30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

30代で転職を考えている人も多いでしょう。

会社や仕事に不満がある人もいれば、さらなるキャリアアップをしたいと考えている人もいます。

もし転職を考えているならぜひするべきだと言えるでしょう。

なぜなら30代は転職適齢期だからです。

しかし、適齢期だからといって必ず成功と言える転職ができるわけではありません。

そこで、今回は30代の転職を成功させる方法について紹介していきます。

関連:私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

30代は転職適齢期

転職市場では、30代を求めている人は多いです。

転職するにはベストな年齢であると言えます。

30代前半の転職

リクナビNEXTの「30代前半の転職って、有利?不利?」では、30代前半の転職の実態について書かれています。

実際に30代前半で転職活動を終えた人は転職活動に対して以下のように感じたそうです。

  • 不利に感じなかった・・・50.4%
  • 不利だと感じた・・・31.9%
  • どちらともいえない・・・17.7%

このように不利に感じなかったという答えが多くを占めています。

転職活動を有利に進めることは十分に可能であることがわかります。

30代後半の転職

リクナビNEXTの「30代後半、その転職は成功?失敗?」によれば、実際に30代後半で転職活動を終えた人は転職活動に対して以下のように感じたそうです。

  • 不利に感じなかった・・・53.4%
  • 不利だと感じた・・・28.3%
  • どちらともいえない・・・18.3%

30代前半に比べると、かなり不利であることがわかります。

ただ、およそ3割の人は全く不利に感じずに転職活動を終わらせることができているのです。

企業にはやはり狙っている年齢層があります。

20代がほしい会社もあります。

そういった中で、3割の人が転職活動を終えているというのは、良い結果と言えるでしょう。

35歳転職限界説という言葉もありますが、何らそんなことはないのです。

スポンサーリンク

30代の転職活動を成功させるには

30代は転職しやすいとはいえ、しっかり対策を行う必要があります。

30代には30代の転職の仕方があるのです。

相手の求めていることをよく理解する

企業が転職者に何を求めているかということをよく理解することが、転職w成功させる上で最重要となります。

中途採用では、ある特定のスキルを持った人であったり、実績を持った人を求めています。

それが何なのかを認識できなければ、全然違うアピールをしてしまうことになりかねません。

例えば、マネジメント力なのか、実務のスキルなのか、それともポテンシャルなのか。

企業によっても変わってきますから、受ける企業ごとにしっかり考えましょう。

自分のアピールポイントを明確にする

企業が求めていることを考えたら、自分のアピールポイントを明確にしましょう。

あれもこれもではなく、ピンポイントで狙う必要があります。

また、大切なのは実績を示すことです。

こういう力がありますといった程度ではなく、そういった力を以前の会社でどのように発揮し、実績として何を残したかが必要になります。

そうすることで、信頼がまし、成功につながります。

即戦力になる根拠を示す

企業は30代の転職者に即戦力を求めることが多いです。

即戦力になれることを相手に占めす必要があります。

こちらも実績を交えて、そういった能力から即戦力として貢献できると思わせる必要があります。

これは未経験業種への転職時も同じです。

未経験業種であっても仕事の進め方などの共通項目はあり、そちらでアピールしていかなくてはなりません。

仕事に対するスキルは無くても、その他の能力でアピールすることは可能です。

ポテンシャルを示す

30代の転職では実績やスキルが重要ですが、実はその人のポテンシャルも非常に重要となる場合が多いです。

30代といっても、その後の会社生活はまだまだ長いです。

その会社に働いた上で将来どうなっていきたいか、どうなっていく必要があるか、そしてそうなる為の能力として自分がどのような能力を持っているかということを示すといいです。

将来についても考えていることを示せれば、企業には長く働いてくれると思わせることにもつながります。

企業選び、自己分析は徹底的に

30代の転職者は、特に年収などの労働条件面に目が行きがちです。

しかし、こればかりに目がってしまうと、入社できたとしても後悔してしまうことも少なくないです。

自己分析、企業分析を怠らないでください。

社会人経験も長く、自分のことはわかっていると思っていても、実はそうでないことが多いのです。

しっかり時間をとって行うことが転職を成功に導きます。

スポンサーリンク

30代はチャンスの年齢

30代は今をよりよくすることができやすいチャンスの年齢です。

もし転職しようか悩んでいるのであればぜひ行うことをお勧めします。

5年後、10年後を考えた時、あの時転職しておけばよかったなんてことのないようにまずは動いてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ