年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。

年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。

年収500万円から600万円という数字は、転職市場でもよく見る数字です。

年齢にもよりますが、これくらいの年収の求人は多いです。

そこで、今回は年収500万円について、手取りや貯金、生活面について紹介していきます。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:給料が上がらない!昇給無しの現実。どうすれば給料はあがる?

関連:年収400万円って平均?少ない?手取りや割合、生活

スポンサーリンク

年収500万円から600万円ってどれくらい?

年収500万円から600万円だと、多いと思う人もいれば、少ないと思う人もいる、高年収とも、低年収とも考えられる年収です。

では、実際はどうなのでしょう。

年収500万円から600万円は男性の平均年収程度

日本の給与所得者、いわゆるサラリーマンの平均年収は420万円となっています。

ですから、年収500万円から600万円であれば、全体としては平均よりも高い数字。

男女の内訳で見ると、男性が521万円、女性が276万円。

すなわち、ちょうど男性の平均年収程度だと言えます。

それよりも少ない人は多いと思うし、それよりも多い人は少ないと思うものです。

ちょうど平均程度の為、少ないと思う人、多いと思う人が半数程度となる為(実際、中央値はもっと低い為、これよりも年収が少ない人のほうが多いですが)、多いか少ないかというのが微妙になってきます。

これが年数700万円以上となると、それよりも年収が少ない人の方が多く、いわゆる高年収に位置づけられますが。

参考:国税庁「民間給与実態調査」

スポンサーリンク

年齢別だと、年収500万円~600万円ってどれくらい?

年齢別に平均年収を見ていきましょう。

各年齢での男女別平均年収は以下の通りになっています。

  • 20代前半・・・男性:271万円、女性:233万円
  • 20代後半・・・男性:383万円、女性:306万円
  • 30代前半・・・男性:451万円、女性:307万円
  • 30代後半・・・男性:510万円、女性:299万円
  • 40代前半・・・男性:567万円、女性:294万円
  • 40代後半・・・男性:626万円、女性:292万円
  • 50代前半・・・男性:670万円、女性:296万円
  • 50代後半・・・男性:652万円、女性:278万円

30代後半男性がちょうど年収500万円程度

年収600万円を超すのは40代後半です。

ですから、20代や30代前半で年収500万円から600万円を超えていれば十分高年収と言えるでしょう。

よく、結婚相手の希望年収として年収800万円や年収1000万円をあげているのを見かけますが(実際、どれほどの人がそのように考えているかはわかりませんが)、結婚適齢期の30代前半だと相当少ない割合。

むしろ、年収500万円でも十分高いと思ったほうがいいでしょう。

年収は勤めている会社に依存する部分が大きく、実際の市場価値とは違うことも多いです。

その為、転職すると年収が大きくアップすることもあります。

MIIDAS(ミーダス)では、いくつかの質問に答えることで簡単に適正年収を調べることができるので、やってみると面白いです。

正社員に限定してみると

上記で紹介した年収は、全ての給与所得者で派遣社員や契約社員といった非正規社員も含まれています。

正社員に限定した場合だと、平均年収は485万円、男性が539万円、女性が367万円となっていますから、年収500万円~600万円あれば男性の平均程度であると言えます。

非正規社員の平均年収は171万円となっており、なかなか非正規社員で500万円以上となることは難しいでしょう。

年収500万円を超えるにはどんな職業がある?

仕事によっては、年収500万円は厳しい場合もあるかもしれません。

ではどんな仕事に就けば年収が500万円以上となるでしょうか。

公務員

公務員は、職種にもよりますが、平均年収500万円以上になっていることが多く、十分に500万円以上となる職種です。

かつ、退職金も高く、安定性もある魅力のある職業であると言えます。

参考:国家公務員、地方公務員の給料ってどれくらい?高すぎる?

大手企業

大手企業の平均年収を見ると、だいたいの企業で平均年収が500万円を超えています。

中には20代で余裕で500万円を超える企業もあります。

その分、中小企業が低い傾向にあるということです。

業種で言うと、メーカー、金融、証券などはほぼ500万円には到達するでしょう。

難関資格に必要な仕事

医者や薬剤師、税理士、公認会計士などの難関資格が必要な仕事は言うまでもありません。

また、看護師なんかも500万円以上貰えることが多いです。

年収500万円~600万円の実態、手取りや貯金、生活は?

では、年収500万円~600万円だと、手取りや貯金、生活はどのようになるでしょうか。

年収500万円~600万円の手取り

年収から、税金や年金などの社会保険料が引かれた額である手取り。

この手取りが実際に生活の原資となるわけです。

年収に対しての手取りは、扶養している人数などで変わってきますので、正確な数字をだすことはできませんが、およそ以下の数字になります。

  • 年収500万円・・・手取り360万円~400万円
  • 年収600万円・・・手取り430万円~490万円

ボーナス分を考えないと、月々では以下の通りになります。

  • 年収500万円・・・1月あたりの手取り:30万円~33万円
  • 年収600万円・・・1月あたりの手取り:35万円~41万円

マイホームの購入、老後の貯金等を考えると、決して余裕のある生活とは言えなさそうです。

年収500万円~600万円だったらいくら貯金すべき?

収入のうち、どれだけ貯金にまわせるかというのは、家族形態にもよります。

一人暮らしであれば、それほど生活費はかかりませんが、家族がいて、かつ共働きではなく専業主婦である場合には、貯金にまわせる額も少なくなります。

ただ、一般的には手取り額の10%~20%を貯金にまわすのが理想とされています。

年収500万円であれば、10%だと38万円程度、20%だと76万円程度、

年収600万円であれば、10%だと45万円程度、20%だと90万円程度となります。

例えば、この金額で40年貯金し続けたと考えましょう。

年収500万円の10%である38万円を40年間貯めると、1520万円となります。

これを多いと思いますか?少ないと思いますか?

また、これは十分な額でしょうか?

子供の教育資金、老後の生活資金など今後、お金が必要となってくることも多いでしょう。

ただ、今後年収アップを期待でき、毎年の貯金額を増やすことができたり、老後の生活の資金として退職金を見込める人もいるでしょう。

必要なのは、自分でしっかりライフプランをもつことです。

年収500万円~600万円の生活

もし、貯金を15%したとすると、月に使えるお金は年収500万円で27万円、年収600万円で32万円程度です。

家賃、もしくは住宅ローンが10万円だとすると、残りは20万円程度。

そこから、食費、水道光熱費、生命保険、自動車保険、自動車ローン、などを考えてみるとかなり厳しいことは容易に想像できます。

その為、年収500万円程度の人は専業主婦でなく共働きをしている人も多いのが現実です。

年収を増やす為には

年収500万円~600万円をどう考えるかは人それぞれです。

今の年収で満足している人もいれば、年収500万円以上は欲しいと考える人、年収500万円では足りないと考える人もいるでしょう。

仕事はお金だけで決めるべきではありませんが、自分がどうなりたいか、そしてその為にどう動いていくかというのは非常に大切なことです。

もし今の年収が不満、将来が不安と考えているのであれば、まずは行動を起こしてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職で年収は上がるのか、下がるのか

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ