35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

もっと良い条件の会社に行きたいから、キャリアアップしたいから、会社の経営状態が悪いから。

転職する理由は人によって様々です。

また、転職したいと思うタイミングも人それぞれであり、20代で思うこともあれば、30代を過ぎてから転職を考える場合だってあります。

しかし現実は厳しく、年齢が高くなればなるほど転職することが難しくなります。

特に35歳転職限界説という言葉があるように、34歳から36歳が転職のぎりぎりだと考え転職活動を始める人も多いでしょう。

スポンサーリンク

転職するか働き続けるか

転職したいけれど、自分には自信をもって言えるスキルもないし、せっかく築き上げた人間関係や立場を捨て去る勇気もない。

20代であればまたゼロから頑張ろうと思えるかもしれませんが、34歳、35歳、36歳といった30代中盤の人にとっては、転職が大きな勇気のいるものであると言えます。

40代になれば転職が厳しくなるから、いつか転職するなら今すべき、でもなかなか転職する決断をすることができない。そんな人は多いかもしれません。

転職するのか、働き続けるのか、その大きな決断を迫られている年齢であるとも言えます。

こればかりは自分で決断しなくてはなりません。

ただ、多くの人はその決断ができずに思考を停止させ、働き続けることを選んでしまっています。

定年が60歳だとすると残りおよそ25年。それだけ長い会社生活をどう過ごすかというのを、ただ流れにまかせてしまっていいのでしょうか。

もし転職が頭をちらついているならば、一度は転職活動は行ってみたほうがいいのかなと思います。

同じ会社で働き続けていると、どうしても視野が狭くなってしまいます。

転職活動をすれば、色々な会社について調べることになり、多少なりとも視野が広がります。

そうすることで、決断のきっかけとなる可能性も十分あります。

35歳転職限界説は事実か

35歳になると、応募できる求人は、それまでに比べると格段に減り、受けたとしても全然受からない。

そのような状態になってしまう為、転職では35歳限界説という言葉ができました。

求人において、年齢制限することは雇用対策法によって原則禁止されています。

しかし、ある条件で年齢制限することが可能となります。その条件の一つが以下のことです。

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等(注)を期間の 定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

(注) ここでいう「若年者等」とは、基本的には、35歳未満の若年者を想定していますが、 必ずしも35歳未満に限られるものではありません。

引用:ハローワーク

35歳未満とする必要はなく、20代でも40代でもいいのですが、国が想定している通り35歳未満とする会社は多いです。

また、企業にとっては若い人材ほど給料を安く設定することができるし、仕事を覚える、会社に慣れるという点でも優れているという点から若い人材を採用したがります。

こういった点から、35歳が一つの区切りとして考えるようにはなってます。

だからといって、34歳だと転職できて、36歳になると転職できないなんてことはありません。

年齢制限を35歳としていても36歳で受かる場合もあります。あくまで目安なので1歳超えたくらいなら気にしないという企業は多いです。

特に今は35歳以上の転職者の割合は増えていっており、現在は転職成功者のうち約4分の1は35歳以上の人が占めています。

ですから、35歳になってしまったからと転職できないと諦めてしまう必要はありません。

ただ、いつか転職する気ならば、できるだけ早く行ったほうがいいというのは間違いありません。

スポンサーリンク

34歳、35歳、36歳で転職を成功させる為には

転職できるとは言え、20代にくらべて34歳、35歳、36歳は転職しにくくなってしまうことは事実です。

ただがむしゃらに転職活動を進めるのではなく、企業がどういった人材をほしいのかを見極め、上手く立ち回っていく必要があります。

即戦力

基本的に、企業は30代中盤の人材に対して、即戦力であることを求めます。

会社は転職者を育てて、会社に貢献してもらおうとは考えず、現時点でもし入社したらどれだけ貢献できるかという視点で見ます。

例えば、その人を雇う場合1000万円のコストがかかるにも関わらず、500万円分しか貢献できない人間を雇用しようとは思いません。

20代であれば、たとえこの状態でも今後育てていき、数年後にはコスト以上に貢献してもらうことを期待し採用する場合があります。

しかし30代中盤はそうもいかないのです。

では、即戦力とはどういった人材なのかという点です。

それは、会社が求めている仕事をこなした経験があり能力を身につけていること、そして会社が求めているレベルに達していることが大切になります。

転職を進める上で、その点を理解していかなければなりません。

新しい人材

転職者に求められているのは、即戦力であること以外に、その会社にはいない新しい考えスキルを持っている人材です。

事業を拡大するにしろ、その事業を継続していくにしろ、常に新しいことを行っていかなければ、衰退していってしまいます。

しかし、その会社でずっと働き続けた人材だとなかなか新しい考え方ができません。

ですから、その会社にいる人材とは違う経験を積んできた転職者は、新たな考え、新たな発想を生み出すきっかけとなる人材であることを期待されています。

今後の成長

即戦力だからといって、今後成長していく必要がないなんてことはありません。

転職市場では上の年齢に見がちですが、34歳、35歳、36歳という年齢は会社の中でまだまだこれからの人材です。

リーダーとしてチームをまとめていく年齢ですし、すぐに管理職になる人もいます。

これまでの経験だけではできないことがたくさんあります。

だからこそ、今後の成長を期待させるような人材でなくてはいけません。

自分について良く理解している

転職市場では自分について良く理解していることが必要となります。

中には、他社で通用するスキルがないと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、これまでの仕事経験で何らかのスキルは身についているはずであり、自分でそのことに気付いていないだけであることが多いです。

逆の場合もあります。

自分を過信してしまい、特別すごいスキルでもないにも関わらず、自分はすごいと思ってしまっている場合もあります。

どちらの場合でしろ、採用試験で自分を上手くPRすることができず、なかなか受かることができません。

34歳、35歳、36歳は自分のキャリアをしっかり考える年齢

転職するにしろ、働き続けるにしろ、今後どんなキャリアを歩んでいくのか、それをしっかり考える年齢です。

ただ惰性で働き続けるのではなく、しっかり考えてみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ