45歳にもなると正社員への転職は不可能?転職事情や転職に向けてやるべきこと

45歳にもなると正社員への転職は不可能?転職事情や転職に向けてやるべきこと

転職は若いほうがいい、転職は遅くても30代のうちにするべきだ、というのが一般的な考え。

40代を過ぎてから、それこそ40代後半に差し掛かる45歳にになって転職するのは辞めておいたほうがいいと考える人が多いでしょう。

ただそうは言っても会社の倒産、リストラ、上司のパワハラ、理不尽な待遇といった様々な理由から、転職しなくてはいけない状況になってしまう可能性は誰にだってあることであり、事実そういった人達は多数います。

ではそういった人達が転職できないか、転職できてもかなり悪い待遇になってしまうかというとそういうわけではありません。45歳を超えたって転職できる人は転職できます。

今回はそんな45歳の転職について紹介していきましょう。

関連:40歳からの転職は辞めたほうが良いというのは嘘。実はニーズは多くチャンスはある。

関連:40代以降の中高年が転職が失敗してしまう理由。むしろ年齢以外の原因が多い。

45歳での転職事情。年齢面で不利になる?

転職に向けてまず大事なのは事実を確認すること。ですので、45歳の転職事情について紹介していくことにします。

求人自体は20代、30代よりも少ない

求人数自体はまず確実に少ないです。

一応原則として求人広告に年齢を載せてはいけないとなっているので応募自体は可能ですが、社内ではターゲットとなる年齢層が決まっているので履歴書の中身を見られることもないままにばっさりきられることも少なくありません。

求人は20代が最も多く、30代、40代と年齢が高くなるに連れてどんどん少なくなっています。さらに45歳ともなると40代中盤もしくは後半に属されることもあるので41歳、42歳の人よりもさらに求人が少ないことを覚悟する必要があります。

40代を超えても転職している人は割と多い

ただ悲観する情報ばかりではありません。

実際に転職を成功させた人の年齢内訳を調べてみると、およそ15%は40歳以上の人となっています。

20代が45%程度となっているのでおよそ3分の1ではありますが、そもそも転職活動を行っている人数が20代と40代では全然違いますから40代以降、それこそ45歳以上になっても転職成功率はそこそこ高いことが伺えます。

経験者採用は能力次第、管理職経験はかなりの強み

35歳を過ぎてからの求人はポテンシャルに期待されるものではなく、豊富な経験に裏付けされた能力の高さが重要になることがほとんど。特に管理職の経験は大きな強みになります。

特に45歳ともなれば求人の半数程度は管理職としての募集である為、数年間は管理職として経験していること、そして管理職としての実績を残していることがかなり重要になるでしょう。

ただ管理職の経験がないとしても、飛びぬけて高いスキルを持っていれば、それはそれで武器になります。新たな新規事業に参入したり、事業の延長で新たな知識が必要になった時に活躍できる人材として需要は高いです。

未経験だとかなり難しい

30代であればまだ未経験でも採用される可能性はありますが、さすがに45歳ともなると転職自体が難しいというのが現実。

特に45歳ともなると、即戦力となりうるかなり近い経験を持った人でないと厳しいです。

もちろん転職することができないわけではないんですが、条件面では妥協しなくてはいけなくなったり、大企業はそもそも無理なので中小企業の中から選ばなくてはならなくなります。

経験者だとCAREERCARVER 会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』といったサイトに登録しておけばより好条件でヘッドハンティングされる可能性もありますが、未経験者だとその可能性はなく応募可能な求人は条件が下がる場合がほとんどです。

また、求人票には未経験可、年齢不問と書いても結局経験者が優遇されることになったり、未経験だと20代じゃないとだめということもありますから、自然と応募企業は増えていってしまいます。

45歳から転職活動を始める時にまずすべきこと

簡単にまとめると、45歳で転職しようと思ったら経験者で特に管理職としての経験を持っていれば十分に転職できる可能性が高いものの、未経験であったり年齢相応のスキルを有していない場合だと困難になってしまうということです。

そういった中で転職を成功させるには、「自分の能力の把握」、「能力に見合った求人への応募」がカギになります。

20代とは違ってポテンシャル面ではなく即戦力であることを期待されているわけですから、それができずにむやみやたらに受けても受かるわけはありません。

平均応募社数は20代の場合だと15社程度ですが、45歳ともなると25社にも上ります。

20代であれば多少希望している人材からずれていてもポテンシャル面を考慮されて採用されることもありますが、45歳ともなるとシビアにマッチングを見られますから、適当に受けていては書類選考で落とされて応募した企業が増えるだけなのです。

企業は45歳という年齢の人材に対してかんりマッチングをシビアに見ています。ですからあなたももっとシビアに考えなくてはなりません。

未経験の仕事に転職するのであれば、そもそも即戦力では使えないので企業のハードルを下げることはどうしても必要になってきます。未経験として募集をかけた時に20代の人が何人も応募しているのにわざわざ45歳の人を採用するなんてことはほぼありません。

その為、求人広告を出してもあまり人が集まらない知名度の低い中小企業を中心に狙っていきましょう。

そういった企業の中でも優良企業、ホワイト企業は存在します。特に今はほとんどの企業で人手不足になっており、特に中小企業はいくら募集をかけても応募すら全然なくて困っている会社がたくさんあるのです。

転職時には転職サイト、転職エージェントを有効活用しよう

転職時には応募する企業探しが重要になると同時に、アピールの仕方によっても成功率が変わります。

せっかく経験豊富で高い能力を持っていてもそれをアピールできなければ意味がありません、

それを上手くやる為にも転職サイト、転職エージェントは有効活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利です。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

転職エージェントは登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

関連:中小企業や零細企業に転職する場合の注意点、企業の選び方、リスク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ