40代のハイクラス転職を成功させる為のコツとは?このまま定年なんてもったいない!

40代のハイクラス転職を成功させる為のコツとは?このまま定年なんてもったいない!

40代の人で現在の仕事に満足している人はどれほどいるでしょうか。

大企業で管理職として勤めていて年収は800万円以上。平均から見ればかなり上のような人は、実は仕事に対して満足していなくても周りに比べると恵まれていると思って割り切って仕事をしているという人も多いのではないでしょうか。

そんな人はぜひ一度転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

40代だと転職は無理だろう、転職してしまえば待遇は悪くなってしまうだろうというのは大きな勘違い。40代であってもハイクラス層には転職のチャンスがかなり転がっているんです。

関連:ハイクラスの転職とは?年収相場や条件、高年収求人の探し方。

関連:高収入の求人多数!エグゼクティブ転職サイト、転職エージェントの特徴やおすすめエージェント

定年まで今の仕事を続けることに納得している?

もしあなたが今の仕事にとてもやりがいを感じていて、この仕事を定年まで続けていきたいと考えているならばそれは素晴らしいこと。

ただ実はこのまま定年まで働き続けることに対して少し不満を抱いているという人も実は多いのではないでしょうか。

もっと高待遇で、もっとチャレンジングな仕事をしていきたい、そんな風に考えたことはありませんか?

今でも平均よりは恵まれているかもしれませんが、その事実だけでは中々満足できませんよね。

もうこれ以上は出世することに期待することができず、ただ同じような仕事ばかりを上司と部下に挟まれてストレスを感じながら仕事をするだけ、これでは何も楽しくありません。

定年までを考えてみると、まだまだ先は長いです。60歳で定年だとして40歳であれば残り20年。大卒で22歳から働いていたとしてもまだ折り返し地点にも立っていないんです。

そんなにも時間があるのに既に割り切ってしまうというのは少々気が早すぎると思いませんか?

40代は転職ができない、転職が難しいというのは違う

今の仕事に対して不満があるのに転職することは考えていないという人の多くが、40代の転職をネガティブに考えてしまっているからだと思います。

40代で転職なんて無理、できても待遇は落ちるだけなんて言う風に考えてしまいますよね。

せっかく今大企業で平均よりも恵まれた待遇で働くことができているのに、わざわざそんなリスクをおかそうなんて考えないのもまあ当然のこと。

ただ40代は転職ができない、待遇は落ちるだけというのは実は大きな間違いなんです。

確かに平均的に見ると20代の方が転職しやすく、年齢が高くなるにつれて転職がしにくくなるというのは事実ですが、あくまでそれは平均であって40代全員がこれに当てはまるわけではありません。

大企業で管理職をしている、管理職ではなくてもその分野のスペシャリストとして働いている、現在年収800万円以上の高待遇で働くことができているという人はむしろ転職しやすく、さらなるキャリアアップは十分に実現することが可能となっています。

40代の転職が難しいというのは、未経験の仕事に転職しようとする場合や平凡なスキルしか持っていない場合。少数派であるハイクラス層で経験者採用を目指す場合はこれに当てはまらないんです。

事実、最近は30代後半から40代のハイクラス層をターゲットにした転職エージェントが複数ある状況。

40代に対する需要がなければこんなにエージェント会社はできませんし、実際求人を見てみると豊富な経験を有した人材の求人がとてもたくさんあることがわかります。

ちなみにこういったハイクラス層をターゲットとした転職エージェントは20代だとむしろ利用できない場合が多くなっています。

20代ではいくら優秀だとしても管理職としての経験、仕事での経験が不十分で、企業が求めている人材に合致しませんからね。

ハイクラス層は転職を考えてみるべき

転職することが必ずしも正しいとは限りません。ただハイクラス層なら40代であっても一度は転職するということも考えてみるべきではないかなと思います。

転職すればより好待遇で働けたり、よりチャレンジができる魅力的な仕事をすることができる可能性が実は転がっているんですから。

その選択肢を持つことができちるのはこれまで努力してきて、現在のハイクラス層という立場を手に入れることができた人のみ。せっかく権利を持っているならば生かさないのはとてももったいないことだと思います。

もちろん転職することはリスクがあることですから、慎重い決断しなくてはなりません。

ただ本当に転職するかどうかは、実際に内定を貰ってから判断すればいいだけのこと。

今より断然良さそうな会社から内定を貰うことができれば転職することにしてみればいいし、だめなら今の仕事を続けることにすればいい、結局やってみなくてはわかりません。

ヘッドハンティングなんて待っていても無駄

ちなみにヘッドハンティングされたいと考えていても待っていても無駄です。

確かにヘッドハンティングされて転職するというパターンもあるにはあるんですが、誰もができることではないんです。

仕事で際立った能力を持っていたとしても、そのことをヘッドハンターに認知して貰わなくては声がかかることはまずありません。

ただ多くの人は外部にまで名前が轟くなんてことにはなることにはなっていないはず。そんな中でヘッドハンティングされるなんてことはないんです。

現在はヘッドハンターも転職エージェントと手を組んでいて、その転職エージェントに登録した人の職歴やレジュメを見ながら声をかけるというのがヘッドハンティングの基本的な流れとなっています。

結局のところ自分からアクションを起こさなければ現状は変わることがないと思ってください。

せっかくだから一度は転職エージェントに相談してみよう

そんなわけでもしもあわよくば転職したいと考えているなら、最低限ハイクラス層をターゲットとした転職エージェントに登録することが必要です。

ちなみにハイクラス層の求人は転職サイトで調べてもでてはきませんから、登録してもあまり意味はありません。

ハイクラス層の求人のほとんどは転職エージェント経由になってしまいますから間違ったやり方をしないように気を付けましょう。

ハイクラス層の転職エージェントとして代表的なものは以下のものが挙げられます。

まず一つ目がJAC Recruitment 。年収600万円以上、30代、40代がメインターゲットの転職支援サービスです。

元々海外発祥の転職サービスなのでグローバル企業や外資系、現地採用にもかなりの強みを持っています。

ここはサポートの評判がとても良いというが特徴。履歴書や職歴所の書き方、面接サポート、企業に関する情報入手などがかなり優れています。

国内の転職支援サービスの中で売上はリクルートエージェント、DODAに次いで第三位に位置しています。

利用者数が多いわけではないのにそれだけの売り上げを生み出しているということは、転職成功をさせる比率がかなり高いんだと思います。

公式:JAC Recruitment 

続いて紹介するのがリクルートが運営しているキャリアカーバー

登録するとあなたの経歴やレジュメを提携しているヘッドハンターを見ることができるようになり、目にとまればスカウトを受けることができます。

また自分で求人を探すこともでき、気になるものがあれば応募を依頼することも可能です。

こちらも現在年収600万円以上の人がターゲット層になっています。

公式:キャリアカーバー

最後に紹介するのはクライス&カンパニー

30代、40代の転職支援サービスであり、特に管理職向け。

求人の7割以上がマネージャークラスのものとなっており、管理職としての経験を生かした転職活動を行うことができると思います。

こちらは私は利用したことがありませんが、コンサルタントの評判は良さそうです。

公式;クライス&カンパニー


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ