30代前半の転職事情。転職しやすい年代だから今のうちにしなくてはだめ!

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

30代前半の転職事情。転職しやすい年代だから今のうちにしなくてはだめ!

30代前半に仕事生活での一つのターニングポイントを迎える人は少なくありません。

仕事では指導される側から指導する側に、仕事を与えられる側から与える側に回り仕事は一変。同時にもし転職するならば年齢的に最後のチャンス。

今後のキャリアについて真剣に悩むことが増え、決断も迫られます。

ただいざ転職するとしてもやっぱり不安ですよね。失敗した時のことを考えると、心の中では転職したいと思っていても、簡単に踏み出すことはできませんよね。

そこで今回は30代前半の転職事情と今後のキャリアに向けて持つべき心構えについて紹介します。

自分が今後どういう選択をとるか、転職の正しい状況を理解した上で判断していきましょう。

関連:30代後半でも持つべきキャリアプランと、転職で年収アップする為の転職エージェントの選び方

関連:30歳代で未経験の仕事に転職する厳しさや、転職する為にやらなくてはいけないこと

30代前半は転職のリミット?

35歳転職限界説という言葉があるように、転職では30代前半が一つのリミットとして考えられる場合が多いです。

おそらく30代前半で転職について考え始めた人は、このことが原因になっている人も少なくはないでしょう。

実際のところ、このリミットはどうなのでしょうか。

近年、転職成功者の年齢は年々上昇しており、30代後半、40代になってから転職を成功させた人も少なくありません。

また中高年層を対象とした転職エージェント等もでてきており、数百万円の大幅年収アップを実現させた人も実際にいます。

よって30代前半を過ぎてしまったからといって転職を諦めてしまう必要はまったくありません。

ただ転職のしやすさという観点で見れば、30代前半に一つの線が引かれているのは今もなお変わりません。

未経験職への中途採用では企業が応募条件として年齢制限を課している場合があり、その年齢が35歳とされている場合が多々あります。

またリクナビNEXTの調査結果を見ても、30代前半30代後半で転職に対して不利だと感じた人の割合は31.9%と53.4%と大きなさが開いています。

キャリアアップするにしてもキャリアチェンジするにしても、30代前半のうちにしておくことにはメリットがあるのです。

30代前半の転職事情

年収をアップさせたい、もっと安定している会社で働きたい、今とは違う仕事をしてみたいなど、転職に対して求めることは人によって様々。

ではあなたが希望していることは30代前半に転職したとして実現可能でしょうか。

ここでは30代前半の転職事情について紹介していきたいと思います。

年収アップは可能?

30代前半の人が転職する理由として最も多いのは年収アップですが、この年齢は転職によって年収アップしやすい傾向にあります。

それなりに経験、スキルが備わっていて即戦力としての期待が大きく、高年収を提示してくれる場合が多い為です。

特に近年の人手不足の状況では、前職の年収よりも待遇を良くして何とか人を集めようとしている企業も増えています。

ただ年収アップできるのはこれまでの職歴を生かして即戦力として転職する場合。

これまでの仕事から全く違う仕事にキャリアチェンジする場合だと、大幅年収ダウンにつながる可能性もあります。

大企業に入社できる?

就職市場、転職市場で人気のある大企業。

待遇、安定性といった点で優れている為、できることなら大企業に転職したいと考えている人は多いと思います。

大企業が中途採用でメインターゲットとしている年代は20代後半から30代前半です。

仕事での経験は豊富でかつ若くて伸びしろもあるこの年代の採用人数が最も多くなっています。

30代後半、40代の管理職の中途採用も行われていますが人数としてはかなり少数ですし。20代前半の第二新卒者は徐々採用人数が増加傾向にあるものの、まだ一切採用を行っていない企業も少なくありません。

よって30代前半は他の年代で転職するよりも大企業に転職することができる可能性は高くなっています。

ただそれでも倍率としてはかなり高いので、厳しいことには変わりありませんが。

スキル、経験は重要?

30代前半の人材に対して企業が求めるのは、即戦力としてなりうるだけの経験、スキルを持っていることです。

20代では熱意を全面に押し出していればなんとかなったものも、30代を超えればさすがにそうもいきません。

同程度のスキルを持った20代と30代ならば今後の成長に期待できる20代を採用するのが当たり前です。

どういった経験、どういったスキルを求められるかは会社によって様々ですから、企業のニーズを捉えそのニーズにマッチしたアピールをしていくということが採用試験でかなり重要になってくるということを覚えておきましょう。

未経験職種に転職することは可能?

30代前半で未経験の職種にキャリアチェンジすることは決して簡単ではありません。

これまでの経験を生かすことができないわけですから、企業としても20代を優先して採用したがる傾向があります。

あくまでこの年齢に求められるのは即戦力であること。それでもキャリアチェンジすることを考えるならば年収ダウンする覚悟が必要です。

ただ未経験職種への転職は30代後半になるとさらに一気に難易度が増します。

20代に限定してしまうと中々的を得た人材が来ないので30代前半まで枠を広げている企業はたくさんあるものの、30代後半まで広げる企業はかなり少ないのが現実です。

転職活動は大変?

30代前半の場合、転職活動は3か月以内に終わる人が6割、応募社数は平均15社程度となっています。

転職活動自体はやっぱり楽ではありません。

最初は中々書類選考にも通らなかったり、面接でも厳しいことを言われてしまう場合も多々あります。

企業側としても即戦力としてそれなりに高い年収をだすことになるわけですから、選考時には慎重に厳しい目で選考を行いますからね。

また在職中に転職活動を進める場合だと時間のやりくりにも苦労することになります。

そこそこ責任のある立場で仕事が忙しく、面接の為に休みを調整するのに苦労したという意見も多かったです。

転職後は大変?

転職する前には、仕事がうまくこなせるだろうか、人間関係をうまく築けるだろうかなど不安になる人は多いと思います。

ただ実際は想像しているよりは苦労しなかった人が多いようです。

もちろん最初は仕事や人間関係に慣れるまではそれなりに努力が必要。

ただ職場の人は決して敵ではなく味方ですし、仕事面も実力があると認められて採用試験に合格したわけですから、自信を持っていいと思います。

いつか転職したいと考えているなら30代前半のうちに

30代後半でも40代でも、転職しようと思えばいつだってできます。

ただ転職する為の苦労、そして実現できる選択肢の幅を考えれば早いにこしたことはありません。

ですからいつか転職するつもりなんて考えているならば、先延ばしせずに転職活動を始めましょう。

後になってあの頃転職しておけばなんて思うことがないようにしなくてはなりません。

転職するかまだ答えがでていないという人にとっても、転職活動することがその答えが見つかるきっかけになるかもしれません。

今は様々な転職支援サービスが充実しており、在職中の人でもスムーズに転職活動を進めることができるようになっています。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. JAC Recruitment

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

JAC Recruitmentは業界3位の年収600万円以上のミドル層、ハイクラス層を退職にした転職支援サービス。

大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、他に比べて高年収なものが多数揃っているのが特徴。

求人の質はもちろん、コンサルタントの質が高いと評判ですからキャリアアップを希望している人は合わせて使ってみるといいでしょう。

■公式サイト:JAC Recruitment

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ