会社に愛社精神を持つことのメリットやデメリット。縛られるのは危険。

会社に愛社精神を持つことのメリットやデメリット。縛られるのは危険。

愛社精神を持ちましょう。新卒で入社した際に、そんなことを言われたことがある人は多いかもしれません。

自分の働いている会社に対して誇りを持ち、会社自体を好きと感じ、会社自体が成長していくことに対して喜びを感じる。愛社精神とはこういった感情のことを指し、会社側は社員に対してそれを持つことを求めます。

ただ実際に今働いている会社に対して愛社精神を持つことができている人というのは一体どれくらいいるのでしょうか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職サイト一覧まとめやおすすめランキング

なぜ愛社精神を持つことを薦められるのか

会社にとって愛社精神を持つことを進めてくるにはそれ相応の理由があります。

一番のメリットは社員の外部流出を防ぐことができるというメリットがあるからです。

愛社精神のない社員は、より良い労働条件で働くことができるのであれば転職して会社から離れていってしまいます。特に優秀である社員ほどその傾向は強くなります。

かといって、それを防ごうと給料を上げたり福利厚生を充実させれば会社の利益を押し下げることになってしまいます。

愛社精神を持ってさえもらえれば、多少条件で劣っていても今の会社に居続け、会社の発展に貢献してもらうことができるというわけです。

また他にも社員の仕事に対するモチベーションを向上することができるという目的もあります。会社に利益がでることで喜びを感じてくれる社員になってくれれば、還元されていなくても文句を言う人は少なくなりますからね。

愛社精神を持つことは良いことなのか

では、社員として働く場合に愛社精神を持つことにメリットはあるのでしょうか。

愛社精神を持つことのメリット

社員として働く人が愛社精神を持つことによって、仕事自体が楽しくできるというメリットはあるかもしれません。

給料が他社よりも低いこと、成果を上げても還元されないことがあった時に文句ばかり言っている人に比べれば、仕事に対して前向きに取り組むことができます。

喜びを感じることができる瞬間というのも多いかもしれません。会社が褒められたら、会社が成長したら、会社に貢献できたらなど、様々な点で喜びを感じることは増えるでしょう。

愛社精神を持つことのデメリット

一方で愛社精神を持つことのデメリットについても考えてみましょう。

まず、会社自体に固執し、縛られてしまう点です。

本来はもっと良い条件で働くことができるのに、もっと良い環境で働くことができるのに。もっと自分を成長させることができるのに、一つの会社に縛られることによってその可能性を捨て去ってしまうことになります。

また、会社に縛られ続けることによって会社と共倒れしてしまう可能性も大きくなります。

いざという時に会社は平気で社員を切り捨てます。愛車精神を持っていても持っていなくても関係ありません。まあそれは会社としては仕方のないことかもしれません。全員を守ろうと潰れるより、何割かを切り捨ててでも会社を存続させるというのは必要な選択です。

ただ、ぎりぎりまで会社を捨てない社員、危なくなったらすぐに切る会社という関係はやはりおかしいと感じます。

仕事と愛社精神

そもそも仕事をする上で愛社精神は必要なんでしょうか。

私自身は愛社精神を持つこと自体が仕事に役立つという感覚を持つことはできません。

愛社精神を持っていなくても、自分を成長させたい、高評価を得て出世したいなどの感情をモチベーションややりがいにすることは可能ですし、一方で愛社精神を持っていたところで自分自身は頑張ろうという気にはならないという人もいるでしょう。

結局のところ、仕事をする上では一切必要のない感情なのです。

しかし、会社という組織では愛社精神を持つことを薦め、愛社精神を持っていないことがわかると非難される場合だってあります。

会社に縛られるのは危険

一つの会社に縛られるというのは非常に危険なことです。

先ほども言いましたが、いつまでも会社に縛られることによって、職を失ってしまう可能性がありますし、理不尽な労働条件で働くことになる可能性もあります。

縛られることによって会社とは対等な立場ではなくなってしまいます。

そもそも会社自体、あなたとの関係は対等だなんて思っていません。しかし会社側がそう思っているだけならばまだましです。

愛社精神を持ちすぎて会社に縛られてしまうと、完全に会社と上下関係が生まれてしまうのです。

より良い環境は積極的に目指すべき

今の会社の待遇に満足していても、頭の中には常により良い環境を求めることを意識しておいたほうがいいと思います。

転職することが必ずしも良いことだとは言えませんが、昇給もなく、ワークライフバランス無視で残業や休日出勤が多い中でも働き続けるというのはやはり違います。 

会社とはあくまで使用者と労働者の雇用契約を結んでいる存在でしかなく、その契約に対して不満を持っているならば契約を破棄するというのはむしろ普通のことです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

関連:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ