33歳男性はもっと視野を広げてキャリアアップの転職を成功させよう。現状を諦めるのはまだ早い

33歳男性はもっと視野を広げてキャリアアップの転職を成功させよう。現状を諦めるのはまだ早い

33歳になると、特に男性は今の仕事のままでいいのか、もっとキャリアアップを目指して転職したほうが良いのかという悩みを抱える人も少なくはないのでしょうか。

長く働いてきたからこそ、その会社で得られるものの限界に気づいてしまい、不満や不安が募っていきます。

しかし、それでも実際に転職する人はそれほど多くありません。

転職のリスクに対する恐れ、慣れた環境を離れ新たな環境に身をおくことへの恐れから、中々行動には移せないのです。

しかし、それはせっかくの可能性を潰しているだけの非常にもったいないこと。

33歳はまだまだチャレンジしていくべき年齢です。

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

スキルに見合っていない仕事をしている人が非常に多い

中々同じ会社で働き続けていると見えてきませんが、せっかく高いスキルを持っているにもかかわらず、そのスキルに見合ってなく、成長することも止まってしまっている人が非常に多いです。

あまりに慣れすぎた環境、社員一人一人のことより会社としての利益が重要となる環境、限られたポジション。

様々なことが原因となり、なかなかスキルに見合った仕事というのはやらせてもらえないものです。

実際に経験したことありませんか?

本当はあの仕事のほうが自分の力を発揮できるのに今の仕事には人手が足りないからやらせてもらえない、もっとチャレンジしたいのにそんな暇がないほど日常の仕事を与えられている、たいして仕事ができない人でもたまたま上司に気に入られて重要なポジションに抜擢されている。

組織である以上仕方のないことかもしれません。ただ、自分自身について考えてみれば決して満足できることではありませんよね。

33歳はまだまだこれから

自分はもっとやれる。そんな風に感じてもなかなか思った通りの仕事ができない時、まあ仕方ないと思って働いている人も多いかと思います。

ただ、それでいいのでしょうか。

33歳という年齢は、まだまだこれからの年齢です。これまでの社会人生活よりも、これからの社会人生活のほうがまだまだ長いのです。

まあ仕方ないだろうと隠居するには少し早すぎます。

転職市場においても、まだまだ需要のある年齢であり、キャリアアップすることも十分に可能な年齢です。

もっと視野を広げてみよう

まず大切なのが、とにかく視野を広げることです。会社も仕事も働き方もひとつだけではありません。

これまで一つの会社で働いていると、どうしても視野が狭くなってしまいがち。

今の会社で実現できないことは他の会社でも実現できないという勘違いをしてしまっていたり、自分自身に対しても、この仕事しかできないなんてことすら考えてしまうことすらあります。

たいして調べることもせず、勝手な想像でそう決めつけてしまっているのです。

視野が狭ければ狭い人ほど、本当はあるチャンスに気づくことができず、限られた範囲内でしか生きていけなくなってしまいます。

視野を広げることはそれほど難しいことではありません。

自分の持っているスキルが発揮できる会社はどれほどあるか、自分の市場価値はどれくらいか、そもそもどんな会社があるのか調べるだけでも視野は広がります。

ただ、普通に働いているだけではそんなことをする機会はありません。

だからこそ、自分で行っていかなくてはなりません。

転職成功の為に使えるものは面倒くさがらずにできるだけ使おう

キャリアアップを目指した転職をするにあたり、転職サイトや転職エージェントはフル活用しましょう。

転職活動自体、かなり大変なことだと考えている人もいるかもしれませんが、これらを上手く使っていけば効率よく転職活動を進めることができます。

転職サイトは求人を探す為のものだけではありません。

スカウト機能を使えば、検索してもでてこない非公開求人からオファーを貰うことができたりもしますし、様々な診断テストなどもあるので強みや弱み、自分の市場価値などを調べることもできます。

転職エージェントは、その人の希望に合った仕事かつ、受かる可能性のある非公開求人を紹介してくれます。

さらにキャリアの相談に載ってもらえたり、履歴書の作成補助、面接の練習など転職に関するあらゆるサポートを行ってくれます。

自分のスキルがどれだけ評価されるかわからないという人にとっても、転職エージェントなら相対的に判断することができる為、自分がどれだけ価値ある人材なのかということもわかります。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:エンジニアの転職、未経験でも可能?年収アップは可能?

関連:外資系企業の転職する際の注意点、特徴、年収や労働条件は?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ