40歳代の平均年収、平均貯金額、結婚、趣味について

40歳の色々、平均年収、貯金、結婚、趣味など。

40歳代といえば、子供がいればまあまあ大きくなって、子育てから若干解放されるという人も多い年齢です。

しかし、徐々に学費などが頭をよぎってきて、もっと貯金しなきゃという考えを持つ人も多いでしょう。。

仕事では、それなりの役職につき、責任のある仕事をするようになるけど、上からのプレッシャーも辛くなってくる頃。

上と下に挟まれる立場に、ストレスが溜まってしまっているなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな40歳代ですが、年収や結婚事情はどうなっているのでしょうか。

今回は40歳代の平均年収や平均貯金額、結婚や趣味を紹介していきます。

関連記事:40代の転職、成功させる為にはどうする?

関連記事:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連記事:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

スポンサーリンク

40歳代の平均年収や年収分布、就業率など

まずは、40歳代の年収の状況について紹介していきましょう。

40歳代の平均年収

平成27年度の平均年収が発表されました。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成27年度)によると、

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、461万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:567万円
  • 女性:294万円

40代後半(45歳~49)歳では、486万円。

男女別では

  • 男性:626万円
  • 女性:292万円

となっています。

男性は、40代後半で、年収が大幅に増えます。40歳代になると役職につきだすことで年収もあがっていくということでしょう。

一方で女性は、30歳から比べても若干減ってきています。30歳ではフルタイムで働いていたものの、子育て等でパートタイマー等は増えていった為であると考えられます。

ちなみに17年前の平均年収は

  • 40代前半(40歳~44歳)男性:645万円
  • 40代後半(45歳~49歳)男性:695万円

大幅に減ってしまっていることがわかります。

昨年度に比べると40歳代の平均年収は増えています。

平成9年度から下がり続けていた全年齢含めた平均年収はここ2年でようやく上昇に転じました。

しかし、実際には生活は豊かになっていないと感じる人は多いのではないでしょう。

ちなみに参考までに、1年前の平均年収も紹介しておくと、以下の通りとなっています。

40代前半(40歳~44歳)の平均年収は、457万円となっています。

ちなみに男女別では、

  • 男性:564万円
  • 女性:290万円

40代後半(35歳~39)歳では、487万円。

男女別では

  • 男性:629万円
  • 女性:290万円

となっています。

この結果からみると、40歳代の平均年収は若干増えていることがわかります。

平成9年度から下がり続けていた全年齢含めた平均年収はここ3年でようやく上昇に転じました。

40歳代の年収分布

では年収の分布はどんな感じなのでしょう。

転職サイトDODAの調査結果によると、

  • 300万円未満:8.2%
  • 300~400万円未満:15.9%
  • 400~500万円未満:19%
  • 500~600万円未満:16.1%
  • 600~700万円未満:13.2%
  • 700~800万円未満:9.5%
  • 800~900万円未満:6.8%
  • 900~1000万円未満:4%
  • 1000万円以上:7.3%

となっています。

ただし、この調査対象は、転職サービスの登録した正社員の男女のみであるため、国税局に比べて平均は高めとなってます。

それでも、最も多いのは400~500万円です。正直、厳しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。

一度、自身の適正年収について調べてみるといいかもしれません。

年収が低いことに不満があるなら転職活動をしてみるというのも一つの手段です。

40代の転職は確かに厳しいものがありますが、年々転職成功者の年齢は上昇していますし、昨今の人手不足の深刻化により中高年であっても需要はそこそこ高く、転職が非常にしやすい状態になっています。

めったな理由がない限りは会社を辞めて転職活動することをおすすめできませんが、会社に在職しながらであればリスクがあるわけではないので、やってみて良い会社が見つかれば転職するくらいに思っていればいいと思います。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

40歳代の就業率

上記はあくまで、民間で働いている人の統計となっています。

会社経営者や個人事業主、公務員などは含まれていません。

では、そういった人も含めて、40歳ではどの程度の割合の人が働いているのでしょうか。

総務省:労働力調査によれば、

男性の就業率は93.1%、女性の就業率は70.4%

n4102030

男性は30代に比べると、約3%程度落ちています。早期退職の人がいたり、身体を壊してしまったり。色々な要因があります。

また、女性は30代に比べると高くなっています。子育てが落ち着き、再度働き出す人が増えるのだと思います。

スポンサーリンク

40歳代の平均貯金額

40歳の平均貯蓄額っていくらでしょうか。

総務省:家計調査によると

40代の平均は単身世帯が1,153万円。

2人以上の世帯で962万円。

この数値は高いと感じる人が多いのではないでしょうか

それもそのはず。40代ともなると、数千万、下手したら億というすごい額を貯めている人もちらほらいます。

そういう人たちが平均額を引き上げているのです。

ちなみに、中央値は単身世帯で600万円、2人以上の世帯で640万円です。

こちらの数値のほうが、しっくりくる人が多いのではないでしょうか。

40代にもなると、老後のことを考えてある程度貯金をしていくという意識を持つことは必要です。固定費を見直すなど、少しでも貯金ができるような体制を整えていきましょう。

固定費節約の為にまずは保険から

40歳代の結婚、独身の割合

総務省統計局の国勢調査(2010年)によれば、

結婚している人の割合は、40歳~44歳で、

  • 男性:66.4%
  • 女性:73.2%

独身の人の割合は

  • 男性:28.6%
  • 女性:17.4%

という結果になっています。

男性の1/3が独身、女性の1/4が独身なんですね。

ちなみに、男性はこの年齢以降も徐々に結婚している人の割合は増えて行きますが、

女性はあまり増加しないといった、男女の違いもあります。

40歳代の趣味

次に40歳代の趣味について紹介していきます。

趣味探し.comによれば40代の趣味ランキングは、

1位・・・在宅ワーク

2位・・・一人旅

3位・・・バイク

4位・・・神社・仏閣巡り

5位・・・自転車

6位・・・アーチェリー

7位・・・射撃

8位・・・株

9位・・・登山

少し意外な結果ですかね。

私の周りで多いのは、

  • 自動車いじり
  • 釣り
  • ゴルフ

といったところです。特にゴルフをやっている人はまだまだ多いように感じます。

スポンサーリンク

40代をどう過ごすか

40代の人を見てると、かなり2極化しているように感じます。

生き生き仕事をしている人。完全にやる気を失っている人。

ただ、諦めるのはまだ早い年齢ですから、色々と動いて楽しく過ごせるようにしたいものですね。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:年収別の手取り額一覧、節税方法、各国の税金。給料はこんなに減ってしまう!

関連:年収1000万の手取り、割合等。サラリーマンが年収1000万を得るには?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ