40歳代の平均年収、平均貯金額、結婚、趣味について

40歳の色々、平均年収、貯金、結婚、趣味など。

40歳代といえば、子供がいればまあまあ大きくなって、子育てから若干解放されるという人も多い年齢です。

しかし、徐々に学費などが頭をよぎってきて、もっと貯金しなきゃという考えを持つ人も多いでしょう。

仕事では、それなりの役職につき、責任のある仕事をするようになるけど、上からのプレッシャーも辛くなってくる頃。

上と下に挟まれる立場に、ストレスが溜まってしまっているなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな40歳代ですが、年収や結婚事情はどうなっているのでしょうか。

今回は40歳代の平均年収や平均貯金額、結婚や趣味を紹介していきます。

関連記事:40代のハイクラス転職を成功させる為のコツとは?このまま定年なんてもったいない!

関連記事:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連記事:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

スポンサーリンク

40歳代の平均年収や年収分布、就業率など

まずは、40歳代の年収の状況について紹介していきましょう。

40歳代の平均年収

平成27年度の平均年収が発表されました。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成27年度)によると、

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、461万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:567万円
  • 女性:294万円

40代後半(45歳~49)歳では、486万円。

男女別では

  • 男性:626万円
  • 女性:292万円

となっています。

男性は、40代後半で、年収が大幅に増えます。40歳代になると役職につきだすことで年収もあがっていくということでしょう。

一方で女性は、30歳から比べても若干減ってきています。30歳ではフルタイムで働いていたものの、子育て等でパートタイマー等は増えていった為であると考えられます。

ちなみに17年前の平均年収は

  • 40代前半(40歳~44歳)男性:645万円
  • 40代後半(45歳~49歳)男性:695万円

大幅に減ってしまっていることがわかります。

昨年度に比べると40歳代の平均年収は増えています。

平成9年度から下がり続けていた全年齢含めた平均年収はここ2年でようやく上昇に転じました。

しかし、実際には生活は豊かになっていないと感じる人は多いのではないでしょう。

ちなみに参考までに、1年前の平均年収も紹介しておくと、以下の通りとなっています。

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、457万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:564万円
  • 女性:290万円

40代後半(35歳~39)歳では、487万円。

男女別では

  • 男性:629万円
  • 女性:290万円

となっています。

この結果からみると、40歳代の平均年収は若干増えていることがわかります。

平成9年度から下がり続けていた全年齢含めた平均年収はここ3年でようやく上昇に転じました。

40歳代の年収分布

では年収の分布はどんな感じなのでしょう。

転職サイトDODAの調査結果によると、

  • 300万円未満:8.2%
  • 300~400万円未満:15.9%
  • 400~500万円未満:19%
  • 500~600万円未満:16.1%
  • 600~700万円未満:13.2%
  • 700~800万円未満:9.5%
  • 800~900万円未満:6.8%
  • 900~1000万円未満:4%
  • 1000万円以上:7.3%

となっています。

ただし、この調査対象は、転職サービスの登録した正社員の男女のみであるため、国税局に比べて平均は高めとなってます。

それでも、最も多いのは400~500万円です。正直、厳しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

40歳代の転職事情

転職35歳限界説なんて言葉がひと昔前はありましたが、最近はそんなこともなくなりました。

年々転職成功者の年齢は上昇しており、スキルのある40代は転職市場でも価値が高く貴重な人材として注目されています。

もしまだ年収をアップさせたい、違う場所でチャレンジしたいという場合には転職活動してみるのも大いにありだと思います。

実際に転職して年収アップできた人も少なくありませんからね。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

40歳代の就業率

上記はあくまで、民間で働いている人の統計となっています。

会社経営者や個人事業主、公務員などは含まれていません。

では、そういった人も含めて、40歳ではどの程度の割合の人が働いているのでしょうか。

総務省:労働力調査によれば、

男性の就業率は93.1%、女性の就業率は70.4%

n4102030

男性は30代に比べると、約3%程度落ちています。早期退職の人がいたり、身体を壊してしまったり。色々な要因があります。

また、女性は30代に比べると高くなっています。子育てが落ち着き、再度働き出す人が増えるのだと思います。

スポンサーリンク

40歳代の平均貯金額

40歳の平均貯蓄額っていくらでしょうか。

総務省:家計調査によると

40代の平均は単身世帯が1,153万円。

2人以上の世帯で962万円。

この数値は高いと感じる人が多いのではないでしょうか

それもそのはず。40代ともなると、数千万、下手したら億というすごい額を貯めている人もちらほらいます。

そういう人たちが平均額を引き上げているのです。

ちなみに、中央値は単身世帯で600万円、2人以上の世帯で640万円です。

こちらの数値のほうが、しっくりくる人が多いのではないでしょうか。

40代にもなると、老後のことを考えてある程度貯金をしていくという意識を持つことは必要です。固定費を見直すなど、少しでも貯金ができるような体制を整えていきましょう。

固定費節約の為にまずは保険から

40歳代の結婚、独身の割合

総務省統計局の国勢調査(2010年)によれば、

結婚している人の割合は、40歳~44歳で、

  • 男性:66.4%
  • 女性:73.2%

独身の人の割合は

  • 男性:28.6%
  • 女性:17.4%

という結果になっています。

男性の1/3が独身、女性の1/4が独身なんですね。

ちなみに、男性はこの年齢以降も徐々に結婚している人の割合は増えて行きますが、

女性はあまり増加しないといった、男女の違いもあります。

40歳代の趣味

次に40歳代の趣味について紹介していきます。

趣味探し.comによれば40代の趣味ランキングは、

1位・・・在宅ワーク

2位・・・一人旅

3位・・・バイク

4位・・・神社・仏閣巡り

5位・・・自転車

6位・・・アーチェリー

7位・・・射撃

8位・・・株

9位・・・登山

少し意外な結果ですかね。

私の周りで多いのは、

  • 自動車いじり
  • 釣り
  • ゴルフ

といったところです。特にゴルフをやっている人はまだまだ多いように感じます。

スポンサーリンク

40代をどう過ごすか

40代の人を見てると、かなり2極化しているように感じます。

生き生き仕事をしている人。完全にやる気を失っている人。

ただ、諦めるのはまだ早い年齢ですから、色々と動いて楽しく過ごせるようにしたいものですね。

おすすめ転職サイト

関連:年収別の手取り額一覧、節税方法、各国の税金。給料はこんなに減ってしまう!

関連:年収1000万の手取り、割合等。サラリーマンが年収1000万を得るには?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ