40歳でもキャリアアップの転職は可能。成功事例、失敗事例の体験談も紹介。

40歳でもキャリアアップの転職は可能。成功事例、失敗事例の体験談も紹介。

40歳にもなると、仕事で色々と不満を抱えていても転職は無理だからと諦めて今の会社で働き続けることを選択する人が多いかもしれません。

しかし40歳と言えどもまだ20年は働き続けることになりますし、今後定年の年齢が高くなればそれ以上働き続けることになります。本当にそれだけの長い間働き続けることができるでしょうか。

そもそも40歳になると転職することは難しいというのは全員にあてはまる話ではありません。確かに全体的に見れば転職がしにくいのは確かなんですが、人によっては転職によって年収が大幅アップできる場合もあります。

にも関わらず平均的な話だけで転職を無理と決めつけてやる前から諦めてしまっている人がとても多いように思います。

40歳を超えると転職は無理というのは大きな間違い

40歳を超えて未経験の職種に転職しようと思えば確かに難易度はかなり高いです。

これまでの経験を生かすのではなく、これから一から新たに仕事を覚えて行くということを考えた場合には若い人のほうが優先されてしまうのは仕方がないことです。

しかし経験者としての採用ならば必ずしも難しいわけではありません。

確かに管理職としての経験を求められまる場合か、かなり質の高い能力を求められる場合が多いのでハードル自体は高くなるでしょう。

ただ年齢相応かそれ以上の高いスキルを持ち実績を残すことができている人ならば転職市場ではとても重宝される存在であり、転職が可能だというだけではなく、大幅な年収アップ等も実現することができる場合も十分にありえます。

実際に40歳を超えてから転職したところ管理職として採用されて年収が300万円以上アップしたなんて人もいます。40歳でキャリアアップの転職が無理なんてことは全くないのです。

企業にとって他社で培ってきた高い専門性や優れた経験をしてきた人材、実際に他社でマネジメントをしてきた経験がある人材というのはとても貴重な人材であるとともに、欠かせない人材。

40歳を超えていようが高い年収を出してでも入社して貰いたいと考える企業はあるのです。

ようするに40歳であってもキャリアアップの転職は十分に可能。転職すればキャリアダウンしてしまうというのは大きな間違いなんです。

転職できないのではなく、転職する勇気を持てないだけでは?

高い能力を持ち、転職しようと思えばいくらでもできる人、年収アップも可能である人であっても転職には中々踏み切ることができないという人も多いのが40代の特徴。

今の仕事に対し不満を持ち常に仕事を辞めたいと思っているにも関わらず、いざ転職を考えると新しい環境に飛び込むことに対して多大な恐怖心を抱いてしまう為です。

40歳の人にとって転職には相当勇気がいることになるでしょう。多くの人はこの恐怖心を打ち破るほどの勇気を持つことができずにキャリアアップの可能性を捨てて不満があるまま働く道を選んでしまうことになります。

ただ40歳って大卒の人なら会社生活がまだ折り返し地点にもきていない年齢です。入社してから今までの期間以上を会社で過ごしていくことになりますよね。本当にそれでいいのでしょうか。

転職にはチャンスがあるかもしれない、会社に居続けたら経営悪化でまずいかもしれない。そんなことが考えられるのに結局恐怖心だけで現状維持を選択してしまっていいのかというのは改めて考えてみる必要があるでしょう。

もちろんみんなが転職を成功させることができるわけではない

とは言え誰もが希望通りの転職を成功させることができているわけではありません。20代の人に比べてみても希望が叶う可能性というのは低くなるでしょう。

20代の頃は小さかった差も40歳になるととても大きなものになってしまう差。その差は転職に大きく影響してきます。

ただ今の自分の実力でキャリアアップできるかどうかというのは実際にやってみなくてはわかりません。

自分ではたいしたことがないと思っていても企業からは高く評価されることもあります。もちろん逆に能力に自信があるけれど企業から見たら特別評価するようなものではなかったなんてこともあります。

ですからまずはやってみるんです。

とは言え40歳での転職失敗によるリスクはとても大きいもの。家族のこともありますし、またそこからやり直そうと思ってもそれができる可能性はかなり低いです。

その為転職活動は仕事を辞めずに行い、良い転職先が決まってから最終的に転職することを決断するなどリスクを下げる取り組み方は絶対に必要です。

40歳転職の成功事例、失敗事例

ではここでは実際に40歳で転職を経験した人の体験談を紹介していきましょう。

成功事例

私が転職を決めたきっかけはその会社で働き続けることに不安を感じたからです。

ここ数年の経営状態があまり思わしくないにも関わらず社内に変化は見られず、あと20年働くことを考えるととても不安で仕方なかったので転職を決断しました。

転職する時点で既に管理職としての経験が4年あったとのでその経験とともに、プレーヤーとしても経験が豊富であるということを武器にした転職活動になりました。

実際に転職活動を始めてみると、意外にも自分のこれまでの経験やスキルを高く評価してくれる企業が多く、思いのほか転職活動はスムーズに進んでいきましたね。

結果は年収150万円アップ。それでいて前職よりも休みが多いというとても喜ばしい転職になりました。

なぜこんなに転職がスムーズにできたか。それは企業のニーズに対して自分が一致している企業を探した、そして企業が求めている人材と自分が一致すしているということをしっかりアピールすることができたことによるものだと考えています。

失敗事例 

私の転職活動は失敗。結果的に良い企業から内定を貰うことができずに現状維持のままです。

まあ辞めていたわけではありませんから大きな影響に繋がらなかったので良かったかもしれませんが、やっぱり残念です。

私が転職で失敗してキャリアアップできなかった原因として考えられるのは2つ。

  • 会社独自の仕事のやり方が身につきすぎていた
  • 自分の能力に対して前職の年収が高かった

まず一つ目の原因が会社独自の仕事のやり方に染まっていて、どの会社でも通用する能力があまり身についていなかった点。

これは実際に面接官にもはっきりそのやり方ではうちでは通用しないとズバッと言われてしまいましたね。

そして二つ目が前職の年収が高く、さらに年収アップしようと思ったらかなりハードルが高かったという点。

残念ながら転職することはかないませんでしたが、転職活動して駄目だったという事実は私にとってそれほど悪いものではありません。

潔く諦めることができた分、今の仕事に対して真剣に取り組めるようになったという良い面もありました。

転職は自分の力だけでやらないこと

40歳で転職を成功させようと思えばプロのサポートは絶対に必要です。

自分をどうアピールして行けばいいのか、どうすれば自分の市場価値を高めることができるのかなど、転職に関して素人である自分の力では限界があります。

ですから転職の際には必ず転職エージェントのサポートを受けるようにしましょう。

転職エージェントでは非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削、受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また40歳以上のキャリアアップ転職の場合に必ずやらなくてはならないのが年収交渉。これをやるかやらないかで年収は大きく異なってきます。

転職エージェントはその年収交渉も転職希望者の代わりに行ってくれるというメリットがあります。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はして置くべき。転職活動に関して基本となる情報が色々入手できます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。

関連:40歳からの転職は辞めたほうが良いというのは嘘。実はニーズは多くチャンスはある。

関連:40歳代の平均年収、平均貯金額、結婚、趣味について



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ