転職して3ヶ月で会社を辞めたいという気持ちが強くなってきたら考えてみるべきこと

転職して3ヶ月で会社を辞めたいという気持ちが強くなってきたら考えてみるべきこと

転職で成功する人がいる一方で、ようやくできた転職も失敗に終わってしまう人も少なくありません。

以前に比べて待遇も環境もずっと良くなって長く働くことができる会社を見つけることができたという人もいれば、思わぬところの落とし穴があって、結局すぐに辞めてまた違う会社にうつる人もいます。

ただ最初の3ヶ月はもし会社を辞めたいと思っても、その勢いに任せて辞めるのではなく、一呼吸置いてみる必要があります。

関連:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

関連:就職後すぐに退職して社会人から大学院に行く場合の注意点。厳密には新卒ではない

転職後の3ヶ月は大変なのが普通

転職後の3ヶ月は、おそらく今後の会社生活においてもトップクラスに大変な時期だと思います。

しんどい、辛いと思うのは当然のことなんです。

新卒のように同期もいない状態で周りは知らない人ばかり。システムも知らなければ、会社の雰囲気もわからない。

入社初日から1週間くらいは環境に慣れるのに精いっぱいで、何をすればよいか、どう動けばいいかわからない。それに人間関係を築くには1ヶ月以上かかるのは当然。

それでいて入社してから時間がたてばたつほどに仕事に対するプレッシャーも受けて早く慣れなくてはと焦るようになってくる。

こんな風に最初の3カ月はずっと気を張った状態で過ごすことになるのがむしろ普通のことです。

また、多かれ少なかれ入社前にイメージしていたこととギャップは感じますし、周りが忙しくてなかなか仕事を教えてもらえないなんてこともあるでしょう。

経験者であったのに仕事がなかなかできるように悩むこともあるかもしれませんが、人間関係も変わり、システムも変わればすぐに仕事ができるようになんてならないし、慣れるまで時間がかかるのは仕方がないことです。

ただ、そのことを上司なり同僚なりが理解していないと、経験者だからすぐ仕事ができるようになると決めつけてたいして仕事を教えることなく、たった1ヶ月、2ヶ月でプレッシャーをかけてくることもあります。

転職した会社に3ヶ月以内に慣れることができるなんて人はそんなにいないと思います。半年、1年くらいは必要になるのはなんらおかしなことではないのです。

会社を辞める前に知っておくべきこと

とは言え、どんな会社に転職しても3ヶ月辞めるかどうかを判断するべきではないということではありません。

十分辞めるに値する理由を持っている人もいるでしょう。

ですから、会社を辞めるかどうかはじっくり考えなくてはなりません。

せっかく頑張って転職活動をして入った会社をたった3ヶ月で辞めて後悔しないように、以下のことを考えてみてください。

本当に会社を辞める覚悟はあるか

入社して3ヶ月で会社を辞めたという職歴、そして転職回数の増加は今後の転職活動において不利になる要素になります。

またすぐに辞めた経験によって、今後もちょっとしたことですぐ辞めてしまう人間になってしまうということもありえないことです。

そういったことを踏まえて、短期離職する覚悟はありますか?もしかしたら次の転職活動では今のレベルの会社から内定を貰うことは不可能かもしれません。

自分の否を理解しているか

3ヶ月で辞めることになったということは、少なからず自分にも否があることです。

人間関係にしろ、仕事内容にしろ、待遇にしろ、職場環境にしろ、全ての責任が会社にあるのではなく、自分自身にもあるのです。

何より、その会社に入ることにしたのは自分自身ですからね。

その自分の否を理解することができていないと、再度転職しても結局同じようにする辞めたいと考えてしまうだけです。

一時的なものではない自信があるか

上述したように、最初の3ヶ月というのはまだ会社に慣れることができていない段階であり、今後も働き続けることで解消されていくということは非常に多いです。

人間関係が徐々にできてきて仕事がしやすくなる。仕事の進め方に慣れてきてそれまでの経験を活かせるようになる。会社の雰囲気に慣れてきて過ごしやすくなるなど、時間の経過が多くの悩みを解決してくれます。

もしもあなたが会社を辞めたいと思っている理由が、まだ3ヶ月しか働いていないからだというものであるならば、続けるという選択もありではないでしょうか。

転職先が見つけてからではだめなのか

上述したように、短期離職によって次の転職先は見つかりにくくなってしまう可能性が高くなります。

ですから、できることならば会社を辞めてから転職活動を始めるのではなく、すぐに転職活動を始めて転職先が決まってから転職することをおすすめします。

すぐに辞めることを考えるのではなく、転職先が見つかってからではだめなのかということを考えてみてください。

無理はダメだが我慢は必要

3ヶ月だからと言って会社を辞めるに値する理由はあり、辞めるかどうかを決めるのは自分自身です。

パワハラがあったり、あまりにも多くのサービス残業を強いられたり、内定時に聞いていた条件、仕事内容と全然違うなど、入社後に気付いたことで許しがたいもの、耐えがたいものもあるでしょう。

そんな時は決して無理する必要はありません。思い切ってまた転職したっていいと思います。

ただ、多少なりとも我慢は必要です。全てが自分の思い通りに動くことはまずありませんし、転職するからには自分から慣れる努力も必要なことです。

転職エージェントにアドバイスしてもらうのもあり

場合によっては転職エージェントに相談してみるというのもいいかもしれません。

短期離職という不利な条件がある中でどういった転職をすることが可能かということを判断することができますし、キャリアの相談もすることが可能です。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ