転職エージェント求人数ランキング。どうせ使うなら求人数の多いところで

転職エージェント求人数ランキング。どうせ使うなら求人数の多いところで

求人紹介や履歴書の添削、面接アドバイスやスケジュール調整など、転職活動全般のサポートをしてくれる転職エージェントは、転職を効率よく進めるにあたり必須のものだと言えるでしょう。

人によってはあまり良い企業をを紹介してもらえなかったりすることもありますが、利用は無料ですからまずは使ってみることをお勧めします。

ただ、利用の際に悩むのが「どの転職エージェント会社を利用すればいいんだろう」ということ。

転職エージェントは大手、中小ひっくるめるとかなりの数があり、正直どれを使うのが正解かわからないですよね。

そんな時、選択の基準に求人数を考慮してみてはいかがでしょうか。

どうせ使うなら求人数の多い転職エージェント

転職エージェントは、全てのジャンルを扱っている大手の総合型転職エージェントもあれば、特定の業界に特化して扱っているもの、第二新卒に特化したものなど様々。

転職活動を始める時点で特定の業界に絞っているならば特化しているものを使うのもありですが、特に業界を絞っていないならばまず選ぶべきは総合型の転職エージェントです。

大手企業狙いの人も総合型の転職エージェントを使ったほうが良いと思います。

そのエージェントの中でもやっぱり求人数は多いほうがいいですよね。

というのも、求人数が多ければその分自分の希望に当てはまる企業が増え、エージェントが紹介してくれる企業は多くなります。また、条件を絞っても当てはまる企業が見つかりやすくなります。

また、単に求人数だけでなく、非公開求人の量もかなり大事。

公開求人であれば、エージェントの力を借りなくても転職サイトなどで検索して自分で応募することが可能ですが、非公開求人はエージェントを利用したゆえの特典。

しかも非公開求人は、誰もが受けることができるわけでない分内定につながりやすい傾向がありますし。条件面でも優れている傾向にあります。

というわけで、転職エージェントでは求人数、その中でも特に非公開求人数が大事になります。

転職エージェント、求人数ランキング

ではここから、具体的に転職エージェントの求人数ランキングを紹介していきましょう。

1位:リクルートエージェント

求人数16万件以上、非公開求人数13万件以上と、転職エージェントの中で求人数が最大級なのがリクルートエージェント 。

日本最大級の転職サイトリクナビネクスト同様、リクルートが運営しているエージェントです。

全業界、中小から大手まで幅広く網羅しており、どんな転職する場合であっても問題ありません。

ただ求人数が多い分、登録者も多いので、転職に対する意識をエージェントに示さないと後回しにされたりするなんてこともあるみたいなので、利用の際は形だけでもいいのでやる気が高いことを示しましょう。

会社としては実績も十分ですし、企業からの信頼度も厚いのでかなりおすすめできます。

■公式サイト:リクルートエージェント 

2位:DODA

求人数15万件以上、非公開求人12万件以上と、リクルートエージェントに次いで求人数が多いのがDODA

転職エージェントの規模としてはこの2社がとびぬけて多いですね。

私が使った印象としてはw、かなりサポートが手厚いなと感じました。

当時転職に対する意識も低く方向性も決まっていない中で一歩ずつ親身になって相談にのってくれ、無事満足の行く転職ができましたね。

まあ担当でつくエージェント次第な部分もあるとは思いますが、全体的にも評判の良い転職エージェントだと思います。

■公式サイト:DODA

3位:マイナビエージェント

次に紹介するのはマイナビエージェント 。求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の2,30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

■公式サイト:マイナビエージェント

ピックアップ:キャリアカーバー

最後に紹介しておきたいのがキャリアカーバー

求人数だけ見れば大手に比べれば少ないのですが、高年収の求人に関しては他の転職エージェントに比べてかなり多くなっています。

それこそ年収1000万円以上の求人が多数あります。

高年収を対象にしたエグゼクティブ向けの転職エージェントですが、対象の人はぜひ使ってみてもらいたいです。

◆公式:キャリアカーバー

だめなら違うものにすればいいだけ

転職エージェントの利用は基本的に無料。別に利用することにリスクはありません。

とりあえず使ってみて、あまり良い企業を紹介して貰えないだとか、エージェントと相性が悪いだとか感じたら違うエージェント会社を利用すればいいだけのこと。

最初から2,3社面談に行ってみて、一番良さそうなものを使っていくという方法も使えます。

選ぶのに時間なんてかけても仕方ないですから、積極的使っていきましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ