転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

転職活動を行う上で、転職エージェントは強い味方になってくれます。

ただ、利用の際に注意しなくてはいけないこともあるので、今後利用を考える場合には、必ずチェックしておきましょう。

転職エージェントへの登録方法

転職エージェントへの登録は難しいものではありません。

どの転職エージェントでも、登録自体は数分程度で終わります。

転職エージェント最大手のリクルートエージェント であれば、

転職希望時期、勤務地、現在の職種、年収、メールアドレス、名前、住所、電話番号といったものを入力する程度えす。

転職エージェントは、登録後に面談することになります。

面談日時を決める為に、メールもしくは電話にてエージェントから連絡がきます。

面談日程が決まれば、実際に転職活動が始まっていきます。

転職エージェントの賢い使い方

次に、転職エージェントの賢い使い方について紹介していきます。

基本的な流れ

まずは転職エージェント利用の基本的な流れを紹介していきます。

面談にて、どういった何故転職をしたいか、どういった企業に転職したいかなど、転職に向けて、色々な質問に答えていくことになります。

もちろん完璧に答える必要はなく、曖昧であれば、一緒に相談に乗ってくれたりもします。

具体的に、希望している転職の内容が決まれば、実際に転職エージェントから、応募する企業を紹介して貰えます。

紹介して貰えるのは、あなたの希望はもちろんですが、企業が希望している人材に当てはまっているかということも重要になります。

人によってはたくさんの企業を紹介して貰える場合もありますが、あまり紹介して貰えなかったということもあります。

応募する企業が決まれば、書類選考、そして面接という流れになります。

転職エージェントを利用すると、履歴書の添削を行ってくれますから、積極的に相談しましょう。

また、面接の練習もしてくれます。

面談は土日でも可能

平日は仕事がある為、面談に行けない人も多いかと思います。

ただ、転職エージェントは土日でも対応してくれるので問題ありません。

わからないことは聞いてみる

求人情報を見ていると、年収○○万円~○○万円と書いていて、結局いくらなのかわからなかったり、

福利厚生でも住宅手当有とは書いているけど、いくらなのかわからなかったりと、

転職先を選ぶ際に重要であるにも関わらず、わからないことが多いです。

他にも、有給消化率はどの程度なのか、残業はどの程度なのかということもわかりません。

自力で調べようと思っても、なかなかわかるものではありません。

しかし、これらのことは転職エージェントに聞くことで、わかる場合も多々あります。

転職エージェントは直接企業に聞くことが可能な為、調べてもわからない情報が手に入るのです。

もし、気になる点、わからない点があれば、積極的に質問してみてください。

もちろん、こういった情報だけでなく、転職活動を進める上での疑問点についても積極的に質問するようにしましょう。

担当者は変更可能

転職エージェントに登録するお、あなたの担当者が決まります。

しかし、担当者にも当たりはずれはあって、優秀な担当者もいればダメな担当者もいます。

性格的に合わないなんてこともあるでしょう。

それによって転職の成功率は全然変わってきます。

ただ、そんな時はわざわざ転職エージェントの会社を変更する必要はなく、担当者を変更することができるのです。

もし、少しでもやりにくいと感じたり、不満を感じたりしたら、担当者変更を願い出ましょう。

転職エージェントは利用期間が決まっている

転職エージェントは、利用期間が決まっています。

例えば、リクルートエージェント であれば利用できる期間が3ヶ月となります。

ですから、だらだらと転職活動を行うのではなく、スピーディーに行っていく必要があります。

もしも、転職活動が伸びてその期間をすぎてしまった場合には、他の転職エージェント会社を利用しましょう。

転職エージェント利用時の注意点

非公開求人を紹介してくれたり、転職に関するサポートを行ってくれる転職エージェントですが、良い面ばかりではなく、利用時に注意しなくてはいけない点があることも忘れてはいけません。

転職を強く勧められる場合も

転職エージェントの会社は、実際に転職が決まった場合に企業からお金を貰うことができます。

この為、利用者は無料でエージェントを利用することができます。

ただ、ずっと相談してきた人が結局転職しなければ、利益はあがらず、転職エージェント会社としては無意味になってしまうのです。

その為、転職することを強く勧めてくる場合があります。

転職活動を行っていると、状況や気が変わって転職しなくていいと思ったり、内定は貰ったけどあまり行きたくない会社だったなんてこともあります。

もしも転職しないことを決めたなら、転職エージェントがなんと言おうと、はっきり断ることが必要です。

転職をせかされる

転職エージェントの利用期間は決められています。

また、転職エージェント側としたら、できるだけ早く転職先を決めてもらったほうが、労力は減り、利益は増えます。

その為、転職をせかされる場合もあります。

転職活動はもちろんですが、内定を貰ってからも早く決めるように促されます。

年収重視になってしまう可能性がある

転職エージェントは、転職者の年収に応じて、企業から貰う報酬が変わります。

年収が高ければ報酬も高くなり、年収が低ければ報酬は低くなります。

その為、転職エージェントにしてみれば、年収が高いほうが良いのです。

もし、内定が2つでて、年収が高い会社と年収が低い会社があれば、年収が高い会社を勧めてきます。

ただ、会社を選ぶ際に、大事なのは年収だけではありません。

年間休日数、労働時間、有給取得率、やりがいといったものを総合して判断しなくてはなりません。

ですから、どの企業に行くかは惑わされずに、自分でしっかり判断するようにしましょう。

厳しいことを言われる場合も

転職エージェントを利用すると、時に厳しいことを言われる場合もあります。

応募可能な企業が少ない、年収は確実に下がる、なんてことを言われることもあります。

ちなみに、私は新卒2年目で利用した際に、一番最初に言われました。

ただ、それは現実として受け入れなければなりません。

厳しいことを言われたから、この転職エージェントはだめだと決めつけるのではなく、その理由などもしっかり聞き、転職するかしないか、どういう転職活動にしていくかを決めましょう。

まとめ

転職エージェント利用のメリットは非常に大きいので、ぜひ活用するようにしてください。

ただ、全てを転職エージェントにゆだねてはいけません。

最終的に決めるのはあなたです。

相手も利益をあげることが目的だということを知り、自分で決断するという心構えが重要となります。

転職サイト、転職エージェントについて

どの転職サイトを使うかは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使い勝手を大切にするといいです。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ