残業80時間はきつい。頻繁にある会社はおかしいから転職した方がいい。辛い、辞めたいと思うのは当たり前

残業80時間はきつい。頻繁にある会社はおかしいから転職した方がいい。辛い、辞めたいと思うのは当たり前

残業80時間は一般的に見てもかなり多い方。

正社員ならそれくらいは普通、仕方がないなんて言う人も中にはいますが、全くそんなことはありません。

そもそも80時間というのは健康障害リスクが高まうつ、脳疾患、心疾患等の健康障害が発生した場合に仕事が原因であると認められる基準である過労死ラインに該当する時間。

そこまでの時間を平然と残業しなくてはいけないなんてどう考えてもおかしなことです。そんなことをさせる会社は異常です。

もし現在、頻繁に80時間以上の残業をすることになってしまっている人は今一度今の会社で働き続けて良いのかどうか、転職するべきではないのかどうかを考えてみてください。

関連記事

 

残業80時間はかなりきつい!

どれくらいの残業なら大丈夫かというのは人によって大きく違うとは思いますが、残業80時間でも全然平気なんてそうはいないと思います。

私自身残業80時間以上を超え100時間程度までやったことがありますが、正直かなりきつかったというのが印象。

残業30時間程度ならまあ当たり前かくらいに思ってやっていましたが、45時間を超えたらちょっとしんどい、60時間を超えたらかなりしんどい、80時間を超えたらもう何かが壊れていきます。

だいたい1日4時間の残業、休日出勤もあって休みさえ少なくなるのが残業80時間以上。

仕事で気を張る状態が続き、休まる時間なんて全然ないわけですから、きつくて当然、普通にやっていい残業時間ではないんですよ。

急なトラブル対応により2ヶ月連続で80時間以上超えをやった時が1度ありましたが、その時はもうかなりボロボロになりました。

ある程度の残業は仕方がない、でも長時間残業は仕方なくない。

まあ正社員ならある程度の残業は仕方がない部分もあるとは思います。

仕事では忙しい時もあれば暇な時もあるし、突発的に発生する仕事もある。

ピーク時でも十分に賄えるだけ余裕を持った人材がいればいいかもしれませんが、そうはいきません。

仕事が少なくなった時に会社側が簡単に社員を辞めさせることなんてできないので、ピーク時に合わせてしまえば人が余ってしまい、人件費が会社の経営を悪化させる要因にもなってしまいます。

会社にとって人を雇うことはリスクのあること。だからこそ残業という制度を利用して仕事に柔軟に対応していくというのが非常に有効な手段となっているのです。

ただその残業も、あくまで適切な範囲で行われなくてはなりません。

なぜなら長時間の残業はうつ、脳疾患、心疾患といった健康を損な要因になりうるからです。

いくら仕事に柔軟に対応する為とは言え、会社の利益を上げる為に労働者の命を削る行為なんて許されるわけがありません。

実際に長時間残業によってうつになったり、心疾患等の病気になる人もいるわけです。中には過労死してしまう人だっているわけです。

100時間、150時間を超えた残業でも大丈夫な人がいるから、自分は大丈夫だったからなんて考えは通用しません。大丈夫だった人に合わせるということは何人かが犠牲になっても仕方ないという考え方ですから。

だからこそもし過労死ラインである80時間以上となる残業をさせるくらいなら、人を増やす、仕事を断るといったことを行うのが会社側のすべきこと。

頻繁に80時間を超える残業を行わせるなんて、決して仕方がないことではないのです。

残業80時間以上はそもそも違法ではないの?

そもそも月に残業80時間以上は違法ではないのかと疑問を持つ人もいるでしょう。

ただ現在の法律では、1ヶ月あたりの残業に上限はありません。

いくつか条件がありますが、それさえクリアすれば残業80時間以上、場合によっては100時間、200時間だって行うことが可能になっています。

その条件と言うのは以下の通り。

  • 特別条項付き36協定を結ぶ
  • 45時間超えを年6回以下にする
  • 残業が60時間を超えた分の割増賃金を50%にする(中小企業は2022年4月まで免除)

政府の「働き方改革」によって、1ヶ月あたりの時間外労働時間(残業+法定休日労働)の上限が100時間未満、2~6ヶ月の期間ごとの平均時間外労働時間80時間以内、年間の時間外労働時間が720時間(月平均60時間)になることが見込まれていますが、現時点ではまだ施行されていません。

違法ではなくても普通ではない、頻繁にある会社はやっぱりおかしい

条件を守ってさえいれば、法律上は問題がない残業80時間以上。

でもだからっと言ってそれが当たり前にやっていいなんてことはありません。頻繁にあるなんてもってのほか。

だって過労死ラインを超えるとされるほどの残業時間なわけです。

体を壊すリスクが高いし、実際に壊してしまっている人も世の中にはたくさんいるんですよ。

まあ数年に1、2回くらい、どうしようもないことがあってやらざるを得なくなるなる時はあるかもしれません。

ただ毎年のように数回行われているのであれば、普通なんて考えないでください。おかしいと思ってください。

会社は最悪社員の中から体を壊す人がでてもいいと考えているということですから。

残業80時間以上が繰り返すなら転職した方がいい。その会社はブラック企業。

はっきり言って頻繁に月80時間以上の残業をすることを許している会社はブラック企業です。

たとえ残業代を全てしっかり支払ってくれていようが、福利厚生が充実していようが関係ありません。

表面上の条件の良さでごまかしていても、根本的には労働者が倒れたっていい、体を壊したっていいと考えているわけですから。

ですからもしもそんな会社で働いているなら、ぜひ転職することを考えてください。

あなたは現在ブラック企業で働いているのです。

特別条項がない36協定の上限である年間360時間、月30時間に残業を抑えている会社なんてたくさんありますから、転職でまともに働ける会社を見つけることはそう難しいことではありません。

転職に向けて

転職するとなるとかなり高いハードルを感じてしまう人も多いようですが、実際はそんなことありません。

大半の人は2~3ヶ月程度で終わるし、転職エージェントを利用すれば転職活動全般に関してサポートするので何をすればいいのかわからず困ったりすることもそうそうありません。

ぜひこの機会に転職エージェントを使って転職開始してみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ