35歳の転職に向けた心構えや覚悟や未経験職種に転職を成功させた方法

35歳の転職に向けた心構えや覚悟や未経験職種に転職を成功させた方法

つい最近までは「35歳転職限界説」なんて言葉があり、35歳を超えての転職は非常に困難であると言われていました。

しかし少子化などによる労働者の高齢化や好景気による人手不足によって転職成功者の平均年齢は上昇、現在では平均32歳となっており35歳ならまだまだ今よりも良い待遇を求めて転職することは十分可能な状態になっています。

ただそれでも20代に比べればやはり困難であるのは事実であり、さらに未経験職への転職ともなれば待遇が悪くなることも受け入れる必要がでてきます。

また35歳ともなれば覚悟しなくてはならないのは待遇面だけではありません。これまで働いてきて慣れ親しんだ環境を捨て知っている人の誰もいない環境に飛び込む覚悟、せっかく身につけてきた仕事の知識、やり方を捨てて新たなことを一から学んでいく覚悟。20代の頃なら簡単にできたことも35歳ともなればやっぱり簡単にとはいきません。

しかしながらそういったことに覚悟を持って転職したことからこそ得られるものもあります。

同じ会社で働き続けていてもどうしようもないこと、転職しなくては変えることができないことなんていうのはたくさんあります。

今回紹介するのは実際に35歳で未経験職種に転職した人の体験談。転職前にどういった覚悟を持っていたか、成功の為にどういったことをしてきたかということ紹介していきますので、これから転職しようかと考えている人は参考にしてみてください。

関連:転職における未経験者採用の考え方。未経験者可の表記に隠されていることとは

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

35歳で未経験職種への転職を決意

35歳になって未経験職種に転職。そう聞いてあまり良い印象を持つ人というのは少ないかもしれません。

30代中盤で同職種へ転職するならまだしも未経験職種へ転職なんてさすがに無謀だろうというのが大半の意見だと思います。

実際会社の中でも35歳と言えば管理職として部下を持ちマネジメントをしていく立場にたつ人も少なくありませんし、管理職ではなくてもチームリーダーとして人の上に立つ機会というのは増えてくる年齢です。

そんな中で未経験者として一からキャリアをスタートさせるというのはやっぱり違和感があることです。

20代であればまだしも30代、それも中盤にさしかかったならたとえ他にやりたい仕事があったとしても将来の為、生活の為に今の仕事を続けていく人がほとんどだと思います。

にも関わらず私は35歳で未経験職種へ転職することを決意しました。

機械メーカーに技術者として就職した私は最初に設計部門に配属され、2年間その部署で働きました。しかし2年たった後で調達部門に異動を命じられ、技術的なこととはあまり関係ない仕事をすることになります。

ただその異動はあくまで教育的な意味を持つものであり、基本的には2年から3年の限定的なものであったので異動当初は特に深く考えていませんでした。

しかしその異動中に大幅な組織改編などがあり、私の戻るはずだった場所がなくなってしまい、結局戻り前提だという話はなくなり、その部署に居続けることになってしまたのです。

結局そのあと10年以上その仕事をし続けることになってしまいました。そのままいつのまにかチーフになりチームをまとめる立場に。ただずっといつかは戻りたいという思いを捨てることができないまま働き続けていましたが、もう戻ることが不可能だということが明確になったと同時に転職することを決意しました。

転職しなかった後悔と転職に向けた覚悟

転職を決意するにあたり、私は心の中で色々なことを考えました。決して決意するまでの道のりは容易ではありませんでした。

もっと会社に対してわがままになればよかった

まず考えたのが会社に対して自分がいい子になりすぎたことに対する後悔。

元々戻り前提での異動であったのだから、異動希望を出し続けていれば、上司に対して強く戻りたいと言い続けていれば戻ることができた可能性は十分にあったと思います。

しかしあまり強く異動したいと言うと評価を下げられてしまうのではないだろうか、上司に嫌われてしまうのではないだろうか、そんなことを考え言うに言えませんでした。

上司との面談でもそこまで強く異動したいと言っていないわけですから、上司に今の環境に満足していると思われても仕方ありませんし、その部署での仕事もそれなりにこなすことができていたので異動ができるわけがなかったんです。

結局上司に気に入られ、評価が上がったところで転職を決意した私にとっては何も意味がないこと。こうなるならばもっと自分に正直になればよかったと感じました。

もっと早く転職を決意していればよかった

転職を決意するタイミングが遅かったことに対しても大きな後悔をすることになりました。

転職活動前はもちろん転職活動を始めてみても、書類選考にはなかなか受からない、そもそも年齢が30代未満という制限を課している会社は受けることすらできない。なんで20代のうちに転職しなかったんだろうと激しく後悔しました。

20代後半で一度転職を考えていたことも後悔の念を一層強いものにしました。

その時は結局転職活動すらしませんでした。もしかしたら異動できるかもしれないという淡い期待を抱き、現在の環境を変える覚悟を持つことができず、考えるのも転職活動にかかる手間も全てが面倒でやらずじまい。

もしあの時現実をしっかり直視し、将来についてしっかり考えていれば、おそらくはもっと幅広い選択ができたと思うとどうしても後悔してしまいました。

転職に向けた覚悟

ただ後悔したところでどうしようもないのは明らか。ここで後悔だけして何もやらなくては結局一緒。

とは言え簡単に転職することを決めることはできるものではありませんでした。とにかく35歳での転職は怖いことがたくさんあるのです。

年収が下がったことに対して後で後悔することにはならないだろうか、新たな仕事に就いたとして自分はその仕事ができるのだろうか、せっかく今まで培ってきたものを捨ててもいいのだろうか、新しい会社の人は自分を受け入れてくれるのだろうか。

転職活動を行っている間もずっとその不安は残ったままでしたが、まずは自分と向き合って恐怖を抱いている原因を一つ一つ明らかにし、その一つ一つのことに対して転職に対する覚悟を持つようにしました。

そうすることで転職活動に本気で取り組むことができました。

未経験の職種に転職を成功させた

私の転職活動は4ヶ月、応募した会社は20社以上ありましたが、結果的に希望していた未経験の職種に転職を成功させることができました。

私にとっての転職の成功とは

まず転職の成功とは何なのかについて、これから転職をしようと考えている人はしっかり考えてみてください。

私が転職した結果、年収は650万円から500万円に大幅ダウン、企業の規模も小さくなりました。休みの数は同じくらいでしたが有給は前の会社のほうが取りやすかったので実質ダウン。

労働条件面で言えば悪化しているのは明らかであり、普通の考えれば転職しないほうが良かった、転職は失敗であったと思われて当然という感じです。

しかしそんな転職であっても私にとっては成功であったと、転職して数年たった今でも自信をもって言うことができます。

私が転職した最大の目的はやりたいと思っていた仕事に就くこと。そして条件面での悪化は最初に覚悟した範囲内。年収が下がることに抵抗が全くなかったわけではありませんが、自分の中で許される範囲であった為、自分が希望していたことが十分実現することができたのです。

転職を成功させる為にやったこと

ではここからは転職を成功させる為にやったことについて触れていきたいと思います。

現実を直視、あれもこれも求めない

理想を言えば年収は下げずに希望の職種に就くことがベスト。しかし35歳という年齢でそれを求めてしまうと転職することはできません。

だからこそまずはしっかり現実を直視し、悪化する部分に関して覚悟を持つことが大事。

現実を直視しようと思っていても転職活動を始めていない段階ではどの程度が相場なのかということもわからないと思います。私もわかりませんでした。

そこで私はとりあえずさっさと転職エージェントに登録し面談。自分の希望、職歴といった観点から平均的な状態、そして最高な状態というものを知った上で、それを受け入れる覚悟を持てるのかどうかということから始めました。

転職することを絶対条件にしない

転職をする決意を固めた場合、当初自分で決めた最低条件に満たす企業が見つからなかった場合でも無理に転職してしまうという人も多いようです。

ただ私がそうやって転職をしてしまうと転職したこと自体に後悔してしまうと思いました。

その為、もし自分が許せる範囲内の仕事が見つからないのであれば転職はしない、見つかるまで転職活動をするか、潔く今の仕事で頑張っていくかにするということに決めていました。

仕事の具体化

未経験の仕事に転職しようと思っている人は必ずその仕事について、どういったことをすることになるのかを詳しく調べるようにし、自分の中で具体的にイメージできるようにしてください。

適当なイメージをつくってしまうと、せっかく転職しても理想との違いに後悔してしまうというのは良く言われることですが、私がそれを進める理由はそれだけではありません。

35歳で転職しようと思えば、いくら未経験であっても今は何もできません、これから頑張りますは通用しません。たとえ未経験の仕事であってもこれまでのスキル、経験をどう生かすことができるのかということをアピールする必要があり、それをしようと思えば仕事に関して具体的に知らなくてはできません。

私は実際、同期に仕事内容を具体的に聞いてみたり、こっそりその職場に行ってみたり、違う会社の人にも会って話を聞いてみたりして仕事をより具体的にとらえ、どういったスキルなら生かせるかということを考えました。

自分で選択する

転職エージェントは転職活動をする際に様々なサポートをしてくれる非常にありがたい存在です。

ただ何事も決断するのは自分自身。転職エージェントに勧められたから、転職エージェントに転職を強いられたから、なんてことはあってはいけません。

転職エージェントが良いと思って紹介した求人であっても自分が納得いくまで情報を集め応募するかどうかは必ず自分で決断する。

内定を貰ったからといって行きたいと思えないならきっぱり断る。

最後の決断を人任せにしてしまうと、転職してもちょっと嫌なことがあるとすぐ人のせいにしてしまいます。

転職活動は転職サイトや転職エージェントで

転職活動をするにあたり、転職サイトや転職エージェントはしっかり活用していきましょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職しないことのメリット、デメリット。本当に今のままで後悔しない?

関連:未経験でコンサルに転職。失敗して後悔しない為にも徹底的に準備をしよう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ