40歳で月収が手取り25万円しかない。この少ない給料なら転職すべき?

40歳で月収が手取り25万円しかない。この少ない給料なら転職すべき?

何かとお金のかかる40歳。手取り25万円程度だと給料が少なすぎて生活が厳しいと感じている人は多いのではないのでしょうか。

実際、40代の人の転職理由も給料が少なくアップさせる為というのが、常に上位になっています。

ただ40代ともなればそう簡単に転職に踏み切ることはできませんよね。給料が上がると確約されているわけではありませんし。

そこで今回は40歳で手取り25万円はどういった位置づけにあるのか、そして転職すべきなのかどうかについて紹介していきます。

関連:40代で仕事を辞めたい、転職したいと考えている人の為の転職事情。40代はとにかくマッチング。

関連:40歳でもキャリアアップの転職は可能。成功事例、失敗事例の体験談も紹介。

40歳で手取り25万円は少ない?

ではまず40歳で手取り25万円はどの程度なのかについて見て行きましょう。

40歳の平均手取り額

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、40代前半の平均年収は460万円となっています。

ボーナスを3ヶ月分と過程した場合だと月収の総支給額は30万7千円程度。そこから健康保険料などの社会保険料や所得税等の税金が引かれ、手取り月収は25万円程度(※控除額は前年度の年収や家族構成によるので手取り額は推定です)となります。

ただこの数値は女性に多いパート等の非正規社員も含まれた数値なので、男女別にも見てみましょう。

40代前半男性の平均年収は563万円、40代前半女性の平均年収は302万円。

これも同様にボーナスを3ヶ月分と過程すると総支給額は男性が37万5千円、女性が20万1千円。手取りにすると男性は31万円、女性は17万円程度となります。

続いて厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」も見て行きましょう。

これによると、40代前半男性の賃金は35万9千円、女性は26万2千円となっており、手取りでは男性が30万円、女性が22万円程度になります。

40歳で手取り25万円はどれくらい?

これらの結果を見ると、まず男性で正社員として働いている場合だと、手取り25万円というのは平均よりも5万円~6万円程度少ないということがわかります。

また女性の場合だとパート等短時間勤務の人の割合がかなり高いので、一見すると平均以上のように見えますが、正社員として限定した場合だと決して恵まれているとは言えません。

ちなみに厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、40代前半男性の賃金分布は以下の通りになっています。

  • 16万円未満・・・1.6%
  • 16万円~18万円未満・・・2.0%
  • 18万円~20万円未満・・・2.8%
  • 20万円~22万円未満・・・4.1%
  • 22万円~24万円未満・・・5.1%
  • 24万円~26万円未満・・・6.3%
  • 26万円~28万円未満・・・7.0%
  • 28万円~30万円未満・・・7.7%
  • 30万円~32万円未満・・・7.8%
  • 32万円~34万円未満・・・7.3%
  • 34万円~36万円未満・・・7.0%
  • 36万円~40万円未満・・・11.9%
  • 40万円~45万円未満・・・10.1%
  • 45万円~50万円未満・・・6.8%
  • 50万円~60万円未満・・・6.9%
  • 60万円~70万円未満・・・2.9%
  • 70万円~80万円未満・・・1.1%
  • 80万円~90万円未満・・・0.5%
  • 90万円~100万円未満・・・0.2%
  • 100万円~120万円未満・・・0.2%
  • 120万円以上・・・0.3%

中央値は32万円から34万円。

手取り25万円だと総支給額はおよそ30万円程度となり、これは下から36%の範囲に入っています。

生活を考えると正直厳しい

毎月の手取りだけでは、収入面で低いかどうかというのは判断することができません。

毎月の給料は少なくてもボーナスが多くて年収が男性の平均である563万円どころか、600万円を超える人だっていますからね。

ただたいていは月収が低いとボーナスが低いのが一般的。

手取り25万円だと年収は400万円~500万円、中にはボーナスゼロで年収が400万円を切るという人もいるでしょう。

40歳でこれだと生活は正直厳しいですよね。

子供の学費に親の介護、何かとお金がかかるので結婚している人だと共働きをしている人が多いでしょう。

40歳からでも転職はすべき?

40歳で手取り25万円は平均から見ても低い数字。

ただそのまま今の会社で働き続けたとしても、正直給料が上がっていく見込みがあまりありませんよね。

そうなると考えるのは転職。手取りを増やそうと思ったらそれしかありません。

とは言え40歳という年齢での転職は躊躇してしまう人がほとんどでしょう。

転職35歳限界説なんて言葉もあり、40歳での転職は無謀すぎるのではないかと思ってしまいますからね。

そんな中でも転職はすべきなのでしょうか。

転職にチャレンジしてみる価値はある

確かに20代、30代に比べると40代での転職は厳しくなります。

ただ現在の状況を鑑みると、それでも転職にチャレンジしてみる価値は十分にあると言えるでしょう。

現在は多くの会社で人手不足が深刻化している状態となっており、転職市場は超売り手市場。

ミドル層の転職市場が活発化し転職成功者の年齢も上昇。転職成功者のうち40歳以上の人が15%以上となっており、転職を成功させることが出来る可能性は以前に比べるとかなり高くなっています。

手取り25万円は元々平均よりだいぶ低い金額。それ故に今より給料を増やすことは、とてつもなく難しいなんてことはありません。

ただしリスクを抑えた転職活動が必要

とは言えそれでも40歳。20代に比べれば転職が上手くいく可能性は低いのが現実です。

だからこそ転職活動はできる限りリスクを抑えて行わなくてはなりません。

そしてリスクを抑えた転職活動の基本は在職中に行い、転職先が決まってから仕事を辞めること。

次の仕事が決まり、そして給料もアップすると分かった上で転職すれば、40歳からの転職と言えども失敗はそれほどありません。

給料にこだわりすぎることのデメリットも知っておく

手取りが少ないことで転職するわけですから、転職先を選ぶ際にまず重視するのは給料ですよね。それ自体は問題ありません。

ただ給料にこだわりすぎ、他の面を疎かにしてしまうのはかなり危険。

休みが極端に少なくなったり、残業がとてつもなく多くなったりすると、人によってはその仕事が長続きせず、結局再転職を余儀なくされてしまう場合があります。

ですから転職活動中には給料に重きをおきながらも、他の点もしっかり見極めながら転職先を見つけましょう。

40歳からの転職活動に向けて

40歳というミドル層の転職活動で最も苦労するのは応募する企業を探すことです。

求人票には応募条件に年齢が書かれていなくても、実際には年齢制限が課されており、20代、30代前半でなくては応募しても絶対に受からないものもたくさんあります。

もちろん企業によってはミドル層の経験が厚い層を狙っている求人もありますが、割合はかなり少なくなっています。

その為、むやみやたらに受けたところで前者ばかりに応募してしまって不採用続きになるだけ。転職を成功させる為にはいかに後者を見つけて応募するかにかかっています。

ただそれは自力でやろうと思っても中々難しいのが現実。求人票からは中々読み取れませんからね。

そこで利用しておきたいのが転職エージェント。

転職エージェントはその人に受かる可能性がある求人を紹介してくれますから、最初の仕事選びの手間がかなり低くなるとともに、成功率も高まります。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はして置くべき。転職活動に関して基本となる情報が色々入手できます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. JAC Recruitment

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

JAC Recruitmentは業界3位の年収600万円以上のミドル層、ハイクラス層を退職にした転職支援サービス。

大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、他に比べて高年収なものが多数揃っているのが特徴。

求人の質はもちろん、コンサルタントの質が高いと評判ですからキャリアアップを希望している人は合わせて使ってみるといいでしょう。

■公式サイト:JAC Recruitment

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ