30代後半の転職は本当に厳しいのか。成功する人と失敗する人の違いは?

30代後半の転職は本当に厳しいのか。成功する人と失敗する人の違いは?

給料が低い、休みが少ない、会社に限界を感じるといった理由から30代後半になって転職を考える人は少なくありません。

ただ転職では年齢が高くなればなるほど厳しくなると言われており、それ故に中々転職活動に踏み切ることができずにいる人もまた少なくありません。

しかしながら30代後半、さらに年齢が高い40代になっても転職を成功させている人は確かにいます。

では30代後半で転職を成功させることが出来る人と失敗してしまう人にはどういった違いがあるのでしょうか。

関連:30代後半でも持つべきキャリアプランと、転職で年収アップする為の転職エージェントの選び方

関連:30代のリアルな転職体験談。みんなはどうやって転職をしている?

30代後半の転職は厳しいのか

以前まで転職に関しては35歳限界説という言葉があり、30代後半になるとまともに転職することはできないとされていました。

しかし近年は30代後半以降のミドル層に対する需要は増えており、転職成功者の平均年齢が上昇。10年前は30歳をきっていましたが、現在は33歳まで上がっており、30代後半で転職を成功させる人もかなり増えています。

すなわち30代後半だからといって転職を諦めてしまう必要は全くありません。

ただ転職が簡単かというと決してそんなことはないのが事実。20代、30代前半に比べるとかなり転職は厳しいのが現実です。

というのもまず応募する求人数はかなり少なくなります。

求人では職業経験を問わないことを条件に年齢制限を課すことが可能となりますが、その場合は30歳未満、35歳未満という条件を課すことがほとんど。

35歳という時点で応募することすら叶わない求人が一気に増えてしまうのです。

そして年齢制限がなく応募可能な求人は職種としての経験を問われる場合がほとんど。しかも30代後半に対して企業側が求められる能力は20代に比べるとかなり高く、狭くなります。

とりあえず応募すれば受かる可能性がある20代に比べると、マッチングをシビアに見られることになるわけですから当然中々受からないというわけです。

こういった点から30代後半での転職はやはり厳しいものがあるというのは事実です。

厳しいのにわざわざ転職する価値はあるか

では厳しいのにわざわざ転職する価値はあるのでしょうか。

倒産やリストラといった特別な理由がない限り、わざわざ転職しても状況は悪化するだけではないでしょうか。

確かに20代や30代前半に比べると転職に対して慎重になる必要はあるでしょう。しかし転職活動する価値は十分あると考えています。

なぜなら30代後半であっても、転職によって得られるもの、転職でしか得られないものもあるからです。

年収アップ、休日数増、残業時間の改善、自身の成長。同じ会社で居続けても得られないものを、30代後半からの転職であっても得ることは十分に可能。決して可能性が低いことではないのです。

30代後半の転職に成功する人、失敗する人の違い

では30代後半の転職に成功する人と失敗してしまう人、両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

即戦力になりうるかどうか

30代後半の年齢層に求められているのは、年齢に見合った経験をし、スキルを身につけ、入社したら即戦力になりうるかどうかです。

20代ではその後の可能性という部分も重視されますが30代後半になると重視されることが少なくなります。

マネージャーを採用したいならマネージャーとして経験がなければだめだし、次期マネージャー候補を採用したいならリーダー経験がある人材、プレーヤーを採用したいならその職種での高い実績を残している人材。

企業が求めている人材とマッチングしていてかつ現時点で高い能力がある人材であり、そういった人が転職を成功させることができます。

入社してから頑張ります、勉強しますでは全く評価されないのです。

その企業にないものをもたらすことができるか

ミドル層の中途採用者に求められていることは、仕事をただこなすことだけではありません。

その企業にこれまではなかったものをいかに取り込めるか、それもまた重要になってきます。

即戦力だけを求めるのであれば職種の経験だけではなく、その業界の経験がある人を採用するところですが、あえて違う業界の人を採用する企業も多数ありますが、これはこのような理由からです。

物事を広く見ることができるか

中途採用で失敗する人によくある原因が視野を狭くしすぎている点です。

大企業にこだわりすぎていたり、業界を限定しすぎたり、一つの条件にこだわりすぎたり、仕事内容にこだわりすぎていたり。

30代後半ではただでさえ自分に合った企業を見つけにくいので、視野が狭すぎると上手くいくはずのものも上手くいかなくなってしまうのです。

そして自分は転職できない、自分は転職するレベルではないと思い込んでしまうのですね。

視野を広げ幅広いところから自分に合った企業、自分の武器が生かせる企業を探す。これが転職成功につながります。

仕事に対する熱意が感じることができるか

先ほども述べているように30代後半では即戦力としてなりうるスキルや経験が非常に重要になります。

ただだからと言って熱意がない人はだめ。企業にとって重要視する部分であり、アピールを怠ってはいけません。

30代後半だとつい熱意なんてどうでもいいから能力だと思ってしまって、十分にアピールすることが出来ていない人が多いんですよね。

これではせっかく高い能力を持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。

新しいことに適応することができるか

30代後半の転職希望者に対して企業側が心配するのが、新しいことに適応する能力があるかどうかです。

20代に比べると中々順応するのが難しくなってくる年齢。しかし転職したら仕事のやり方や人間関係など新たなことに順応することができなければどうしようもありません。

その為、こだわりを持ちすぎていないか、プライドを捨てることができるか、人当たりは良いかといった点を見られます。

転職活動を正しく行うことができているか

即戦力としての能力、企業にプラスαになる能力、仕事に対する能力、そして適応性。

これらのことが採用に満たしているとしても、転職でアピールすることができなければ意味はありません。

転職活動では履歴書と1~3回の面接のみであなたという人物を判断することになりますから、こちらが正しくアピールすることができなければ企業側が理解はしてくれないのです。

また求人を探す際も上手いことマッチしたものを見つけることができない人も多いですね。

転職活動にも戦略は必要。それができるかどうかが転職の成功か失敗のカギを握っています。

30代後半を成功させる為に

近年の人手不足によって30代後半であっても転職のチャンスは十分にあります。

もし今の職場に不満があるなら、まずは仕事を辞めずに転職活動にチャレンジするところから始めてください。

転職活動の戦略は転職エージェントを利用すれば良い、様々なサポートを受けることができるのでおすすめです。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思います。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

またとりあえず転職サイトだけを使いたい場合はリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人を確認できます。

何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ