給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

年齢が増せば、勤続年数が長くなれば、給料は上がっていくものだ。働き出す前はそんな風に考えていたのに、実際に働きだすとどれだけ働いても給料は上がらない。そんな人はたくさんいます。

さすがに給料が上がらないことに我慢できずに辞めることを考えている人も少なくはないでしょう。

はっきり言ってそれは賢明な判断です。

もちろん仕事は給料だけで決めるものではありません。とは言っても給料はやっぱり大事なものですから、もう会社に期待するのは辞めて自分でなんとかすることを考えてみてもいいタイミングです。

関連:給料が上がらない!昇給無しの現実。どうすれば給料はあがる?

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

給料なんてあがらないのはほとんど会社が原因

給料が上がらない原因は、労働者個人に問題があるのではなくて、ほとんどは勤めている会社の問題です。

給与体系は決まっていて成果をあげても変わらない

多くの会社では成果主義は取り入れてなく、給与体系が決まっています。

新卒の給料から1年たつと昇給がいくら、ある年齢になって役職があがると昇給がいくらというのが大体決まっています。その為、いくら成果をあげたところでそんなに大きく変わるものではありません。

成果を出せば多少ばボーナスの額を増やしてくれるかもしれませんがそれは一時的なものです。出世が早くなる可能性もありますが、役職が上がってもそれほど給料が上がらない会社もあります。

成果なんてだす必要がないというわけではありませんが、給料にはそれほど関係しているものではないのです。

上がる会社はガンガン上がる、上がらない会社は全然上がらない

毎年の昇給額、役職があがったタイミングでの昇給額は会社によって全然違います。

上がる会社はガンガン上がるし、上がらない会社は全然上がらないので年齢が高くなればなるほど格差は開いていきます。

上がる場合だと毎年1万円、それに加えて3、4年に1回役職が上がって数万円アップする会社もありますが、上がらない場合だと毎年の昇給額は1000円以下、昇格なんてほぼしないし、昇格したとしても1万円以下なんて会社も多数あります。

もちろん中にはまったく昇給ゼロという会社もあります。中小企業のうち、昇給があるのはおよそ6割程度しかなく、4割の会社は昇給がないのです。

それこそ新入社員の頃から全然給料が上がっていなくて手取り20万円を切っている人もたくさんいるのが現実です。

給料が上がらない会社は他のことも悪い

給料が上がらない会社って、給料以外の休日数や労働時間、働く環境、福利厚生といったものもだいたい悪いです。

労働者のことを考えている会社であれば、ある程度は給料を上げてくれます。いくら給料が上がらない会社はそもそも労働者のことを考えていません。

ですから、必要以上に休日を与えようだとか、労働者の体を考えて残業を減らそうだとか、福利厚生を充実させようだとか、そんなことは考えません。できるだけ低い賃金で会社に利益を残すということしか考えていないことが多いのです。

また、会社によっては、労働者のことを考えるどうこう以前に労働者一人あたりの利益が低すぎて経営が厳しく、給料を上げれないということもあります。

上司、先輩の姿があなたの将来の姿

もし数年働いたけど全然給料が上がっていなくて、将来どうなるか不安に感じているのであれば、仲の良い先輩にこっそり教えてもらってもいいかもしれません。

結局のところ、今の上司、先輩の姿が将来の自分の姿なわけです。それ以下になることはあってもそれ以上にはなることは残念ながらほとんどありません。

変な期待は持たないようにしましょう。あなたがこうであってほしいと考えていることは、会社にとってはそうなってほしくないと考えていることが多いのです。会社という組織で働いている以上、希望通りに変わっていくことなんてないのです。

結局転職するしかない

結局のところ、全然給料が上がらなくて低い会社にいてそれを解消しようと思えば転職以外に道はありません。

自分はこんなに成果を上げていて、こんなに会社に貢献しているといくら言ったところで給料アップの交渉ができる会社なんてほとんどありません。ただ、会社が決めたルール通りに従うしかないのです。

転職では給料を大幅にアップできる可能性もありますが、その逆に給料がダウンしていしまう可能性もあります。

ただ、会社を辞めていない状態で転職活動すれば、給料が増える会社を見つけたら転職すればいいだけのことなので実はリスクはありません。

転職成功に向けて

給料アップを目指した転職、在職中の転職では、転職サイトや転職エージェントは上手く使っていく必要があります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:30代で手取り20万円以下で働いているなら、その会社に居続ける必要はない。すぐに転職をしよう。

関連:年収400万円って平均?少ない?手取りや割合、生活



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ