今の苦しい状態から抜け出せる可能性は大いにあります。

もっと自分に正直に、辞めたいなら辞めるということも時には必要なことなのです。

転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:もう仕事が限界、やばいと感じたら会社に見切りをつけて退職、転職することも重要

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ