23歳、27歳、32歳、合計3回の転職経験で得たもの、失ったものとは?

23歳、27歳、32歳、合計3回の転職経験で得たもの、失ったものとは?

今回紹介する転職経験者の方は、これまで3回の転職を経験をされた男性の方です。

転職回数が3回と聞くと、多いという印象を持たれる人もいるかもしれませんが、実際はそれくらいの転職を経験しているという人は決して少なくありません。

話を聞いていくと、3回の転職によって得られたものもあれば、失ったものもたくさんあるそうで、もしこれから転職をしようと考えている人にとっては参考になrかもしれないので、ぜひ読んでみてください。

関連:私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

関連:23歳での第二新卒転職体験談、成功例と失敗例から見る成功に向けたコツ

23歳、1回目の転職

私が一番最初に転職したのは、大学卒業後に入社した会社で約1年働いたくらいのことでした。

元々就職活動はそれほど力をいれていなかったのですが、大学の推薦で入社できる会社があったので、まあそれでいいかと安易に仕事を決めていました。

正直、仕事なんて何やっても一緒だろうし、年収は高いしまあなんとかなるだろうと舐めていましたね。

そして実際に働きだすと、仕事はつまらないし、やりがいなんて何もありません。ここで初めて自分は何がやりたいのかということを真剣に考えるようになりましたね。

そんな風に仕事を続けていることがこれほど苦痛で仕方がないものだとは、思ってもいませんでした。

そして、私はさっさと転職することにしました。

転職体験談

とりあえずは3年働けということは昔から言われていることでしたから、たった1年で転職しようとしたことに対して反対されることもありましたが、まあ正直あまり聞く耳は持たなかったです。

あまり後ろ向きに考えるタイプではないということも理由にはありましたが、別に会社を辞めずに転職活動するならリスクは何もないと思っていたし、何より今の仕事をしているのが最悪な状態であって変われるならなんでもいいという思いもありました。

転職活動自体は、予想に反してかなり短期間で簡単に決まりました。

転職エージェントに登録して1週間後には面談。その時に何社か応募できる企業を紹介してもらってそのうち4社に応募。

履歴書を書いたのち、エージェントに添削してもらって3社が書類選考通過。そして面接でそのうち1社から内定を貰って転職活動終了といった形です。

自分でも、たった1年で会社を辞めている時点でかなり厳しいとは思ってはいましたが、想定外にすんなり行きました。

正直、この転職活動はあまり力をいれた記憶がありません。履歴書もエージェントに頼りっぱなしだったし、面接の練習もたいしてしませんでした。

それでもなんとか受かったので本当に良かったです。

ちなみに転職前の企業と転職後の企業を比べてみるとこんな感じです。

  • 企業規模・・・大⇒中堅
  • 年収・・・変わらず
  • 休日数・・・変わらず
  • 残業時間・・・変わらず(月30時間程度)
  • 会社の平均年収・・・600万⇒500万
  • 職種・・・まったく違う
  • 業種・・・まったく違う

得たもの、失ったもの

転職したことで得たもの、失ったものはやっぱりあります。

得たものは、自分でちゃんと選んだと仕事だった為、やりがいもあったし、自発的に仕事に取り組めるようになったということでしょう。

失ったものは、周囲から見れば色々とあるかもしれません。

企業の規模も小さくなったし、若いからまだ年収に差はないもののいずれは年収に差がついてくるでしょう。

ただ、自分の中ではあまり失ったという認識はありませんでした。元々その会社で定年まで働き続ける気はなかったので、将来のことをあまり気にしていなかったのです。

ただ、唯一失ったなーと感じたのは、同じ立場で話すことができる仲間の存在です。

新卒で入社した会社だと、同期がいて何か困ったことがあると聞くことができたり、愚痴を言い合えたりする存在がいました。しかし転職するとそういった仲間がいなくなってしまいました。意外にこれが辛かったです。

27歳、2回目の転職

最初の転職から約4年。2回目の転職の機会がおとずれました。

元々最初に転職した時点で、その会社に定年まで居続ける気はなかったので、いつかは転職しようと考えていました。

なぜこのタイミングだったかというと、それほど特別な理由はありませんでした。職場の環境に不満はなかったし、仕事自体にもそれなりにやりがいは感じていました。

ただ、若干飽きてきたという感情があったことと、20代のうちにもう一度転職しようかなと考えていた為、とりあえず転職活動をしてみることにしました。

転職体験談

2回目の転職は、1回目の転職と違って予想以上に苦戦しました。

正直、1回目に簡単が決まった経験があった為、まあすぐ決まるだろうなんていう風になめていましたが、転職サイト経由、転職エージェント経由で応募したものがことごとく不採用となりました。

最終的には20社程度受けたと思います.

20代で2回目の転職ともなると厳しくなることが多いというのは後で知りました。厳しくなるにも関わらず、何かと手を抜いたりしていたので、まあ受からないのも当然のことだったと言えるかもしれません。

ただ、一番悪かったのは受からない時点で、転職することを辞めるでもなく、自分を改善するでもなく、受かりやすい企業を受けることになってしまったことです。

転職活動の目的がいつのまにか、単に早く転職先を見つけて転職活動を終わらせることになってしまっていました。

その時の転職エージェントも、条件を下げたりすることを否定することはないし、むしろ推奨して企業を紹介したきたので、止めるものがないまま転職を決めてしまいました。

得たもの、失ったもの

2回目の転職は、失ったものは色々とありましたが、得たものはありません。

仕事の内容もやりがいがないとは言いませんが、わざわざ転職してまでやりたかった仕事ではありませんし、年収は現状維持程度。

条件面で下がったというわけではありませんが、せっかく転職したのに、転職して良かったと思えるものはありませんでした。

一方で、失ったものは色々とあります。

せっかく築き上げた人間関係おそうですし、これまで成果をあげて高評価を得ていたものも意味がなくなりました。

32歳、3回目の転職

2回目の転職でこりた部分は多少あって、あまり転職することを意識せずに働いていたのですが、社内での体制変更や上司が変わって仕事をやりにくくなったことから、転職を考えるようになりました。

ただ、前回の失敗もあった為、転職に対して恐怖心もあったのですが、転職するなら遅くても30代前半というイメージがあったので転職活動に踏み切りました。

転職体験談

3回の転職活動の中では、最も力を入れたのがこの転職活動です。

前回失敗したというのもそうだし、転職自体が3回目と言うこともあって、不利になることが想定されたからです。

応募する企業については、転職エージェントに紹介されたからといって安易に決めずに自分でもじっくり調べたし、履歴書は何度も添削してもらったし、面接の練習も複数回行いました。

その甲斐あってか、転職は想像以上にすんなり行きましたし、受かった企業もまさか入れないだろう、でも挑戦するだけ挑戦してみようと思っていた会社でした。

転職前の企業と転職後の企業を比べてみるとこんな感じです。

  • 企業規模・・・中堅⇒大
  • 年収・・・500万円⇒800万円
  • 休日数・・・変わらず
  • 残業時間・・・変わらず(月30時間程度)
  • 会社の平均年収・・・500万⇒800万
  • 職種・・・同じ
  • 業種・・・違う

私が転職活動をしている中であ、3回目ということで転職活動の不利さは感じませんでした。

転職エージェントの担当の方から言われたのですが、転職回数が多くてもその内容に一貫性があれば、それほど気にするものではないし、プラスの方向にもっていくことすらできると言われました。実際、面接等でもそのように感じました。

得たもの、失ったもの

3回目の転職で得たものは、条件面での向上です。特に年収で大幅アップを実現でき、はっきり言って想定していた以上でした。

それでもやっぱり失ったものはあります。転職して新たな環境に行くという時点で、これまで慣れてきた人間関係、仕事のやり方からは離れなくてはならず、また一からスタートです。

これまでの転職で感じていること

これまで、なんだかんだ紆余曲折して、最終的に今の会社に落ち着いているわけですが、これまでの転職経験を振り返ってみると総じて良かったということが言えます。

まあ最終的に現在働いている会社が新卒で入社した会社よりも条件も良いから言えることかもしれませんが、様々な会社で色々と経験できたというのは自分にとって大きなメリットです。

もし、これから転職しようかどうか悩んでいる人がいるならば、私は迷わず勧めますね。

もちろん転職活動は失敗する可能性があるものですが、別に失敗したって取り戻すことができるものですし、悩んでいる時点でもう転職しなければいつまでもその悩みを抱えて苦しむことになってしまうのですから。

最後に

今回紹介したのは単に一例にすぎず、あなたの転職がどんな転職になるかはあなた次第です。

ただあらかじめこれまでの経験者がどういった点で失敗してきたかを知っておくと、未然に防ぐことにつながりますからどうぞ参考にしてみてください。

また、転職を成功させる為には、転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:2回目、3回目の転職を成功させる為にしなければならないこと

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ