32歳での転職事例や転職時に知っておきたい成功へのコツ。まだまだやり直しはきく!

32歳での転職事例や転職時に知っておきたい成功へのコツ。まだまだやり直しはきく!

32歳になって、転職したいとは思いながらも、もう20代ではなく若くはないからと、なかなか踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は32歳の転職事情や転職事例、転職を成功させる為のコツについて紹介していきます。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

32歳の転職状況

まずHあ、32歳の転職状況について紹介していきます。

30歳を超えたら転職が厳しいというのは勘違い

転職する場合の年齢の転職に関して、30代はもう遅いという意見や、35歳が限界だという意見があります。

ただ、実際のデータを見ると少なくとも32歳では転職はそこまで不利には働かないと考えていいかと思います。

リクナビネクストが調査した結果によると、

これから転職活動を始める人に対し、30代前半の転職が不利かどうか聞いた結果では、約6割の人が不利になるだろうと回答していましたが、

実際に転職活動を終えた後に再度アンケートをすると不利だと感じたと答えたひとはたったの3割となっています。

確かに、企業によっては若ければ若いほうが良いと考えていたり、20代じゃなきゃだめだと考えている企業があるのは確かなことです。

しかし、受ける企業さえしっかり見極めて行けば何ら不利にならずに転職できると言えるでしょう。

転職回数は2回目、3回目なら全然大丈夫

32歳ともなると、これまで何度か転職を経験したことがあるという人もいるかもしれません。

転職回数が多くなってくると転職では不利に働くというのはよく言われることであり、気になる人も多いかもしれません。

ただ、2回目、3回目の転職であればほぼ気にしなくて良いでしょう。

ほとんどの企業では転職が複数回ある人を採用した実績がありますし、これまでに転職した回数が2回であればマイナスとは考えないと企業が多いです。

ただ、転職回数が3回あり、4回目の転職となるとマイナスに考える企業が増えてくる為、それなりに対策をする必要があります。

tだ、注意しなくてはいけないのが転職回数だけではなく、転職から転職までの期間の長さです。

前回の転職から1年以内だと短期離職者とみなされ、マイナス評価を受けることもある為、しっかり準備しなくてはなりません。

平均応募社数や平均転職期間

30代前半では平均転職応募社数はおよそ16社、転職期間は3ヶ月程度となっている為、

32歳でこれから転職しようとしているならこの数字から+αは必要だと考えておきましょう。

転職活動を初めてから半月程度で決まるなんてことは少なく、やはりそれなりに時間と労力を使うものです。

キャリアアップするか、現状の不満から逃れるか

転職を考える理由としては、人間関係の不満や、仕事内容などの不満を持っていることから逃れようとしている場合や、

現状には一応満足しているけれど、さらに高いレベルに進んでいきたいというキャリアアップを目的にしている場合があります。

そのどちらが良くて、どちらが悪いなんてことはありません。

ただ、どういった理由で転職するのかは、転職の目標にもつながっていくことですから、しっかり確認しておいたほうが良いでしょう。

 32歳の転職体験談

では次に、実際に32歳で転職を経験した人の事例について紹介していきます。

転職は成功する場合もあれば、当然失敗に終わってしまう場合もあります。

成功事例

ではまずは成功事例からです。

年収200万円アップ

新卒で入社した会社は不動産業界。年収は400万円と同世代に比べても低く、結婚もして子供もいた為、生活は決して楽ではありませんでした。

貯金もたいしてできずに、将来を考えるとかなり不安が大きかったです。

そんな時、転職で年収がアップしたという友人の話を聞きました。

元々、転職するとむしろ年収は下がるものだというイメージがあったのですが、身近に年収アップした人物がいて、そこから実際に転職事情について調べてみると、年収アップしたケースが多かった為、自分もできるのではないかと考えました。

不動産業界は元々それほど年収が低い業界ではありません。働いてきた中で、それなりの知識、スキルも身についていたという自信はあった為、同業界内での転職を考えて転職活動を始めました。

そんな中、転職エージェントを利用したほうが良いという友人からのアドバイスを受け、実際に利用して転職活動を進めることにしました。

そして最初の面談。まず言われたのは年収アップだけに意識を集中させてはいけないということでした。

もちろん年収アップを一番の目的として考えるのは良いがそればかりに集中してしまうと高い確率で失敗に終わってしまう。そう言われたのです。

そこからは考えを改め、年収以外でも仕事の内容や労働時間、休日数など優先順位を決めながら、どういった会社が良いのか考えるようになりました。

もう一つ言われたのが業界を絞る必要はないということ。確かに業界を絞れば転職はしやすいが、その分選択肢は少なくなってしまうが、他業界にも転職するチャンスは十分にあるから広い視野を持ったほうが良いというアドバイスを貰いました。

最終的には結局同じ不動産業界で、なんと年収が200万円もアップした転職を成功させることができました。

残業が減ってプライベートが充実

第二新卒として24歳で転職した業界は広告業がメインの会社でした。年収はそれなりに高かったのですが、残業時間がかなり長く、終電帰りは当然だし、休日出勤もよくある状態でした。

20代の頃は年収さえ高ければ大丈夫、そんな風に考えていた自分がいましたが、毎日疲れ切っている自分、家族とろくに過ごせていない自分にさすがに嫌になってきて、やはりプライベートの時間がもっと必要だと考えるようになりました。

決定的だったのは同僚が倒れたことです。以前から倒れてしまう人はいたのですが、まさかこいつがという同僚が倒れたことによって、自分ごとに捉え、このまま働き続けてはいけないと強く思うようになりました。

転職活動を進めるにあたり、一番ネックだったのは年収が下がることです。給料が良かったこともあり、転職した場合には年収が下がることが濃厚でした。

しかし、家族に相談すると年収が下がることへ理解があり、一緒に下がったとしていくらまでなら大丈夫かということを話し合って決めることができました。

年収が下がる覚悟ができてからは、選択肢も広がり、最終的に年収は100万円ほど下がってしまいましたが、遅くても20時には帰ることができるようになり、家族と過ごす時間も増え、体への負担も減り、本当に転職してよかったと感じます。

失敗事例

では次に失敗事例です。

入社してみたら人間関係がうまくいかなかった

以前の会社では特に大きな問題があったわけではありませんでしたが、一つの会社で働き続けるということに対してなんとなく面白さを感じることができずにいた為、32歳で転職してみることにしました。

条件として考えたのは同職種で年収や休日数等の条件が悪くならないこと。そういう会社が見つからなければ転職するのは辞めるつもりでしたから、特にリスクが大きいものだとは考えていませんでした。

転職先は割とすんなり決まりました。転職エージェントから紹介してもらって4社受け、そのうち1社決まったので転職することにしました。

しかし、いざ転職してみると人間関係が全く上手くいきません。

転職者に対してとても冷たく、まともに仕事を覚えていくことができる環境ではなかったのです。

ただ、私自身にも問題はありました。人のせいにばかりし、自分から積極的になんとかしようと全くしなかったのです。

途中でなんとかしようとしてももう手遅れ。一度崩れてしまった人間関係はなんともなりませんでした。

しばらくは頑張ってきたものの、結局その会社は辞めてしまいました。ただ次の転職でなんとかなったので助かりましたが、もうあんなのは経験したくありません。

32歳で転職しようと思ったら知っておきたい成功のコツ

では、ここからは32歳で転職を進めるにあたり、どういったことをすればいいのか、どういったことに気を付けなくてはいけないかなど、転職を成功させる為に必要なことを紹介していきます。

即戦力であることをアピールしよう

32歳という年齢は企業にとって、経験が豊富でスキルを持っている人材という認識です。

当然、入社後の1から教えなくてはいけないような人材は必要なく、即戦力として働いてくれる人材であって欲しいと考えています。

もしも1から教えなくはいけない人材であるならば新卒者、第二新卒者、最低でも20代であることを望みます。

ですから、アピールしなくてはいけないのは即戦力であるということです。

ただ、勘違いしてはいけないのがこれまでの経験、持っているスキルが、その企業の仕事とピッタリ一致していなければならないというわけではありません。

関連したこと、通じるものがあればそれで充分であり、あとは以下にそれを今後に生かしていくかを自分で考えていることです。

同じ会社に勤めている中でも、新たな仕事を任せられるという場面はよくありますが、その時に新入社員の頃よりも仕事を覚え一人でできるようになるまでのスピードは断然早くなっているはずです。

それはこれまでの社会人経験、仕事経験、身につけたスキルがあるからこそであり、十分即戦力になりうるのです。

自己分析、企業研究は十分すぎるくらいにやろう

転職で失敗してしまう原因のほとんどは、自己分析、企業研究が不十分であることです。

思っていたのと違った、入社してみたらブラック企業だった、前の会社の方が良かった、社風が合わなかった。

原因は全て自己分析、企業研究ができていなかった為です。

多くの人は自分のことはわかっていると思っていたり、求人票に載っている情報を信じてしまったり、面倒だったりといった理由から手を抜いてしまいます。

そうではなく、ある程度時間をかけてでもしっかり行わなくてはなりませんし、時には転職エージェントなどの意見も聞きながらじっくり行っていく必要があります。

今の仕事に未練は残さない

もし辞めると決めたなら、今の仕事に未練は残さないという意識を持つようにしてください。

未練はそのまま後悔につながります。

もしも未練があるならば転職するのは辞めておいたほうがいいでしょう。

10年後、20年後をイメージする

32歳であれば少なくとも定年までは28年あります。これまで働いてきた期間よりもずっと長い会社生活です。

だからこそ、目の前のことだけではなく、10年後、20年後も意識しなくてはなりません。

10年後、20年後自分はどうなっていたいのか、定年まで働くことを見据えた転職なのか、あくまで一つのステップとしての転職で、さらにキャリアアップを目指していくのか、そういったことでもどういった仕事を選ぶかは変わっていきます。

転職後は無駄なプライドを持たない

転職して後悔するもう一つの理由に、転職後に人間関係が上手くいかなかったということが挙げられます。

正直、人間関係は入社してみないとわからない部分がありますが、実は原因が自分にある場合も多々あります。

その主な原因は下手にプライドを持ってしまっているということ。

もちろんある程度プライドを持つことは必要です。ただ、無意味なプライドは自分を苦しめるだけです。

使えるものは面倒くさがらずに全部使おう

転職活動を進める際、無料で使える転職サイトや転職エージェントは必ず使うようにしましょう。

登録が面倒くさい、転職エージェントとの面談が面倒くさいなんて思ってはだめです。

面倒くさがって使わなければ、省ける手間も省くことができずに無駄に労力や時間を費やしてしまうことになります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ