40歳男性が未経験の仕事に転職。その厳しい現実と持たなくてはならない覚悟

40歳男性が未経験の仕事に転職。その厳しい現実とは

仕事を長く続けていれば、違うことがやりたいなと考えることだってあるのは当然。一度しかない人生だから色々な場所で色々なことを経験してみたいとも思うのだって普通の考え方です。

しかし現在の日本では違う仕事がやりたいからと言ってころころ仕事を変えることは良しとされていません。

特に40歳を超えてから転職しようとしても相当な困難を伴い、多くのことを犠牲にしなくては実現することができないのが現状です。

特に年収がダウンすることを免れず、男性の場合は家庭のこと、老後のことを考えると未経験の仕事に転職することは相当な覚悟が必要となってくるでしょう。

40歳での未経験転職が厳しい現実

40歳で未経験職種に転職することやはり厳しいのが現実です。

企業が40歳に求めること

まず企業が40歳に対して求めることについて考えてみましょう。

企業が想定している40歳というのは20年間仕事をしてきたことになります。その20年で様々な経験をしスキルを身につけ、さらにマネジメントも経験してきたという人。

新卒で入社した人に対してもそういった人になっていくことを想定、期待していますし、中途採用の際にもそうであることを求めます。

ところが未経験者になってしまうと、仕事の経験がなく直接生かせるスキルはない、前職でマネジメントを経験してきたとしても新たな仕事の経験がない時点でマネジメントさせることはできないとなってしまい、想定とはかけ離れた人材になってしまいます。

企業が40歳以上の男性を避ける理由

企業が40歳以上の未経験者を避ける理由として、上述したように想定している40歳とかけ離れているという点が挙げられますが、他の理由もいくつかあります。

企業が40歳以上の人に抱いている印象というのは以下の通り。

  • 仕事のやり方が固まり柔軟性が低い
  • 物覚えが20代に比べると悪い
  • 若手層に比べて経験は豊富でスキルも高い

もちろん人によって違いはあるでしょう。40代だからと言って20代の人より柔軟性もあって物覚えも早く、例え未経験の仕事に就いたとしてもすぐ対応することができる人なんていうのはたくさんいます。

しかし履歴書や数回の面接だけではそこまで見極めることは不可能です。それ故にその個人がどうかではなく、一般的な考え方を参考にして選考することも致し方ないのです。

さらに女性に比べて男性の方が下手にプライドが高いといった点もマイナスになってしまう点として挙げられます。

また今後働いていける年数というのも重要になってきます。

例えば25歳であればまだ35年は働くことができます。最初の数年で仕事を覚えあ徐々にステップアップ、将来的には管理職として部下をまとめる立場にたってもらうなんてことも考えることができます。

しかし40歳ともなると残りは20年。その20年で仕事を覚え徐々にステップアップしいずれは管理職になんていうのはなかなか想定できません。

企業側も入社した人が全員管理職になることは想定していませんが、少なくとも可能性のある人を採用し優秀な人を見出したいと考えますから、最初から可能性がなくプレーヤーでとどまるとわかりきっている人というのは採用に消極的になってしまいます。

未経験職種でも転職可能となるのは

とはいえ40歳で未経験の仕事に就くことは全く不可能というわけではありません。

その理由は人材不足。特に昨今のように企業の人材不足が顕著となっている中では40歳だから、未経験だからなんてことを言っていられない企業も増えています。

人が集まらない仕事

企業が求人募集する際にかける条件として、経験者のみ、経験不問だが年齢制限あり、経験不問かつ年齢不問という3パターンがありますが、この順に応募者は集まりやすくなります。

転職市場で人気があるような企業、職種であれば厳しい条件を課しても人は集まりますが、そうでないなら経験者のみを採用したいと考えても人が集まらないので企業も妥協をします。

実際、転職市場で人気があるような知名度の高い大企業や研究職や企画職未経験者採用が行いません。

条件を課すと思ったように人が集まらないような企業や不人気職種などでのみ40歳で転職可能となります。

職種に関していうと人気という面だけではなく、需要の量も関係してきます。例えば営業職なんかはどの企業でもそれなりに多い人数を欲するので未経験者採用を行っている企業が多いです。

未経験でも前職の仕事を生かすことができる

仕事の中には、その職種の経験が未経験であっても前職での経験が直接生かせるような仕事であれば40歳でも採用が可能という場合もあります。

例えばコンサルなんかだとコンサル自体の経験はなくても、前職で培った豊富な専門知識や業界知識などが重宝される場合もあります。

企業が求めるのは職種としての経験ではなく、その仕事をこなしていく中で必要な知識を持っているかどうかです。たとえ職種が違ってもそれを持っているならば転職は可能となる可能性は高くなるでしょう。

まとめ

簡単にまとめてみましょう。40歳男性が未経験の仕事に転職が可能となるのは以下のような仕事です。

  • 中小企業などの転職市場であまり人気のない企業
  • 需要は多いが不人気の職種
  • 前職での経験が直接生かせる仕事

転職したことで失うもの

40歳で未経験の仕事に転職した場合に失うものというは多いです。

まずわかりやすいのが年収。これまで経験しばりばりできる仕事から未経験の仕事に行けば会社への貢献度は落ちてしまうので年収は下がってしまって当然です。

また入社できる企業もあまり人気のない中小企業。当然平均賃金は低い場合がほとんどです。

また休みが少なくなるといったことも考えられます。

人気がない理由は給料が低いという点だけでなく、休みが少ないとった理由である場合も多々あるからです。

入社後の大変さ

40歳で未経験の仕事に就くことの大変さというのは転職活動だけではなく入社後にもまっています。

新たな仕事を覚える大変さ

未経験の仕事に就く場合であっても、以前までの仕事の経験が全く生かすことができないなんていうことはありません。

ただその仕事特有の専門的な知識については当然覚えて行かなくてはならないし、会社独自の仕事のやり方も覚えていかなくてはなりません。

しかもそれは新入社員として入社した社員よりも早いスピードで覚えて行くことを求められます。

年齢が高くなるほど新たなことを学ぶことは難しくなってくると言われていると中で、若い人よりも短い期間で仕事を覚えなくてはならないというのはとても大変なことです。

周囲の冷たい目、人間関係の難しさ

40歳の未経験者は周囲から冷たい目でみられることを覚悟しておかなくてはなりません。そして人間関係を構築していくことも難しくなります。

同じ職場の人に質問しても若い人と同じように優しく答えてもらえることも少なくなるし、違う職場の人や関連会社、顧客などからは年齢が高いというだけでベテランだと思われてしまって高いレベルで会話をされる場合も少なくありません。

また年下の上司や先輩と関係に四苦八苦することにもなるでしょう。それこそ一回りも下のなんて場合もあります。これは相手にとっても非常にやりにくくなってしまう為、距離を置かれてしまうことにになります。

他の人に比べて難しくなるということはあらかじめ覚悟の上、自分からその壁を取り払っていくようにする努力が必要となります。

それでもやりたいと思うことができるか

40歳の男性が未経験の仕事に就くというのはこれだけ大変なことであるというのは転職前に理解しておかなくてはなりません。

ただだからと言って転職は辞めたほうが良いというわけではありません。

今回紹介したようなことを乗り越える覚悟があり、それでもやりたいと思うことのできる仕事なのであれば、ぜひチャレンジしてみるべきだと思います。

特に最近は多くの企業で人手不足となっていて年齢が高く未経験であっても転職ができる可能性は高くなっていますから、この機会を逃すのはもったいないと思います。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。

関連:転職における未経験者採用の考え方。未経験者可の表記に隠されていることとは

関連:40歳でもキャリアアップの転職は可能。成功事例、失敗事例の体験談も紹介。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ