仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法

仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法

何事も同じことを続けていれば、最初は楽しかったものであっても、いずれ飽きてしまいます。

それは仕事であっても同様で、今の仕事に飽きてしまっていると感じる人もいるのではないでしょうか。

もしくは、自分では知らないうちに仕事に飽きてしまっていて、思ったように仕事に取り組めていないなんてこともあります。

なんだかやる気がでない、時計ばかりみている、プライベートのことばかり考えるといったことは、もしかしたら仕事が飽きてしまっているサインかもしれません。

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

仕事に飽きてしまうと・・・

飽きてしまっている状態で仕事をするのは、良いことではありません。

向上心がなくなる

仕事に飽きてしまうと、向上心がなくなってしまい、もっと上手くやろう、もっと早く終わらせるようにしようといった意欲がなくなってしまいます。

そうなると当然、成長ができなくなってしまいますし、周囲からの評価は悪くなります。

その結果、新たな仕事が与えられなくなってしまい、飽きた仕事をやり続けなくてはならないという悪循環に陥ってしまいます。

時間がたつのが遅い

仕事に飽きた状態で、仕事をしていると、とにかく時間が立つのが遅いです。

終業時間がなかなか来ない、1週間がなかなか終わらないなんてことになり、ただただ苦痛の時間を過ごすことになってしまいます。

将来が不安になる

仕事に集中できない分、将来のことについてしばしば考えるようになり、そして不安になってしまいます。

今の仕事でこの先ずっとやっていけるのだろうか、今の働き方でいいのだろうか。

不安で仕方なくなり、大きなストレスとなって精神的なダメージをもたらします。

仕事に飽きたから転職するのはアリかナシか

仕事に飽きたと感じた時、一つの選択肢としてあるのが転職するということです。

確かに転職することで、飽きた仕事とはおさらばすることができ、新たな仕事に取り組むことができます。

どんな理由であっても、転職することは別に悪いことでもなんでもないですし、新たなことを経験できる方法として非常に良い手段と言えます。

ただ、転職を決断する前にしっかり考えておかなくてはいけないのも事実です。

そうしないと仕事に飽きたからと会社を辞めたこと、転職したことを後悔してしまうことになります。

どんな仕事でも飽きは来る

最初は楽しい仕事であっても、いつかは飽きが来ます。

もし仕事に飽きたからと転職しても、また同じように仕事に飽きてしまう日が来るでしょう。

さすがにその度に転職していると、転職回数がどんどん増え、徐々に転職することが難しくなってしまいます。

ですから、いつかは仕事の飽きと向き合わなくてはいけないのです。

同じ会社でも仕事は変わる可能性はある

同じ仕事ばかりさせられていれば、仕事に飽きるのは当然のこと。

しかし、いつまでも同じ仕事をし続けるということはむしろ少ないです。

役職が上がったり、異動したりと仕事が変わるタイミングもそれなりにあります。

もちろん、それが自分が望んでいる姿にはなるとは限りませんが、少なくとも飽きからは解放されるでしょう。

ふとしたことで飽きから解放されることも

飽きた状態から抜け出す為には、何も仕事が大きく変わる必要がない場合だってあります。

職場に後輩が入ってきたり、新たな関係者と仕事をするようになったり、会社の方針や上司が変わって仕事のやり方が変わったりといったことでも、仕事に新鮮さが戻ることがあります。

仕事に飽きた、辞めるしかないと決めつけてしまっていると、せっかくのチャンスを失ってしまうことになります。

仕事に飽きた時の対処法

では、具体的に仕事に飽きた時の対処法を紹介します。

積極的に人と話す

特に仕事をこなす上で必要はなくても、先輩、後輩などと積極的に仕事の話をしてみましょう。

そうすると、新たな情報を得られたり、頼られるようになってやりがいを感じたりもできます。

そして、自分の仕事に対しても良い影響を与えるかもしれません。

将来の仕事を想像する

今の会社にいて、今後どういうキャリアを歩み、どういった仕事をしていくかをイメージしてみてください。

ずっと同じ仕事をし続けるなんてことはほとんどありません。

役職がつけばマネジメントをすることになりますし、異動希望が通れば全然違う仕事になることだってあります。

同じ職場で出世できない場合であっても、プロジェクトが変わって新たな仕事をすることになることもあります。

今の仕事をあとどれくらい続けることになるのか、その後どういった仕事をすることになるかイメージしてみてください。

仕事のやり方を意図的に変える

仕事がある程度できるようになると、決まった仕事のやり方でルーチンワークのようにこなしてしまいがちです。

そこで、あえて仕事のやり方を変えてみるのも一つの方法です。

何か工夫を加えてみたり、切り口を変えてみるなど、新たなことをを意図的に取り込んでみてください。

これまで切り捨てていた仕事をあえてやってみる

仕事の経験が長くなると、仕事に優先順位をつけ、不要なもの、費用対効果が低いものを切り捨てるようになります。

それは、仕事を進める上で非常に大切なことですが、その優先順位のつけ方を変え、あえて切り捨てていた仕事をやってみてください。

やりたいことが決まれば転職すればいい

仕事に飽きたから転職するのではなく、何かやりたいことが決まれば転職すればいいんです。

一つの会社で同じ仕事をしていれば、自分が何をやりたいのかわからないなんてこともあるかもしれません。

そんな時は、転職活動を初めて色々と調べてみるいいでしょう。

転職しないことが正しいわけではありません。

時には転職することが正しい場合も多々あります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ