30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

30代で転職を考えている人も多いでしょう。

会社や仕事に不満がある人もいれば、さらなるキャリアアップをしたいと考えている人もいます。

もし転職を考えているならぜひするべきだと言えるでしょう。

なぜなら30代は転職適齢期だからです。

しかし、適齢期だからといって必ず成功と言える転職ができるわけではありません。

そこで、今回は30代の転職を成功させる方法について紹介していきます。

関連:私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

30代は転職適齢期

転職市場では、30代を求めている人は多いです。

転職するにはベストな年齢であると言えます。

30代前半の転職

リクナビNEXTの「30代前半の転職って、有利?不利?」では、30代前半の転職の実態について書かれています。

実際に30代前半で転職活動を終えた人は転職活動に対して以下のように感じたそうです。

  • 不利に感じなかった・・・50.4%
  • 不利だと感じた・・・31.9%
  • どちらともいえない・・・17.7%

このように不利に感じなかったという答えが多くを占めています。

転職活動を有利に進めることは十分に可能であることがわかります。

30代後半の転職

リクナビNEXTの「30代後半、その転職は成功?失敗?」によれば、実際に30代後半で転職活動を終えた人は転職活動に対して以下のように感じたそうです。

  • 不利に感じなかった・・・53.4%
  • 不利だと感じた・・・28.3%
  • どちらともいえない・・・18.3%

30代前半に比べると、かなり不利であることがわかります。

ただ、およそ3割の人は全く不利に感じずに転職活動を終わらせることができているのです。

企業にはやはり狙っている年齢層があります。

20代がほしい会社もあります。

そういった中で、3割の人が転職活動を終えているというのは、良い結果と言えるでしょう。

35歳転職限界説という言葉もありますが、何らそんなことはないのです。

スポンサーリンク

 

30代の転職活動を成功させるには

30代は転職しやすいとはいえ、しっかり対策を行う必要があります。

30代には30代の転職の仕方があるのです。

相手の求めていることをよく理解する

企業が転職者に何を求めているかということをよく理解することが、転職w成功させる上で最重要となります。

中途採用では、ある特定のスキルを持った人であったり、実績を持った人を求めています。

それが何なのかを認識できなければ、全然違うアピールをしてしまうことになりかねません。

例えば、マネジメント力なのか、実務のスキルなのか、それともポテンシャルなのか。

企業によっても変わってきますから、受ける企業ごとにしっかり考えましょう。

自分のアピールポイントを明確にする

企業が求めていることを考えたら、自分のアピールポイントを明確にしましょう。

あれもこれもではなく、ピンポイントで狙う必要があります。

また、大切なのは実績を示すことです。

こういう力がありますといった程度ではなく、そういった力を以前の会社でどのように発揮し、実績として何を残したかが必要になります。

そうすることで、信頼がまし、成功につながります。

即戦力になる根拠を示す

企業は30代の転職者に即戦力を求めることが多いです。

即戦力になれることを相手に占めす必要があります。

こちらも実績を交えて、そういった能力から即戦力として貢献できると思わせる必要があります。

これは未経験業種への転職時も同じです。

未経験業種であっても仕事の進め方などの共通項目はあり、そちらでアピールしていかなくてはなりません。

仕事に対するスキルは無くても、その他の能力でアピールすることは可能です。

ポテンシャルを示す

30代の転職では実績やスキルが重要ですが、実はその人のポテンシャルも非常に重要となる場合が多いです。

30代といっても、その後の会社生活はまだまだ長いです。

その会社に働いた上で将来どうなっていきたいか、どうなっていく必要があるか、そしてそうなる為の能力として自分がどのような能力を持っているかということを示すといいです。

将来についても考えていることを示せれば、企業には長く働いてくれると思わせることにもつながります。

企業選び、自己分析は徹底的に

30代の転職者は、特に年収などの労働条件面に目が行きがちです。

しかし、こればかりに目がってしまうと、入社できたとしても後悔してしまうことも少なくないです。

自己分析、企業分析を怠らないでください。

社会人経験も長く、自分のことはわかっていると思っていても、実はそうでないことが多いのです。

しっかり時間をとって行うことが転職を成功に導きます。

スポンサーリンク

30代はチャンスの年齢

30代は今をよりよくすることができやすいチャンスの年齢です。

もし転職しようか悩んでいるのであればぜひ行うことをお勧めします。

5年後、10年後を考えた時、あの時転職しておけばよかったなんてことのないようにまずは動いてみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

登録は無料でしかも数分で終わるもの。本当にあっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのが以下の2つです。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ