4週7休はどんな働き方?年間休日数や労働時間に関するルール

4週7休はどんな働き方?年間休日数や労働時間に関するルール

会社によって労働条件は様々であり、特に休日数に関してはたくさん休みがある会社もあれば、かなり少ない会社もあります。

そして休みがしっかりあるかは働く上で非常に大切なものですから、会社選びをする際は必ず確認しておかなければなりません。

そこで今回紹介するのは4週7休という働き方について。

どういった勤務になるか、年間休日数はどの程度になるか、平均から見るとどれくらい少ないかについて紹介していきます。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:完全週休二日制は祝日も休みではないので注意。年間休日も最低だとたった105日しかない

4週7休はどんな働き方?

4週7休は名前の通り4週間に7日間の休みがあるという働き方です、

労働基準法では、休日に関して毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えることが義務付けられています。

ですから4週7休という働き方は休日数に関して労働基準法を違反しない働き方になります。

4週7休の勤務体制

4週7休の場合、シフト制の場合は決まった曜日が休みとなるわけではありませんが、そうではない場合は以下の2つのパターンが多いです。

  • 週1回決まった曜日が休みで追加で3日を選択
  • 週2回決まった曜日が休みだが1日出勤あり

いずれの場合にしろ、基本的には1週間に2日休みだが、4週間に1週間は週1日休み、6連勤の週があるということになります。

曜日は日曜日が必ず休み、土曜日に出勤日があるという形が多いですね。

祝日はどうなる?

祝日は、同じ4週7休を導入している会社でも対応は異なります。

4週7休というのはあくまで最低限の日数であり、祝日がある場合は休み、結果的には4週7休の時もあれば多い場合だと4週9休になる時もあるという会社もあります。

一方で祝日は休みではなく出勤となる場合、祝日は休みになるが7休の1日分になり他の休みが減るという場合もあります。

4週7休の場合の年間休日数

では4週7休の場合に年間休日数はどうなるでしょう。

これは先ほど述べた祝日の扱いによって大きく異なります。

1年間は52週ですから、最低限で91日。

ただし祝日や年末年始やお盆休みといった長期休暇が加わることで100日から110日程度まで増える会社もあります。

4週7休と一言で言っても休みの数は全然違うのです。

ただ年間休日数の平均は113日程度なので、平均からは少ない場合がほとんどです。

4週7休の場合の労働時間

4週7休の勤務体制について知っておきたいのが労働時間についてです。

労働基準法では法定労働時間の上限は1日8時間、1週間に40時間を超えて労働させていけないと決められています。

4週7休の場合、少なくとも1週間は6日勤務となる日があり、1日8時間勤務の場合だと48時間となるので8時間超えることになります。

ですから、以下の方法をとっていなくてはなりません。

変形労働時間制を導入している場合

労使協定または就業規則等において変形労働時間制を定めている場合、労働時間は一定期間を平均し1週間当たりの労働時間が法定の労働時間を超えない範囲内であれば良しとなります。

例えば単位期間を4週とした場合、4週間で可能な労働時間は160時間。4週7日の21日なので、1日の勤務時間が7時間37分以下であれば問題はありません。

また単位期間を1年とした場合は年間休日数によって異なります。

祝日や年末年始等の休みも合わせた形で計算することになりますから、年間休日数が105日以上であれば1日8時間、96日であれば7時間45分が労働時間の上限です。

変形労働時間制を導入していない場合

労使協定や就業規則等で変形労働時間制を定めていない場合は、1週間に40時間を超えることは原則NG。

超える為には36協定を結んだ上で超過勤務、すなわち残業として行い、その分最低0.25倍を割り増しした賃金を超過勤務手当と支払わなければなりません。

もしくは残業なしで行うのであれば6日勤務をする週の労働時間を6時間40分以下にする必要があります。

ただ特定の週だけ勤務時間が変わるのはわかりにくいし、全てが残業となってしまうのも人件費を増やす原因となってしまうので、基本的には先ほど述べた変形労働時間制が導入されていると考えて良いでしょう。

働きやすいかどうかは年間休日次第

先ほども述べている通り4週7日と一言で言っても、働きやすいかどうかは年間休日次第です。

常に4週7休で祝日も休みなし、長期連休もなしではさすがに休みが少なくてしんどいと思う人が大半でしょう。

しかし祝日は全て休み、夏休みや年末年始も休みとなれば全然違います。

ただ一般的には平均未満、ホワイト企業の一つの指標となっている年間休日120日には遠く及ばないことが多いので、もししっかりと休みをとりたいと考えているのであればあまりおすすめできる勤務体制ではありません。

休みが少なくて不満なら転職しよう

中にはすでに4週7日で働いている人、それ以下の人もいると思います。

そしてそのうちの多くの人が休みが少ないことに不満を持っているのではないでしょうか。

もしあなたがそうなら、今の売り手市場の転職しやすいうちに転職してしまうことをおすすめします。

休日数は人間関係等と違って我慢して長く続けたからと言って変わるものではありません。

変える為には会社を変えるしかないというのが現実なのです。

だからこぜひこのタイミングで転職活動を始めてみてください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。



このページの先頭へ