36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?

30代後半女性の転職事情。未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?

転職のしやすさは年齢に依存する部分が多く、30歳前半ならまだしも30代後半になってしまうとまともな転職なんてできないだろうと考えている人も少なくはないでしょう。

転職市場において「35歳転職限界説」なんて言葉もあるくらいですから、30代後半で転職することは確かに難しいことであると言えます。

ただ、だからと言って、全く転職できないわけでもなく、希望の条件を大幅に下げることが絶対条件だなんてことはありませんし、最初から無理と決めつけ、希望しているものと全然違う転職をするという転職活動のやり方は間違っています。

そこで今回は30代後半女性の転職事情を紹介します。

関連:アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

関連:一般事務の仕事内容、未経験でも転職できる?

30代後半女性の転職事情

30代後半女性の転職、実際のところどうなんでしょうか。

同職種、異業種への転職は十分可能

30代後半であっても、これまでの仕事が生かすことができる同職種での転職であれば、たとえ業界が変わろうとも転職することは可能です。

ただ、スキルを持っているといっても多くの人が持っているようなスキルだと、企業はそれなら20代の人のほうが良いと考える為、スキルの質、高さ、特別性が重要視されます。

特別なスキルを持っていれば十分にキャリアアップすることも可能です。

今では女性社員の割合を増やしたい、女性管理職の割合を増やしたいと考えている企業も多い為、管理職から管理職といった転職も十分に可能であると言えるでしょう。

未経験職種への転職は厳しい

これまでの経験を生かすことができる同職種への転職ならチャンスは大いにありますが、全くの未経験職種への転職となるとかなり厳しいと言わざるを得ません。

企業としてもどうせ未経験ならより年齢の低い20代、30代前半の人を採用しようと考えます。

これは女性だからというわけではなく、男性も同様です。

年齢が高くなればその年齢に応じたスキルを求められるというのは当然のことであり、未経験職種へのチャレンジはやはりハードルの高いことなのです。

ただ、未経験職種に転職する場合であってもこれまでの経験が全く生きないというわけではなく、近い職種であれば生かす能力があるでしょうから、自分を上手くアピールできれば絶対に不可能というわけではありません。

実際、30代後半どころか40代であっても転職者のうち未経験の職種に転職した人の割合は高く、現に転職できている人もいるわけです。

どうアピールしていくか転職活動のやり方は特に非常に重要になってくるでしょう。

キャリアダウンしてしまう人も多い

同職種での転職であればキャリアアップする可能性も十分ありますが、全体的にはキャリアダウンしてしまうことが多い傾向にあります。

未経験職に転職す場合はなおさらです。

ただ、業界を変えることで未経験なのに年収がアップしたという例もあります。平均年収が低い業界からの転職であれば可能性はあると考えていいでしょう。

同職種への転職であればキャリアアップを目指すのか、現状維持でもいいのかをよく考え、未経験の転職であれば年収が下がってもいいのか、減るとしたらどこまで許されるのかをよく考えて置く必要があるでしょう。

それでも転職の満足度は高い

厳しいことも多い30代女性の転職ですが、その厳しさとは裏腹に、転職して良かったという人の割合は高かったりします。

人材会社 iDAが調査した「転職に関する調査」によると、転職した良かったと答えた人の割合は30代で83%、40代で80%となっています。

ちなみに20代は77%で、むしろ若干低いんです。

転職することが厳しいとは言っても、それが転職での満足度とは比例せず、30代後半になっても転職する意義は大いにあることがわかります。

参考:仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

厳しいのは確か、それでも転職する価値はあり

紹介してきた通り、30代後半女性の転職が厳しいというのは残念ながら確かなことです。

ただその厳しさを考えても転職する価値は十分にあるでしょう。なんていったって転職して良かったという人が8割もいるのですから。

子育てが落ち着いてもっとバリバリ働いてキャリアアップしていきたい、もうちょっとゆったりとした働き方をしたい、長く働ける仕事に変えたいなどなど、自分が考えている希望が今の会社では実現不可能であるならば、多少厳しかろうが転職して実現するしかあり

未経験の職種に転職する場合であろうがなんだろうが、30代後半でそれが実現できている女性はたくさんいるわけで、自分ができない理由は全くなく、転職活動さえ正しく頑張ればなんとかなるはずなのです。

転職に向けた取り組み方

年齢などで一般的に不利とされている状況での転職活動はただがむしゃらにやればいいものではありません。

しっかり計画と戦略をもって転職のテクニックを駆使しなければ、そう簡単に内定をもらうことはできないでしょう。

だからこそ、転職活動は独力で行うのではなく転職エージェントも活用するようにしてください。

とにかく利用できるものは面倒くさがらず全部利用しておくことが30代後半であっても転職を成功させるカギになります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

特に以下2つの大手転職サービスへの登録は必須と言えるでしょう。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:30代後半で派遣社員から正社員に転職した人のやり方や成功の秘訣

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ