新卒入社3年目で会社を辞めたい人は多い、転職活動はどうなる?

新卒入社3年目で会社を辞めたい人は多い、転職活動はどうなる?

新卒入社3年目。

このタイミングで会社を辞めたいという気持ちが爆発する人は多いです。

そして、この年にどういった選択をするかによって、今後のキャリアがどうなっていくかも変わってきます。

今回は、新卒入社3年目で会社を辞めたいと思う理由や、転職について紹介していきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

スポンサーリンク

新卒入社3年目で会社を辞めたいと思う理由

様々な理由から3年目のタイミングで会社を辞めたいと思う人は多いです。

では、どういった理由でそのように思うのでしょうか。

仕事がわかってきた

3年目になると、仕事も徐々にわかってきて自分一人でこなせるようになってきます。

先輩に教えられながら、怒られながらやってきた仕事も、自分一人で、ある程度の責任を負いながら、日々の仕事を行っていくようになっているでしょう。

また、1年目、2年目だとがむしゃらにやるだけでわからなかった部分も、仕事を経験したり、周囲の仕事を見ることで、今後のキャリアを想像できるようになってきます。

しかし、そうなることでこの仕事が自分のやりたい仕事ではないと自覚してしまったり、このまま働き続けてもだめだと思ってしまう場合もあります。

自分の立ち位置がわかってきた

3年目になると、大方自分が会社内でどういう立ち位置にいて、出世できるのか、そうではないのかがわかってきます。

多くの会社では、最初についた評価でその後が決まってしまうこともあり、、低い評価がついてしまうと覆すのが困難となります。

入社3年目で、それがわかってしまったことによって、もうこの会社にいても仕方がないと思う人も少なくはありません。

周囲と差が付き始めた

入社時の給料は、会社が違っても一部の企業を除いてあまり変わりません。

しかし、入社3年目になると、昇給のある会社では多くの給料をもらい、そうでない会社だと、1年目の給料とそう変わらないという場合があります。

すなわち、入社した会社によって大きな差がでてくるのです。

また、給料だけでなく、休日数、仕事の大変さ、仕事内容といった面で、学生時代の友人と話した時に、羨ましく思ってしまうことも少なくありません。

それでも自分の仕事に誇りを持てていればいいのですが、なかなかそうもいかず、転職を決断する人もいるでしょう。

会社の雰囲気がわかってきた

1年目では、仕事も覚えていないし、周囲もあまり見えていません。

それが入社3年目になると、周囲の状況が見えてきて、時に会社の悪い面がよく見えてくるようになります。

また、入社時点で、自分に合わないけどいつかは慣れるだろうと思っていても、

働き続けた結果、やはり自分には合わないという結論を持ってしまう人もいます。

成長ができない

この会社にいても、自分は成長できない。

それが会社を辞めたいと思う理由にあげる人もいます。

入社1年目、2年目だと仕事を覚えていくことで、自分が成長しているという実感を持ちやすいです。

しかし、ある程度仕事を覚えた入社3年目では、自分の成長が止まっていると思ってしまうこともあり、

さらに先輩や上司の姿を見ていても、この会社では成長してきくことができないと思ってしまうこともあります。

実際、働く理由を自分自身の成長の為とする人も多く、また会社を辞める理由でも自分の成長を望めないということを上げる人もたくさんいます。

とりあえず3年の3年目

とりあえず3年は働けと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

その為、仕事が自分のやりたいことではなくても、労働環境が悪くても、3年は働こうと頑張っている人もいるでしょう。

そして、いよいよ3年目。

あと1年というタイミングで、会社を辞め転職を意識する人も多いでしょう。

会社を辞めることを一度意識すると、会社を辞めたいという感情はより強くなります。

仕事が辛くなってくる

3年目は仕事ができるようになってきたが故に、仕事が辛くなってくる年齢でもあります。

後輩もできて、上位や先輩との間にはさまれることも起きたり、それなりに責任の重い仕事を任されるようになってプレッシャーを強く感じることになってしまったり。

その辛さに耐えることができずに、辞めたいと思う人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

転職するか、それとももう1年働いてみるか

とりあえず3年の3年目。

会社を辞めたいけど、あと1年は頑張ったほうがいいのか、それともさっさと会社を辞めて転職したほうがいいのか。

もう無理、辞めるしかないと自分で決断できているならばいいのですが、辞めて転職するかどうか悩んでいる人も多いでしょう。

そんな時は、以下の項目でどちらにあてはまるか考えてみてください。

  • 同じ仕事をしたいけれど会社を辞めたい
  • 違う仕事に就きたい

同じ仕事をしたいならば、もう1年、仕事を続けたほうが、転職はしやすいと言えます。

なぜなら、転職時には3年の経験がないと、経験があるとみなされないことが多いからです。

もちろん、絶対ではありませんが、同職種への転職であるならば3年の経験は持っておいたほうがいいです。

一方、違う仕事をしたいならば1年待たずに転職したほうがいいです。

違う職種への転職であれば、第二新卒という枠での転職のほうがやりやすいからです。

第二新卒としての転職はこれまでの経験ではなく、その人のポテンシャルを見られますので、経験が無くても転職しやすいという面があります。

対象が入社1年目から3年目までとなっており、4年目以降になると通常の中途採用枠で、経験者と枠を争うことになる為、厳しくなりますから、全員が未経験者と判断される中で争う第二新卒としての転職のほうがやりやすいです。

とは言え、どちらにしろまずは転職活動をしてみることをお勧めします。

転職活動することによって、会社や仕事について視野が広がり、今の自分の仕事についてもよく考えるようになります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:会社を辞めたい入社2年目の人に考えてみてほしいこと

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ