私の転職活動が6ヶ月以上かかってしまった理由。短期間で転職先を見つけるにはどうすればよかった?

私の転職活動が6ヶ月以上かかってしまった理由。短期間で転職先を見つけるにはどうすればよかった?

転職活動を始めると、すぐに希望の会社から内定を貰って転職活動を終えることができる人もいれば、逆にかなり時間がかかってしまう人もいます。

もちろん、その人自身の職歴や経験、スキル、年齢といったものに転職難易度は大きく違い、それに伴い転職活動に要する期間も違ってきますが、要因はそれだけではなく、転職活動のやり方によっても変わるものです。

関連:転職活動のモチベーションが上がらない。どうすればやる気はでる?

関連:転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

私の転職活動

私が転職活動を始めたのは28歳の6月でした。元々開発職として働きたいという思いが強くあり、新入社員として就職した時点では希望通りの仕事に就くことができていました。

しかし、就職してから2年たったあたりで会社の意向などもあり、開発部門から技術営業部門へ異動させられてしまったのです。

当初はあくまで戻り前提の異動であり、3年を限度にまた復帰できるという話を聞いていたのですが現実は厳しく、3年たっても戻ることができないどころか、そもそも戻り前提だという話も消えてしまっていたのです。

過去の流れからすると、こうなってしまったらもう開発部門に戻れる可能性はありません。

しばらくは異動先の仕事を頑張ってみたものの、やはり開発の仕事をしたいという思いは強く、これが転職を決意するにいたった理由です・

前置きはさておき、実際に転職活動を始めてからの話をしましょう。

転職活動自体初めてだったものの、今は無料で利用できる転職サービスも揃っていたのでそれほど不安もなかったし、履歴書作成⇒転職サイトから応募⇒面接という単純な流れでしたから難しいこともありませんでした。

ただ、転職活動は思ったように行きません。そもそも書類選考に受からず面接すらしてもらえないことがほとんどでしたし、ようやく面接に進むことができたと思っても2次面接には進めず。

ところが、私は転職活動なんていうのは運の要素も強いものだと決めつけ、続けていればまあそのうち受かるかななんて甘い考えをいだき、ずっと同じやり方を続けていました。

まあ当然内定を貰うには至らず、気が付けば4ヶ月たっていました。インターネットで転職活動の平均期間は2~3ヶ月と見たので自分は平均以上です。

そこでようやく自分の転職活動のやり方が間違っているんではないかという疑問に至ったんですね。気づくのはかなり遅いほうですが。

何はともあれ、そこから自分のやり方を見直し、転職活動のやり方を変えました。

面談するのとかは面倒だなと思って利用を躊躇していた転職エージェントにも登録し、教えて貰いながら、仕事の選び方から履歴書の書き方など様々なことを教えて貰いました。

そうするとようやく気付くんですよね、自分のやり方ではだめだめだったということが。

そこからは思った以上に転職活動がスムーズに進んでいきました。紹介してもらった企業(しかも転職サイトで見なかったかなりの大手)を複数受け、そのうち半数以上が書類選考を通過、そして2社から内定を貰うに至ったのです。

これでようやく長かった転職活動を終えることができました。今思えば本当に反省ばかりの転職活動でしたね。

なぜ転職活動に6ヶ月もかかってしまったのか

なぜ転職活動に6ヶ月もかかってしまったのか、いくつかその原因をまとめたいと思います。

コツを掴む段階で時間がかかってしまった

転職活動は簡単に言えば履歴書を書いて、受かったら面接に行く。ただそれだけのことです。

これらのことは就職活動でも自力でやったことでしたから、そう難しいことではないだろうなんていう風に思っていました。

ただ、転職活動を終えて思うのはかなりコツが必要なものなんだなーということ。最低限守らなくてはいけないルールもあるし、自分を最大限アピールする必要もあります。

よくよく考えれば、たかだか書類1枚、数十分の面接で合否が決まるわけですから、そこで最大限アピールしようと思えばコツは必要ですよね。そこに気づくのが遅くなってしまいます。

忙しいことを言い訳にしていた

会社を辞めずに転職活動していたので、仕事が終わってからや休日の一部を使って転職活動することになります。

ただ、何かと仕事が忙しい、疲れたということを自分の中で言い訳にしてまた明日やろうだとかばっかりで結局長い転職期間のわりに数をこなせていませんでした。

数をこなせていない分、もっと早く気づくことができたはずのことに気づくのが遅れ、ただ転職活動期間が間延びしてしまいました。

根拠のない自信、期待があった

転職活動を始める前、自分なら大丈夫だろう、きっとどこかの会社は認めてくれるだろうという期待を持っていたのも大きな原因だと思います。

一応そこそこ有名な大学をでていたこと、転職前の会社がかなりの大手だったこと、会社内では高評価をもらっていたことから、続けていればすぐなんとかなるだろうなんて思っていたんです。

その結果、なかなか受からないという現実を自分のせいだと認めずに反省して直すという考えに至ることができませんでした。

現実を直視することができていなかった

転職活動するにあたり、現実を直視するというのは大事なことだと思います。

私の場合ならば20代ぎりぎりの年齢、開発という仕事に対する経験不足(実質2年しかやっていない)という状態であるのですから、人気のある超有名大手企業に入るのは普通に考えて現実的ではありません。

ただ、転職活動を始めた時というのは淡い期待に身を任せてしまいがちになるんですよね。

転職エージェントはそういったことを防ぐ意味でもいいと思いました。現実的に受かる可能性がある企業しか紹介してくれませんからね。

初めての転職ではプロの力は頼るべき

転職活動する際には、絶対にプロの力を頼るべきだと思います。

もちろん自主的に転職サイトを見て、希望にあった求人があれば受けてみるというのもとても大切なことであり、絶対にやるべきことですそれだけではなかなか上手くいきません。

せっかく無料で身の丈にあった企業の紹介、履歴書や面接の指導してくれるサービスがあるのですからぜひ使ってみてください。

確かに最初は面倒に感じるかもしれませんが、転職活動をトータルで考えた時に手間は圧倒的に少なくなると思います。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

関連:在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ