30歳代で未経験の仕事に転職する厳しさや、転職する為にやらなくてはいけないこと

30歳代で未経験の仕事に転職する厳しさや、転職する為にやらなくてはいけないこと

新卒と違って経験や実績を重視される中途採用。その傾向は年齢が高くなるとともに強くなっていきます。

第二新卒や20代で転職する場合は未経験であってもポテンシャル部分を評価してくれますが、30代になるとそうも行かず、未経験の場合の転職は厳しいものとなるのが現実です。

ただ絶対に無理というわけではありません。

転職活動で苦労することを覚悟してでも未経験の仕事に転職したいという強い思いがあるならば挑戦する価値はあるでしょう。

関連:30代のリアルな転職体験談。みんなはどうやって転職をしている?

関連:総務、人事に転職したい。30代未経験でも転職は可能?

30歳代で未経験への仕事に転職することは可能

これから未経験の仕事に転職することを考えている人は、まず現実を理解するところから始めなくてはなりません。

業種未経験なら問題なし

未経験と言っても、業種未経験なのか、それとも職種未経験なのかによって転職の難易度は大きく異なります。

まず未経験業種への転職ですが、「未経験」だからということで恐れる必要のない転職になります。

業種未経験であっても、営業から営業、経理から経理といったように職種として経験があれば経験者採用の枠で応募できる場合も多々あり、年収アップできる可能性も十分あるでしょう。

もちろん仕事をする上でその業種特有の知識も必要になりますし、同業種からの転職を希望している人に比べて大きく劣っているのは間違いないでしょう。

しかし企業側にとってその業種に関する知識よりも他業種での経験があることにメリットがあると考えている場合が多いので、業種未経験であることが必ずしも不利な要素にはなりません。

職種未経験の難易度が高い

難しいのは職種が未経験である場合。

その仕事での経験がなく1から育てなくてはならないことになる為、わざわざ30代を採用するよりはやはり吸収が早く今後の成長に期待できる20代が優先されてしまいます。

企業によっては応募条件を29歳以下としている場合もありますね。

中途採用市場で優先されて採用されるのは職種の経験者。

若手層が不足している場合などにあえて未経験者層を採用する場合はあるもののそれはたいてい20代が対象で30代の未経験者は優先されません。

では30代だとそもそも無理なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、そういうわけではありません。

大手企業だと求人広告をだせば山ほど応募があるので経験者採用しか行われていない場合が多いですが、あまり知名度が高くない中堅企業、中小企業だと経験者に限定すると応募が来ない、20代からの応募が来ないという企業が山ほどあります。

そういった企業であれば30代であっても採用される可能性は決して低くありません。

特に最近はどの企業も人手不足になっていて、そういった企業がかなり増加。採用優先順位が低いとは言え、転職できる可能性は高まっています。

給料は一時的に下がる可能性が高い

未経験の職種に転職しようと思った時に一つ覚悟をしておかなくてはならないのが給料ダウン。

給料相場の低い業種から高い業種に移ったことで年収がアップしたという事例がないわけではありませんが、基本的には下がることがほとんど。

長く続け経験を積んできた仕事から新たな仕事でゼロから始めることなれば、仕方がないことです。

転職後に実力をつければ給料がアップしていく可能性はあります。以前の給料より増えることだってあるでしょう。

ただ少なくとも転職直後は給料ダウン。未経験の仕事に就こうと思ったらその点は覚悟しなくてはなりません。

30歳代が未経験の仕事に転職する為には?

このように、30代が未経験の仕事に転職するというのは決して恵まれているとは言えません。転職するメリットと言えば、違う仕事ができるという点くらいでしょう。

ただこのメリットはやっぱり大きいですよね。転職活動では苦労する、給料は下がる、そんなデメリットも気にならないくらい大きなメリットとして感じている人も多いと思います。

そんな人なら思い切ってできるだけ早く転職するべきでしょう。40代になればさらに難しくなりますしね。

そこでここでは未経験の仕事を目指す場合の転職活動の方法を紹介します。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録するところから

まずはとにかく転職サイト、転職エージェントに登録することが始まり。未経験の仕事に就く場合でも十分活用できますから、ぜひ使うようにしてください。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント 

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

資格取得の是非

未経験ならなおさら資格はとった方が良いと考える人がいるかもしれませんが、持っていたからと言って有利に働くとは限らないので注意しなくてはなりません。

30代で転職する場合、実際に実務経験を伴っているからこそ資格が優位に働くことが多く、ただ資格を持っているだけでは何も評価されないという場合があるからです。

資格取得の為に時間を費やして転職するのが遅れれば、年齢面で一層不利になってしまうこともありえます。

資格をとるにしても、必要性をよく吟味した上で転職活動と同時並行で行うようにしてください。

辞めてからの転職活動はリスク大

転職活動をする場合、働きながら行うのは時間がなくて色々と大変な面が多いです。

しかし30代で未経験という転職市場において不利になる要素を持っている場合は、それでも働きながら転職活動をするようにしてください。

先走って仕事を辞めてしまった場合、想像していた以上に条件が下がってしまい転職しなければ良かったと感じてしまう場合もありますし、正社員の仕事が見つからないまま貯金がなくなり派遣社員として働かざるをえなくなっていしまう可能性もある為です。

最後に

こんなことなら20代のうちに転職しておけば良かった。現実を見るとそんな風に考えてしまうこともあるでしょう。

ただもう過去のことを悔やんでも仕方がありません。

今できるのは40代になった時に30代のうちにやっておけば良かったなと思わないようにすること。

自分にとって後悔しない選択はなんなのかをよく考え、行動に移すようにしましょう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ