38歳でも転職はできる。キャリア採用、未経験者採用のパターン別転職活動。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

38歳でも転職はできる。キャリア採用、未経験者採用のパターン別転職活動。

会社が倒産したり、リストラされてしまったりすれば、年齢が何歳だろうと転職しなくてはなりませんし、必ずしもする必要がなくたって転職したくなることだってあります。

ただ、転職するなら若くないとだめ、38歳ともなるとまともな転職ができない。そんな風に考えている人も多いかもしれません。

しかし、全くそんなことはありません。

もちろん20代、30代前半とは転職活動のやり方を変えていく必要があります。ただ転職活動をする前から諦めてしまっていたり、正社員になることを諦めてしまうというのは大きな間違いです。

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?

35歳転職限界説は間違い、38歳でも転職はできる

転職市場において、35歳限界説という言葉があります。35歳を超えると男性であろうと、女性であろうと関係なく、転職することが急激に困難であるという意味合いで使われています。

確かに昔はそうだったのかもしれません。しかし、現在はこれが全くの間違いになっています。

転職で成功した人の平均年齢は年々上昇していて、数年前に29歳程度(男性29.5歳、女性27.5歳)だったのが、現在は32歳以上(男性32.9歳、女性29.7歳)になっています。

35歳以上の転職成功者の割合も高くなっており、以前は30代後半が8.0%、40歳以上が2.5%であったのに対し、今は35代後半が14.6%、40代以上が15.1%とミドル層の転職成功者の割合が増えています。

実際に転職する人の割合は20代の人が多い中で30代後半で転職を成功させた人がこれだけの割合をを占めるわけですから、限界説なんてもう全くないことがわかります。

参考:DODA「転職成功者の年齢調査」

転職は無謀な選択ではない

この結果から見ても、38歳で転職することが無謀だなんてことはありません。

今後も成長が期待できる、柔軟性があると考えられている若い人材ではなく、高い専門性、実務経験を持っている層を欲しがっている企業はたくさんあるのです。それこそ年収アップだって十分に期待できます。

この年齢であればマネジメント経験は重宝されますし、たとえ無くてもプレイヤー一筋で事績をあげてきた人間もまた重宝されます。

ただ、38歳ともなると未経験職種への転職はやはり困難になってしまいます。上述したように、求められているのは既に備わっている高いスキルであり、今後の成長が望めることではない為です。

ただ、無理かというとそういうわけではありません。30代後半で転職したも4人に1人は未経験職種に転職をしています。

たとえ未経験であっても、これまで経験してきたことで役に立つことは絶対にあります。経験者にはないという強みもあるかもしれません。そういったことを期待して採用する企業もあるのです。

38歳で転職する場合にやるべきこと

これまでのことがわかったら、さっそく転職活動を初めていきましょう。

やるならやるで早いほうがいいです。もう40代間近なわけで、やっぱり40代になると転職が難しくなってしまいます。

そして何より、今はかなりの売り手市場。かなりの企業が若手層、ミドル層問わずに人材を欲しがっているのです。このチャンスを逃してはいけません。

ここでは、具体的に転職活動する際の注意点を経験者採用の場合と未経験者採用の場合に分けて紹介していきます。

経験者採用の場合

経験者採用は上述したように、年齢が高いからといって不利になるものではありません。それこそ管理職としてであってもプレイヤーとしてであっても大手は積極的に採用活動を行っています。

ですから年齢を理由に無駄に難易度を下げる必要はありません。自分のスキルやこれまでの実務経験に自信があるならば挑戦してみる価値はあります。

大手企業はほとんどが非公開求人となっている為、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントを利用してくことが必要になりますから活用していきましょう。

また、38歳になると求められているのはこれからのことよりも、現時点での能力であることを忘れないでください。そしてしっかりアピールしていくようにしてください。

また、38歳で転職する場合だと、特にマッチングしていることが重要であり、企業が管理職をほしがっているならば管理職経験が必要だし、特定のスキル、経験があることを条件にしているならばそれを持っていなければなりませんから企業選びの際にしっかり見極めるようにしましょう。そうしなければ応募する企業が増えていくばかりで全然受からないなんてことになってしまいます。

未経験者採用の場合

未経験者として応募すり場合、やはり経験者に比べると難易度は高くなってしまいます。

未経験者でも採用しようとするのはあくまで今後の成長を考えてですが、それなら若いほうがいいと企業が思うのも仕方のないことです。

ですから、まず大事なのは粘り強く転職活動を行うことです。それこそ30社、40社とどんどん受けていかなくてはなりません。

ただ、それでも採用してくれる企業はあります。たとえ未経験者であっても20代ではなく30代後半をとる理由があるのです。

同じ未経験者同士であなたが20代に勝っているものは何かを考えてみてください。これまでの仕事の経験からいかすことができることが必ずあるはずです。思いつかなくても絞り出してください。

やる前から諦めてはだめ、まずは転職活動を始めるところから

何はともあれ、まずは転職活動をスタートしてみましょう。始めてみたからこそわかるものもあります。

今はどうアピールすればいいかだとか、どうやって38歳でも採用してくれる企業を探せばいいのか、よくわからないかもしれませんが、続けていればわかってきます。

それこそ転職サイトなり、転職エージェントなり、無料で使える転職サポートは充実していますから、思ったよりもスムーズに進んでいくものです。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:キャリアチェンジの転職をする人は実は多い!年齢が高くても挑戦する価値はあり。



このページの先頭へ