新卒3年以内に仕事を辞めて良かったこと。思っているより悪いことばかりではない。

新卒3年以内に仕事を辞めて良かったこと。思っているより悪いことばかりではない。

新卒で入社した会社が思っていたものと違い、仕事を辞めたいと感じている人はたくさんいると思います。

しかし実際は辞めたくても、後悔するのではないか、勿体ないのではないかと不安が勝ってしまい全く動くことができなくなってしまっている人は少なくないでしょう。

ただ果たして本当に何もしないことが正しいのでしょうか。

確かにその不安通り仕事を辞めて後悔する人も少なくありません。

しかし一方で仕事を辞めて良かったという人の方も多く、むしろ多数派です。

そこで今回は新卒で仕事を辞めて良かったことを紹介します。今仕事を辞めたいと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

新卒3年以内の退職、言われているほど悪いことばかりではないかも

新卒3年以内に仕事を辞めることに関しては、正直言ってあまり良い印象を持たれてはいません。

年齢が高い人からは甘えだ、逃げだ、勿体ないという意見を持つ人が多いし、新卒者にとってもせっかくの新卒カードを捨てる勿体ない、早々に転職してしまうと後悔しそうで不安だという意見を持っている人が多いです。

ただ本当にそうでしょうか。

確かに仕事を辞める理由が単なる甘えによるもので転職したところで実は何も変わらなかった人もいるし、辞めなきゃ良かったという人もいます。

ただそんな人ばかりではなく、多くの人は仕事を辞めて良かった、転職して良かった、そう感じている人が多いです。

ようするに新卒であっても仕事を辞めることが必ずしも悪いことではないんですよね。

新卒3年以内に仕事を辞めて良かったこと

では実際に新卒で仕事を辞めた人は、どういった点で辞めて良かったと感じているのでしょうか。

いくつかその例を紹介していきます。

次のキャリアを築きやすかった

まず一つ目が次のキャリアを築きやすい点。

それなりに長く働いた後に新たな会社で未経験の仕事をする場合、同年齢の人に比べて転職後の仕事に関してはかなり差がついてしまうことになる為、転職してもその先キャリアアップして行くことは難しくなります。

その反面、入社してからすぐであれば同年代との差も少なくすぐに追いつき追い抜くことが可能。

その仕事でのキャリアに関して大幅なマイナス状態でスタートする必要がなくなる為、次のキャリアを築きやすくなります。

選択肢が多かった

新卒で入社してすぐに辞めてしまうとまともな会社に転職することはできないなんていう風に考えている人も少なくないかもしれませんが、決してそんなことはありません。

現在は新卒3年以内の人を対象にした第二新卒転職が活発になっており大手企業も積極的な採用をしています。

以前までは単に新卒で採用した人が辞めたから採用しているだけでしたが、最近はあえて枠を作って採用活動を行っているのです。

そして未経験の仕事に転職する場合に関して言えば、仕事を長く続けた場合よりも選択肢は多くなります。

20代後半、30代になるにつれて人気職種だと求人がかなり少なくなってしまいますが、第二新卒であれば様々な職種を選択することができる為、その分希望を叶えやすいのです。

2つの会社で働いた経験によって視野が広がった

たった一つの会社で働いているだけでは、何が当たり前で何が当たり前ではないのかが中々わからないもの。

2つの会社を経験して比較できる立場になったからこそわかること、見えてくることはやはりあるものです。

若いうちに視野を広げておくことは非常に大切なこと。

実際30代、40代で20代のうちに視野を広げておけば良かったと後悔する人は少なくありません。

やりたいことを実現できた

配属が希望通りのものと違っていた、就活で失敗したなど様々な理由で、やりたいと思っていた仕事ができなかった人は少なくないと思います。

前者であればいずれは異動するという手段もありますが、その異動が希望通り実現する可能性は低く、結局やりたいことを諦めるしかなくなる人が大半です。

最初は希望の仕事と違っても続けていればやりがいを感じれるようになる、とりあえず数年は頑張ってみるべきだなんて言う人もいます。

ただ数年頑張ってダメだった時にいざ転職しようと思っても転職の選択肢は少なくなっているし条件ダウンの覚悟が必要。

やりたいことが決まっているならば早い段階で転職に舵を切るのは決して悪くなく、実際転職によってそれが実現できた人は多いです。

条件がアップした

3年以内に転職すると給料は下がる、休日数などの条件面も悪くなると思っている人が多いかもしれませんが、あながちそういうわけではありません。

元々好条件の大手企業に勤めていて2年目、3年目でそれなりに昇給している人であれば給料が下がってしまう場合が多いですが、月給が16万円から20万円に上がった人など給料が上がる人も少なくありません。

また給料以外では休みが増えたなど労働条件が改善された人もたくさんいます。

ストレスが減った

仕事がつまらない、残業が多すぎる、人間関係が上手くいっていないなど会社生活で感じるストレスから転職することによって解消された人もたくさんいます。

一つの会社では仕方がないこと、当たり前のことなんて言われていても、実際はそんなことないことなんて山ほどあるのです。

自分のキャリアについてよく考えるようになった

今後どんなキャリアを築いていきたいか、どうなっていきたいか。

一度転職したからこそ考える機会に恵まれます。

若いうちにこれを考えるようになれるのは大きなメリット。

年齢が高くなってからどうなりたいと考えても実現するのが難しくなってしまいますからね。

実は30代には若いうちに転職しておけば良かったと感じる人が多い

livedoorニュースによると、30代男性が20代でやるべきだったと後悔していることが以下のようになっています。

  1. 資格取得
  2. 語学の勉強
  3. ITスキルを磨く
  4. 定期的に運動する
  5. キャリアプランを明確に持つ
  6. 副業
  7. 転職する
  8. 趣味を極める
  9. 定期的に読書する
  10. 社外の人脈を築く

転職は7位にランクインしています。

その理由として挙げられているのが20代の方が選択肢があった、20代のうちに違う仕事に変えておくべきだったというもの。

確かに転職しなきゃ良かったと後悔することもあるでしょう。

しかし逆に転職しておけば良かったと感じている人もたくさんいるのです。

3年以内でも転職は一つの選択肢。

否定的な意見も確かにある新卒3年以内の転職ですが、実際は以下のような良かった点が挙げられています。

  • 次のキャリアを築きやすかった
  • 選択肢が多かった
  • 視野が広がった
  • やりたいことができた
  • 条件がアップした
  • ストレスが減った
  • キャリアについて考えるようになれた

決して悪いことではなく、転職は一つの選択肢として十分ありだということがわかります。

むしろ盲目的にリスクを恐れて転職せずにだらだら働き続けるほうが、長い目で見た時に後悔する可能性が高いかもしれません。

もちろん転職するかどうかを決断するのは慎重になるべき。

ただ仕事を辞めたいと考えているならば少なくともまずは転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

転職活動は転職サイト、転職エージェントを利用

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ